【無料】Repl-AIを使ったLINEチャットボットの作り方

チャットボットなんてもはや当たり前のように使われるようになってきて、会社で見かけたり学校のシステムで見かけたりする人もいるのではないでしょうか。そういったものをみていると、実際に自分でチャットボットを作ってみたくなってしまいますよね。

今回はRepl-AIというチャットボットの作成ツールを使ってチャットボットを作りたいと思います。LINEとつなげて使えるようにもするので、LINEのチャットボットを作ってみたいという方は参考にしてみてください。

Repl-AIとは

Repl-AIはチャットボットを作ることのできるツールです。プログラミング不要で画面をポチポチいじっていくだけでチャットボットを作ることができるとうもの。画面上でボットの動きを確認できるので、わかりやすいのがいいですね。シナリオ型のチャットボットを直感的に作ることができます。

Repl-AIの導入事例

導入事例はいくつかありますね。確かにチャットボットは便利なので、業務を効率化したいと思ったら手を出す企業は多そうです。

Repl-AI 導入事例

とはいっても、実際に使ってみないとRepl-AIがどういったものなのかっていうのはなかなか分からないですよね。早速使っていきましょう。ちなみにチャットボットの種類や事例はこちらの記事でも紹介しているから、よかったら見てみてください。

Repl-AIを使って最初のチャットボットを作ってみる

Repl-AIのサイトを見てみると、チャットボットの作り方が載っているのでまずはそれに従ってガシガシ作っていきましょう。最初のチャットボットを作ろうを見ながらやってみます。「おはようございます」と話しかけると「良い天気ですね」と返してくれるチャットボットですね。順序としてはこんな感じで進めます。

  1. docomo Developers supportのアカウント登録
  2. Repl-AIからチャットボットの作成

Repl-AIの利用にはdocomo Developer supportのアカウントが必要なので、登録していない方は登録しましょう。

メールアドレスを入力して、ボタンをポチるとメールが送られてくるのでそれをクリックしたら登録完了です。登録が完了したら、Repl-AIのサイトからログインすることができます。

ログインしたらこんな画面。何やらいろんな項目が表示されていますね。

プロジェクトの中でチャットボットを作ってその中でシナリオを作るという手順ですね。

  1. プロジェクトを作成・・・チャットボットを作るプロジェクトを作成
  2. チャットボットを作成・・・どんなシナリオを持ったチャットボットを作るか
  3. シナリオを作成・・・2で作ったチャットボットのシナリオを作成

ちょっとわかりにくいかもしれないけど、作っていきましょう。「新規プロジェクトを作成する」を選んで、そのプロジェクトの名前、プランを選択すればOKです。

作成ボタンを押したら、プロジェクトが作られます。このプロジェクトの中でボットを作っていくわけですね。「ボットを追加する」ボタンをクリックして、新規ボットを作成しましょう。

ボットを作ったら、そのボットのシナリオを作ります。

シナリオの名前とテンプレートを追加してシナリオを作ります。テンプレートはいくつかあるけど、「こんにちは」というだけのシンプルシナリオを使いましょう。

作成したら、作ったシナリオが表示されているはずです。

作ったシナリオをクリックすると、そのシナリオがどんなものなのかを図で見ることができます。テンプレートをシンプルシナリオにしたので、スタートが「こんにちは」となっていますね。保存したら、メッセージのアイコンをクリックして実際にシナリオが動くかどうか確かめます。

「init」と入力するとどんな風に動くかどうか確認することができます。

ただ、これだと何も対話することができないので、対話できるようにちょっとだけいじります。左側の「ユーザー発話」「システム発話」を繰り返して、あとはそれらを「シナリオ遷移」でつないでいけばいいだけなので楽ですね。

これを試してみるとこんな感じです。作ったものと同じように返答がなされますね。

 

LINEからRepl-AIで作ったチャットボットを使う

Repl-AI上ではチャットボットを使って試すことができたけど、まだそこで使うことができるだけで他のアプリで使うことはできないです。Repl-AIはLINEと連携して使うことができるので、LINEでさっき作ったものを使えるようにしていきましょう。作ったボットとLINEで話そうを参考にしつつLINEで使えるようにしていきます。今回はこんな手順。

  1. LINE Developersに登録
  2. Repl-AIとLINEの連携設定

Repl-AIとの連携設定はちょっと面倒だけど、まあやっていきましょう。まずは、LINE Developersへ登録が必要なので、LINEアカウントでログインして開発者登録をします。

