パソコン作業を疲れにくくするグッズ?おすすめの周辺機器を紹介します。

日々パソコンの画面と向き合って作業しているなら、自然とその作業環境にも目がいってしまいますよね。机にパソコンを置いて作業しているだけど、もっと良い環境にすることができるのではないか?首や肩の負担を減らすことができるんじゃないか?なんて思いますよね。

自分もそんなことを思って色々経験しました。そこで今回は自分が試して良かったおすすめのパソコン周辺グッズを紹介します。まだ手を出したことのないものは使ってみるといいでしょう。

おすすめのパソコン周辺グッズ

パソコンスタンド

家に会社からノートパソコンを持ってきて作業する場合、机にそのままパソコンを置いて作業してしまいがちだけど、そのまま作業するとどうしても姿勢が悪くなりがちです。首も疲れるし猫背になってしまいますよね。そういったことを防ぐためにノートパソコンを立てかける台を持っておくのがおすすめです。こういうやつです。

こういうものを使うと自然と目線が上がっていいんですよね。ただ、別でキーボードを持っていないと作業がしづらくなってしまうのが難点です。キーボードを持っている人はパソコンとキーボードを繋いで作業することをお勧めします。こんな感じで作業すれば、今までのように猫背になって画面を覗き込む姿勢になることも減るでしょう。

それとWindowsを使っている場合は外付けのキーボードにあまり困らないと思うけど、Macの場合は対応しているものをちゃんと買った方がいいです。Windowsに対応しているものでも使えるけど、commandキーなどwindowsとは違う部分があって、どのキーを押せば何をできるのかがチグハグになってしまいます。ちょっと高いけど、MacユーザーならMac専用のキーボードがおすすめです。

外付けディスプレイ

机に余裕がある人は外付けのディスプレイを使ってみることをおすすめします。見ている画面が大きいとやっぱり作業しやすいし、ノートパソコンの画面ともう一つ画面を使えるようになるので画面を広く使うことができます。イメージはこんな感じですね。

ノートパソコンとディスプレイをケーブルで繋いで画面に映すことができます。それぞれ別の内容を映すこともできるようになるので、こっちではこのアプリケーションを開いてこっちの画面では別のものを開いて作業するといったことが可能になります。なかなか便利ですよね。

ディスプレイは安いものだと1万円ぐらいで買えるので、机に余裕があるなら使ってみてもいいでしょう。ただ、ノートパソコンを持ち歩く機会が多いという場合は、ディスプレイと繋がっているケーブルを取り外して、また付け直したりするのが面倒です。そうでないならかなり作業を助けてくれるはず。

肘当て付きの椅子・アームレスト

普段椅子に座って作業しているなら作業している時に肘ってどこにありますか?もし宙に浮いて作業しているなら、1度肘を置いて作業してみてください。この肘を置く部分ですね。

椅子によってはこの位置を上下に調整できるものもあるので、もし調整できるならパソコンを作業する時に肘がここに置かれるように調整するのをおすすめします。残念ながら調整できないっていう場合には、机に取り付けることのできるアームレストというものがあります。例えば、こういうのですね。

これがあるだけで結構違ってくるので、使ったことのない人は試してみると負担が今より楽になるかもしれませんよ。

ホットアイマスク

作業しているとどうしても目が疲れてしまいますよね。そんな目の疲れを解消するために自分も色々使ってきましたよ。

  • 蒸しタオル
  • 蒸気でホットアイマスク
  • あずきの力
  • アイマッサージャー

などですね。どれも目を温めてくれたりマッサージしてくれていいんですが、その持続時間が短かったり自分で時間を調整できないんですよね。そこで自分が使ったのがホットアイマスクです。コンセントを差し込んで電源をONにするとアイマスクを温めてくれるというものですね。単純だけど、これが持続時間も長くて温める時間も自分で設定できていいんですよ。

ちなみに自分が今使っているのがこれなんだけど、5段階の温度調節とタイマー設定できるのがなかなか良い。

最長1時間までタイマーで温める設定をすることができて、Maxの温度だと割と熱いよりの温かいっていう感じですね。まだホットアイマスクを試したことがないっていう場合は使ってみるといいかもしれません。

まとめ

いくつかパソコン作業を快適にするためのグッズを紹介してきたけど、どうだっただろうか。今回紹介したのは以下の4つです。

  • パソコンスタンド
  • 外付けディスプレイ
  • 肘当て付きの椅子・アームレスト
  • ホットアイマスク

どれも自分が試してみたりして、これはなかなかいいなあっていうものを紹介したからまだ試したことのない人は是非試してみてください。あと、ここには書いていないけど、左右で分割されているキーボードも腕や肩の負担が少ないような気がして良いです。左右に分かれているから腕を広げてキーボードを叩くことができるんですよね。

左右で分かれているキーボードはWindowsならいいけど、Macだと専用のものはないから最初はどのキーがどれでっていうのを覚えたり慣れるのが大変だからなんとも言えないです。(まあキーを自分で設定してしまえばいいんですけどね)Windowsを使っていて左右で分かれているやつ欲しいなーって思っている方は記事を参考にしてみてください。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事