【無料】文字起こしアプリのおすすめを紹介します

今や音声を読み取ってそれをテキストにする文字起こしの精度や速度もかなりのものです。キーボードをカタカタ叩いて音声のテキストを入力するのが面倒ならアプリなどを使って文字起こししてしまいましょう。今回は無料で文字起こしすることのできるサービスやアプリを見ていきたいと思います。

Googleドキュメントの文字起こし

Googleドキュメントで音声入力をしたことはあるでしょうか?もしまだ試していないならGoogleドキュメントを開いて音声入力を試してみてください。その正確さと速さにびっくりするでしょう。

かなりのスピードと正確さですよね。今の時点でこれだけ正確に速くテキスト入力してくれるなら今後はどうなって行ってしまうんでしょうね。ちなみに以前Googleドキュメントで音声入力する方法は記事で書いたから、やり方がわからなかったら参考にしてみてください。

それと、Googleドキュメントは録音した音声を文字起こしすることもできます。録音した音声を流すだけでGoogleドキュメントがそれをテキスト化してくれるのでかなり便利。ちょっと設定が面倒な部分もあるけど、録音した音声をテキストにしたいっていう場合にはやってみるといいですよ。MacでもWindowsでもできます。

Macの文字起こし

Macの機能を使って文字起こしすることができます。Googleドキュメントの記事を書いたときに一緒に少し書きましたね。

Macの音声入力を試してみる

Macの音声認識あんまり大したことないだろ、とか思っていたけど結構使えます。試したことがなかったら[fnキー]を2回連続で押してみてください。音声入力がスタートします。

結構精度良くないですか?よっぽどタイピング速度が速い人でない限り、音声で入力したほうが早いです。ちなみに改行なんかも音声で行うことができる。

  • 改行・・・「次の行」と言う
  • 、・・・「てん」と言う
  • 。・・・「まる」と言う
  • ?・・・「疑問符」と言う
  • !・・・「ビックリマーク」と言う

喋りながら、キーボード打って改行するなんて面倒ですからね。改行や、。なんかも全部音声でやってしまうと便利でしょう。それと、「選択するときどう言えばいいんだろう?」のような時には、Macのシステム環境設定からアクセシビリティ→音声入力コマンドと進んで確認してみるといいです。

ここでちょっと書いたので、試してみたい場合はどうぞ。

音声入力コマンド -【タイピング速度5倍】Mac/Googleドキュメントの音声入力の設定方法と使い方

感度を良くするにはマイクを

マイクを取り付けると音を拾いやすくなるので、マイクをパソコンに接続して音声入力するのもいいです。ちなみに自分は以下のものを買いました。

結構評判も良かったりするので、良かったらどうぞ。

動画で文字起こししたいならVrew

動画編集する人ならテロップ入れの大変さが身に染みますよね。自動でテロップを入れてくれたらどんなに良いことかと思うでしょう。もし、テロップ入れを自動でやって欲しいと思うならVrewという自動でテロップを入れてくれるソフトを使ったことはあるでしょうか。サイトにも書かれている通り、Vrewは音声を読み取って自動でテロップを入れてくれます。

Vrewは人工知能を活用した動画編集プログラムです。

音声認識を通じてテキストに変換された動画を編集してみましょう。

何回も聞いて打ち込む字幕にさようなら。たった一回のクリックで字幕が作られちゃう!

Vrew

精度悪いんじゃない?と思うかもしれないけど、これがなかなかすごいです。以前、Vrewを使った記事を書いたんですけど簡単にテロップが入りました。

単なるテロップ入れのツールだと思っていたけど、Vrewは自動でテロップを入れてくれる動画編集ソフトっていう感じです。動画の色合いを調整したり、画像を入れたりすることもできる。そこまで凝った動画を作るんじゃなくて、話すことがメインの動画ならVrewを使ってみるのがおすすめです。動画の編集時間が格段に速くなるかもしれません。

macでもwindowsでも使うことができるから、使ってみたかったらサイトからダウンロードしてみるといいですよ。VrewはiPhoneアプリでも使うことができます。

Vrew ブリュー

Vrew ブリュー
開発元:VoyagerX, Inc.
無料
posted withアプリーチ

文字起こしできるスマホアプリ

スマホアプリを使って文字起こしをすることができる。いくつかアプリを紹介するから、気になるものがあったら使ってみるといいですよ。

Notta

Nottaは104言語の文字起こしに対応している録音と文字起こしのアプリ。長く使う分には有料になってしまうんだけど、120分の分量の文字起こしなら無料で使うことができる。無料で使うことのできる機能は以下。

