必修化された小学校でのプログラミング教育内容・教材とは?

そういえば、プログラミング教育が今後必修化されるということで結構前にニュースかなんかでなっていた気がするけど、そういえば具体的な教育内容そこまで知らないなー、調べてみるかーって思ってどんな内容が行われるのかをちょっと見てみました。どうやら小学校では2020年から、中学校では2021年からプログラミング教育が必修化・強化されるようですね。2020年ということで今回は小学校の内容を見ていこうかなと思います。

小学校で行われるプログラミング教育の目的

プログラミング教育の必修化っていってもどんな内容の授業がされるのか?って分かりませんよね。小学校だからゴリゴリのプログラムを書くわけじゃないだろうし、どんなことを学ぶのだろう・・・と。文部科学省のページにプログラミング教育に関する情報が載っているからちょっと見てみます。小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性についてっていうスライドを見てみるとプログラミング教育のねらいっていうのが載っていますね。

プログラミング言語を覚えたりするのが目的じゃなくて、プログラミング的思考を育っていうのがねらいみたいですね。プログラミング的思考ってなんだよ?って感じだけどこんな感じらしい。

プログラミング的思考とは

> 自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要 であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、 記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

確かにプログラミングなんて論理の塊ですよね。「ここがこうなっているから、こっちはこう動く」っていう繰り返しです。スライドを見てみると、なんかScratchっぽいものが出ていますね。

こういうの昔ちょっといじったことありますわ。プログラムを書くことなく、画面をちょっといじるだけでプログラムっぽい動作をすることができる。ちなみにScratchは検索すれば簡単に使うことができますよ。Scratchから遊べます。パズルみたいにブロックを組み合わせてキャラクターを動かしたりすることができる。

試したみたい人はブラウザからやってみるといいですよ。新学習指導要領におけるプログラミング教育の充実っていうスライドを見てみると小学校の必修化にはこんなことが書いてある。

総則で各教科等に特質に応じて、「プログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身につけるための学習活動」を計画的に実施することを明記

 

コンピュータに意図した動作をさせるための論理的思考を育みたいということですかね。なんか論理的思考なら算数とか数学とかでも良さそうだけど、やっぱりそこはちょっと違うのかな。まあ違うか。

小学校プログラミングの研修教材

小学校のプログラミング教育っていっても教師が教えるわけだから、教師は勉強しないといけないんだよなあ・・・って思うと教える側にとってはちょっと荷が重いですよね。今まで触れていなかったものに触れないといけないって結構しんどそうです。研修教材があったからこれをちょっと見てみる。

 本研修教材は、2020年度からの小学校プログラミング教育の実施に向けて、プログラミング教育に初めて取り組む教員を含め、プログラミング教育を担当する教員がプログラミング教育のねらいや育む資質・能力、指導例などやプログラミング教育行う際に必要となる基本的な操作等を学んでいただくために作成したものです。本研修教材を校内研修や、個人での研修などで積極的に活用いただくことを期待しています。
  本研修教材は、映像教材とテキスト教材から構成しています。映像教材とテキスト教材は、概ね同じ内容を扱っていますが、テキスト教材には指導案や参考資料など、映像教材より詳しい内容を収録していますので、適宜、両方の教材を御活用ください。

目次の一部を見てみるとこんな感じです。やはりScratchを通しての教材のようですね。

  • Scratch 正多角形をプログラムを使ってかく
    【A分類(学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの)】
  • 「はじめに・基本操作」
  • 「正方形をかく」
  • Scratch ねこから逃げるプログラムを作る
    【C分類(教育課程内で各教科等とは別に実施するもの)】
  • 「はじめに・基本操作」
  • 「ねこ・ねずみを動かす」
  • 「背景を変える、動きを止める」

どんな教材なのかを知りたければ、小学校プログラミング教育に関する研修教材の目次から映像教材・テキスト教材を見ることができる。テキスト教材はPDFで見ることができて、映像教材はYoutube動画になっていたりしますね。

テキスト教材と動画教材を見ればScratchの使い方が分かりそうです。どういったことができるのか知りたい人は、動画やPDFを見てみるといいかもしれない。全体的にどんな動画があるのか知りたかったら、再生リストを見てみるといいですね。どんな動画があるのか一覧で見れる。PDFならこの研修教材ですね。結構なページ数だ・・・

Scratchだけじゃない、Viscuitも

教材を見ていくとScratchだけじゃなくViscuitも使われていますね。

Viscuitは使ったことがないけど、Scratchと同じようにプログラムのコードは書かずに色々できるみたいです。絵を描いて見たりとなんか面白そう。ビスケットを使うとアニメーション・ゲーム・絵本などを簡単に作ることができるようですよ。

ブラウザだけじゃなくてスマホやタブレットでもアプリを使って使うことができるみたい。

viscuit

viscuit
開発元:Digital Pocket Limited Liability Company
無料
posted withアプリーチ

まとめ

小学校でプログラミング教育が必修化されたということで、どんな内容のプログラミング教育が行われるのかなあ・・・?って思ってちょっと見てみたけど、ScratchやViscruitを通してプログラミング的な思考を身につけるのが目的のようですね。今まで小学校でプログラミング教育なんてなかったと思うし、正直どんな結果になるのかは分からないけどそれはまあ今後に期待ですね。

ただ、なんか小学校の英語教育みたいな授業しても全然話せないとかむしろ嫌いになるとかそういった方向にいってしまうっていう懸念もちょっとあったりする。小学校ではプログラムの言語をいじることはないのかもしれないけど、中学校や高校でそういったプログラミング教育が行われるとどうなっていくのか気になる。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事