Youtubeのおすすめサムネイル作成ソフト8選!Windows/Macそれぞれ紹介します。

サムネイル作るのに良いソフトって何があるの?

今回はそんな疑問を解消するためにおすすめのサムネイル作成ソフトを紹介していきます。Youtubeのサムネイル画像やブログのアイキャッチ画像の作成に何を使うか迷ったら参考にしてみてください。

記事の内容
  • サムネイル作成・写真編集ソフト8つ紹介
  • おすすめのサムネイル作成ソフトを紹介

自分自身Youtubeのサムネイルやブログのアイキャッチ画像をたくさん作ってきました。この記事ではそれらの経験も踏まえて書いていきたいと思います。

 iPhoneアプリでサムネイルを作りたいなら

iPhoneアプリでサムネイルを作るアプリは以下の記事で紹介しているから、iPhoneでサムネを作成したい方は以下の記事を参考にしてみてください。

最初見たときに「オッ」と目を引くようなサムネイルを作ってやろう

無料アプリでは難しい物体の切り取りはPhotohsopで

無料アプリでサムネイルは割と作れることには作れるんだけど、1つこれができたら・・・っていうものがあるんですよね。それが物体や生物を綺麗に切り取って貼り付けるといったことです。

例えば、Photoshopならこんな風に動物の写真だけを綺麗に切り取ることができる。


Macのプレビューでも同じような機能はあるんだけど、精度が低いんですよね。。。プレビューを開いて左にあるボタンをクリックすれば勝手に選択してくれます。

ただ、これだと残念ながら綺麗に取れないんです。綺麗に切り取りたい場合はPhotoshopを使った方がいいです。Photoshopは色々いじれて楽しいですよ。
Photoshopは7日間無料で使うことができます。

7日間無料で利用可能

Windows・Macで使えるYoutubeサムネイル作成アプリ

Canvaでサムネイルを作成する

Canvaはあらゆるもののデザインを作ることのできるツール。InstagramやFacebook、ロゴやポスターなど様々なデザインを作ることができますね。

Youtubeのサムネイル を作ることもできるから、それをクリック。

いろんなテンプレートがあるんだけど、その中から自分の好きなものを選択してサムネを作ることができます。

テンプレートのクオリティかなり高いですよね。こういうの自分で最初から作ろうと思ったら結構大変なはずです。

選択したテンプレートの文字なんかももちろん編集ができる。写真なんかの素材は左のメニューから入れることができるし便利ですね。

テンプレートや写真を選んでいくだけでクオリティの高いサムネを作ることができるから、サクッとおしゃれなサムネを作りたい方には良い

Canvaは無料でも使えるけど有料でしか使えないものもあって有料版で使える素材は素敵です。もしクオリティを求めるなら有料版のCanva Proを検討してみてください。(30日間の無料トライアルあり)

30日間無料トライアルあり

Canva Pro

PhotoScapeXでサムネイルを作成する

PhotoScapeXは写真を加工したすることのできるツール。最初からMacに入っているわけではないからダウンロードして使う感じですね。写真の色合いを簡単に変更することもできて、文字の色合いも良い感じに設定できる。

光の加減やぼかし具合も設定することができてなかなか良いです。

ブラシなんかも使うことができて、なんかちょっとPhotoshopみたいですね。

これだけ機能があれば、結構な画像加工をすることができるはずです。良い感じなので、使ってみたい方はPhotospace xから使ってみてください。無料でできる範囲は限られているから、有料版は使いたくなったら使ってみてもいいですね。

Mac - 無料で使えるYoutubeサムネイル作成アプリ

KeyNoteでサムネイルを作成する

KeyNoteはMacでプレゼンテーションするためによく使うツールですよね。プレゼンテーションの資料作成ツールだけど、サムネイル 作成にも使うことができます。いくつかあるテーマから元となる画像を選択します。今回はベーシックホワイトでやってみましょう。

