Macの電源・アプリ自動起動設定方法

今回はMacの電源の自動起動とアプリの自動起動方法を紹介します。Macで電源つけてログインしたときに自動でこのアプリ起動して欲しいんだよなあ・・・なんて思っている場合は参考にしてみてください。では、やっていきましょう。

Macの自動起動とは

Macを自動で起動したいとかアプリを自動的に起動して欲しいなあって思うことがあると思うけど、自動起動はそのどちらも設定することができる。

  • Mac自体の自動起動
  • アプリの自動起動

Mac自体の自動起動っていうのは自動的にMacの電源を起動してくれるっていうやつですね。アプリの自動起動は電源がONになったら自動でアプリが起動するっていうもの。この2つの方法を見ていきましょう。

Macの電源を自動起動させる方法と停止方法

Macの電源を自動的に起動してONにするには設定から行うことができます。システム環境設定から省エネルギーに進みましょう。

右下にスケジュールという項目があるので、それをクリック。

起動またはスリープ解除に起動したい時間を設定すればOKです。

ただ、この方法だと書いてあるとおり電源アダプタがMacに接続されていないとダメなんですよね。まあバッテリーないとできないっていうのはわかるけど、ちょっと面倒感は否めない。いつも自動起動していてやめたい場合には、省エネルギーのスケジュールの項目をみてみてチェックを外しておくといいですね。

Macのアプリを自動起動する方法

Macの電源をONにしたときに自動で起動して欲しいアプリケーションってありますよね。[システム環境設定→ユーザーとグループ]から自動起動したいアプリの設定をすることができます。

ログイン項目のタブですね。ここに設定したアプリがMacをつけてログインすると自動で起動します。

自動起動したいアプリを追加したい場合には、下の+ボタンから追加してやりましょう。Finderが開くから起動して欲しいアプリを選択です。

逆に自動で起動して欲しくないアプリには-ボタンをタップして削除です。

自動起動して欲しいアプリは+ボタンから、して欲しくないアプリは-ボタンから設定と覚えておきましょう。

まとめ

Macで自動起動するのは楽に設定できていいですね。自動で起動して欲しい項目があれば試してみてください。

  • Macの電源自動起動・・・システム環境設定→省エネルギー→スケジュールから設定
  • アプリの自動起動設定・・・・システム環境設定→ユーザーとグループ→ログイン項目から設定

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事