ログインしたら、その後にチャンネルの登録を行いましょう。

  • Channel type・・・Messaging API
  • Provider・・・Create a new Provider(ご自身の名前や企業名
  • メールアドレス
  • アイコン

などを設定します。チャネルを作成するとこんな風に作ったものが表示されますね。これをクリックして次はアクセストークンを発行します。

Messaging API設定の部分ですね。これを選択して下の方までスクロールすると。発行ボタンがあるので、それをクリックして発行しましょう。

 

Repl-AIと連携する

LINE Developersの方で色々作りましたが、まだRepl-AIと連携できていないので連携しましょう。Repl-AIで作ったbotのページからLINE連携を選択すると、いろんな設定すべき項目が出てきますよね。

これらはLINE Developersの方から持ってきます。

  • Channel ID・・・LINE DevelopersのMessagingAPI設定に表示されているChannel ID
  • Channelシークレット・・・LINE DevelopersのMessagingAPI設定に表示されているChannel シークレット
  • 初期シナリオ・・・作成した初期シナリオ

Webhook URLは勝手に作られるので、作られたものはコピーしてLINE DevelopersからMessagingAPI設定のWebhook URL欄に入力しましょう。

Webhookの利用をONにして検証ボタンを押して下記のように表示されれば成功しているはずです。

注意点として、試した時には「init」と打ってやりとりを開始しましたよね。やりとりがLINE連携を行なった時点で行うことができるようにWebhook URLはhttps://line.repl-ai.jp/followReceiver?channelId={Channel ID}としておきましょう。

Repl-AIで作成したボットに対して「init」を送信しないと、システム発話起点が呼び出されないため、

LINE連携を行った際に自動で「init」を送りたい方は、LINE DevelopersのWebhook URLに下記のURLを記入し連携を行ってください。

https://line.repl-ai.jp/followReceiver?channelId={Channel ID}

作ったボットとLINEで話そう

うまくいかない場合は、ChannelIDやシークレット、アクセストークンがうまく噛み合っていない可能性があるので、もう一度確認してみましょう。特にアクセストークンは間違える可能性が高いかなと思います。

LINEアプリで試してみる

せっかく作ったのだからLINEのアプリで試してみたいですよね。試してみましょう。LINE Developersの画面からMessaging API設定に進むとQRコードがあるので、これをLINEで読み取ると友達追加することができます。

LINEで読み取るとこんな感じでトークが展開されます。最初の「こんにちは」っていうのはRepl-testで作ったシナリオの最初の文言ですね。

間に挨拶のような文言が入ってしまっているけど、作ったシナリオ通りの展開ですね。

間に表示される挨拶の文言が嫌な場合は、LINE Developersのページから応答メッセージと挨拶メッセージを無効にしておいた方が良さそうですね。

まとめ

実際にRepl-AIを使ってチャットボットを作って、LINEのアカウントを追加して使うっていうことをやってみたけどどうだったでしょうか。実際やってみた感じ、ちょっと知識ないと苦戦するかもなあ。っていう部分もありました。例えば、こういう言葉ありますよね。

  • Webhook
  • アクセストークン
  • API

こう言った言葉はエンジニアの人にとっては聞いたことがあったりしたことは多いと思うけど、そうでない方はこれ何?と一歩引いてしまいます。他に同じようなサービスを使って何か作ったことがあるなら、似たような手順だったりすると思うので、ちょっと楽にできるかもしれません。

とはいえ、プログラムを書かないでチャットボットを作って使うことができてしまうのは魅力的ですね。チャットボット試してみたいっていう方は試してみるといいと思います。

注意点

「Repl-AI」は2021年3月31日(水)16時00分にサービス終了なので、それまでに使いたい方は使うといいでしょう。ただ、他に提供されるサービスへ移行作業することで作ったチャットボットを引き続き活用できるということだから安心ですね。

Repl-AIとしては、サービスの提供を終了いたしますが、
NTTドコモから提供されるSUNABA(無料)※1、および、ドコモAIエージェントAPI(有償)※2 への
移行作業を行っていただくことで、Repl-AIでこれまで作成いただいたチャットボットを引き続きご活用いただくことが可能です。

「Repl-AI」のサービス終了および移行先サービスのご紹介について

気になる方がいたら、サービスページを見てみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事