【素材フリー】AdobeStockで写真・動画が無料で使えるようになったぞ

Adobeが7万点以上の写真や映像を無料化したようですね。これはweb制作に関わっている人や映像制作に関わっている人にとってはかなり嬉しいんじゃないでしょうか。何か作るときに良い感じの素材探すのって結構疲れますよね。Adobeがそういったものを無料で使えるようにしてくれれば、そこから使ってみようかなー、なんてことも思うはず。今回はAdobe Stockが無料で公開した画像や映像をチラッと見ていきたい。

無料で使えるAdobeStock素材

AdobeStockで使うことのできる無料素材はここから見ることができる。写真や動画だけじゃなくて、ベクター素材もあるっていうのは嬉しいですね。

写真やイラストを見てみるとこんな感じ。さらっと見た感じビジネスっぽい素材が多いかなーっていう印象。ただやっぱりクオリティはなかなかですね。

 

3Dの素材もあるんですね。

3Dの素材はAdobeDimension向けに最適化されていたりするから、普段からAdobe Dimensionで何か作っていたりする人は良さそう。AdobeDimensionは簡単に3D作品を作れるツールだから、使ってみたい人は使ってみるといいかもしれないですね。有料だけど。。

無料の動画は時間が短いものが多いですね。一番長くて60秒ぐらい。

これを無料で使えるっていうのはなかなか良いですよね。自分も動画作るときあるんですけど、動画作るときに素材欲しいなーって思っても、なかなか良い感じのものがないんですよね。その素材を探す時間が結構かかってしまったりしてなんとも言えない時もあります。Pixelsなんかで探したりする人も多いと思うけど、探すサイトにAdobeStcokを加えてしまいましょう。クオリティ高いです。

こんなのがダウンロードできたりします。かっこいい。

ライセンス情報

ダウンロードして使うときに気をつけたいのがライセンス情報ですよね。ライセンス情報は素材のダウンロード画面から見ることができます。

画像で言うと[強化ライセンス]って書かれていますね。ライセンスにはいくつか種類があって、こんな感じ。

素材をダウンロードするときには、その素材がどのライセンスなのかを確認してみるといいでしょう。AdobeStockライセンス情報からライセンス情報を見ることができますよ。

    ダウンロードにはAdobeIDの登録が必要

    素材をダウンロードするには、AdobeIDっていうやつが必要です。何かダウンロードしたい素材があったら[無料でライセンス]をクリックするとログインが求められます。AdobeIDを作っていない人は登録するか、なんかしらの方法でログインする必要がありますね。

    既にPhotoshopやAfterEffectsなんかのAdobe製品を使っている人は、アカウントを持っていると思うので登録したメールアドレスでログインしてやりましょう。

    まとめ

    Adobeがこういった素材を無料で提供してくれるのはありがたいですよね。画像ももちろんだけど、特に動画をダウンロードして使うことができるのは嬉しい。動画作るときに動画素材探すのに重宝しそうです。どんな素材があるのか気になったら覗いてみるといいですよ。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事