  • 120分間の文字起こし時間
  • 1200分間の保存容量
  • リアルタイム文字起こし
  • インポートした音声の文字起こし
  • フォルダ機能
  • 記録内の検索
  • テキスト編集
  • 音声マーキング
  • 画像を挿入
  • 音声のエクスポート
  • テキストのエクスポート (TXT 形式)

Notta

120分無料で使えるから使ってみて良いじゃん!ってなれば有料プランを検討してみればいいですね。実際使った感じだけど、かなり使いやすいです。アプリを開いたら右下のマイクのボタンから録音と文字起こしをすることができる。

クラウドにアップロードしてくれる

アカウントでログインして使えば、録音した音声をクラウドにアップロードしてくれる。アップロードしたものは、編集したり共有したりすることができてかなり便利。

スマホで録音したものをパソコンで編集できるっていうのは楽でいいですね。文字起こしを普段からよくする人ならスマホでもパソコンでも同期して使うことができるから便利だと思います。

Notta-自動文字起こし・日本語の音声をテキスト変換

Notta-自動文字起こし・日本語の音声をテキスト変換
開発元:Langogo Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

Texter

Texterはできることは結構あるから、気になったらAppStoreのプレビューを見てみるといいです。抜粋するとこんな感じ。

  • 無制限の録音と音声認識
  • 画像からテキスト変換
  • 動画音声からテキスト変換抽出、音声抽出
  • リアルタイム翻訳

これだけ見ても結構できること多いですよね。単なる録音して文字起こしする機能だけなのかなあ?って思ってたけど、使ってみるとできること結構あるんですよ。録音テキスト変換するとこんな感じなんだけど、普通に精度高いですね。

喋った言葉をリアルタイムで他の言語に翻訳することもできて、対応言語も結構ある。

画像や動画をインポートして、テキスト変換抽出なんてこともできたりするから便利。使い方も簡単で使いやすいですね。無料でここまで精度高くテキスト抽出できるならかなり良き。

録音、文字起こし、編集 - Texter(テキスター)

録音、文字起こし、編集 - Texter(テキスター)
開発元:Yuichi Matsuoka
無料
posted withアプリーチ

Speechy Lite

Texterと同じような機能ですね。以下のようなことをすることができるけど、有料版なら無時間制限音声認識なんてこともできますね。

  • リアルタイム文字起こし
  • テキスト翻訳
  • 音声ファイルによる文字起こし

マイクボタンを押すと、喋ったものがテキストとして表示されていきますね。

喋ったものは翻訳することもできる。

音声をテキストに変換する - Speechy Lite

音声をテキストに変換する - Speechy Lite
開発元:JIHUA ZHENG
無料
posted withアプリーチ

Otter

Otterはアカウントでログインして使うことのできるアプリで、英語での会話をリアルタイムにテキストにすることができるアプリ。英語だから他のアプリとはちょっと違うね。使い方は同じように右下のマイクボタンをタップして喋ったものをテキストにすることができる。

簡単にテキストにしてくれますね。otterにはサイトがあって、そこに特徴やできることが色々書いてあります。

Otterは会議やインタビュー、講義を始めとしてさまざまな場面での英語での会話をリアルタイムにテキスト化する、AIを活用したサービスです。

英語でいろんなことが話される現場ならかなり役立ちそうですね。

Otter-英語のセミナーや仕事などの文字起こしアプリ

Otter-英語のセミナーや仕事などの文字起こしアプリ
開発元:AISense Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

文字起こしはパソコンでもスマホでも使うことができる。しかも動画編集の面倒なテロップ入れもVrewを使えば、自動で入れてくれる。動画編集のテロップ入れの時間がかなり削減できるかもしれないですね。

  • Mac/Windowsの文字起こし
  • Googleドキュメントの文字起こし
  • Vrewを使った動画テロップの文字こし
  • スマホアプリで文字起こし

文字起こしにはいろんな方法があります。精度や速度どうなん?って使う前は思うかもしれないけど、かなり良いです。今まで使ったことがなかったら、こんなに速く正確性よくやってくれるんだあって思うのではないでしょうか。気になるものがあったら使ってみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事