プレゼンテーションのタイトルっていういかにもプレゼン感が出てるけどシカトしましょう。作るのはサムネなんでこの1枚をサムネイルとして作っていきたい。背景や文字はこんな感じで色をつけて作ることができますね、簡単にグラデーションできるのが良い。

画像もドラッグアンドドロップで置くことができる。画像を置くとちょっとサムネっぽくなりますね。

サムネができたら画像として書き出せばOKです。

文字を入れたり、画像を入れたり基本的なことはできるから使いこなせばそれなりのものはできるかもしれない。それと、KeyNoteってこんな図形みたいなのあるんですね。プレゼン用にイメージ湧くように使うものだと思うけど、サムネイルにも使えるかもしれない。

プレビューでサムネイルを作成する

macプレビュー

Macのプレビューは画像編集ソフトだけど、それなりにできることは多くてサムネイルも使い方によっては作ることができますよ。サムネの背景にしたい画像をプレビューで開いて編集ツールを使って文字なんかを入れていきます。

プレビューは画像加工ツールだけあって、画像の色合いを細かく調整できるのが魅力的ですよね。明るさやコントラスト、色合いなど結構変えることができます。

画像を合成したい場合は、合成したい画像をプレビュで開いてcommand + cでコピーしてcommand + vで貼り付けることでできます。

Youtubeのサムネイル のサイズは1280×720なので、プレビューで画像を開いたら先に画像のサイズを変更しておくといいです。

写真アプリで写真の加工をする

サムネの画像を編集したいなら写真アプリもなかなかのものです。写真アプリだけでは、文字を入れたりすることはできないけど、背景で使う画像なんかのクオリティを上げるために使えます。プレビューでも同じようなことができるけど、写真アプリはフィルターがあったりして面白いんですよね。

なかなか凄いですよね。クリックやちょっとドラッグするだけで簡単に写真の印象が変わります。サムネイルを作るときには、背景画像や挿入する画像に写真アプリでこういう調整をしてからやるといいかもしれないですね。

Windows- 無料で使えるYoutubeサムネイル作成アプリ

ペイント3Dでサムネイルを作成する

ペイント3DはWindowsに最初から入っているアプリケーション。最初から入っているアプリケーションだからといってなめてはいけないのがペイント3Dです。

ペイント3Dは文字入れや切り取りなどの基本的な操作のほかに、3Dを扱える機能もあって3Dのオブジェクトなんかを配置することができる。

こういった3Dのものを作れるのは魅力ですよね。サムネイル作成の際にはキャンバスサイズを調整して作成するといいと思います。


作成したら画像として保存すると画像として保存できるから、それをサムネイルにするといいと思います。

ただ正直なことを言うとサムネイル作成でペイント3Dはやりづらいなあ・・・というところ。既にペイント3Dの操作に慣れているなら良いですね。

フォトで画像の調整をする

フォトでサムネイルを作るっていうことは難しいけど。フォトは画像の色合いを調整したりとりみんぐしたりすることができるから、おそういった用途で使うのがいいです。

あくまで補助的な役割ですね。サムネイルで使いたい画像の編集を少しフォトで行うぐらいがいいでしょう。また、画像の編集に関してはブラウザから使えるアプリもあるからそういったものを使うもいいです。ブラウザで使える画像編集アプリはクオリティの高いもの多いですね。

Youtubeサムネイル作成のおすすめソフトまとめ

いくつか見てきたけど、サムネイルを作るアプリに何を使ったらいいのか迷いますよね。今回紹介したものの中で無料だと個人的には以下がおすすめです。

  • Photospace x
  • Canva

Canvaは無料でもいいけど有料のCanva Proだと使える素材が増えて良い、おすすめです。 そしてやっぱり無料では有料のPhotoshopなんかには勝てません。できることの幅が結構違ってきてしまうので・・・

画像の合成をしたり綺麗に切り抜いたりしたかったらPhotoshopがおすすめ。7日間無料で使うことができます。操作に慣れると綺麗なサムネイルを作れるでしょう。