iPhoneカメラのタイマー設定のやり方と使い方

iPhoneでカメラを使って撮影する時にタイマー使っていますか?タイマー使うのって自撮りや皆で一緒に撮ったりする時だけですよね。だから、いざ使おうとなってもあんまりわからないんですよこれが。今一度タイマーを使うとどう行った撮影をする事ができるのか見ておきましょう。いきなり10連写されるようなことにビビることもなくなるはずです。

iPhoneカメラでタイマー機能を使う

iPhoneカメラでタイマー機能を使いましょうっていっても、カメラ立ち上げれば使い方はわかるもんです。さらっといきましょう。

タイマー設定のやり方

タイマー設定の方法は、iPhoneでカメラアプリを開いたら上部に表示されるタイマーのマークをタップすれば、設定する事ができます。3秒と10秒の設定ですね。

シャッターボタンを押すと、設定した秒数に応じて数字が変化していく様子が見て取れます。

セルフタイマーの場合は10枚連写される

背面のカメラじゃなくて、前面のカメラを使ってセルフで撮影したいときにタイマーを使うと10枚連続で撮影されます。バーストとか言われるやつです。「バババババババババババ」っていう音が爽快に響きます。10枚も撮影しなくていいよ・・・っていう思いもありますよね。1枚だけ撮影する方法もあるので、そっちを使いましょう。

LiveをONにすれば、1枚だけの撮影になる

セルフ撮影するときに連写させたくない場合は、LiveをONにしてやってみてください。上部の丸いマークからON/OFFを切り替える事ができます。

LIVE特有のピコンっていう音はなりますが、10枚撮った時に発せられるアレに比べればかなり良いはずです。そもそも10枚いらんしな。

フラッシュを有効にする

フラッシュを有効にすれば、1枚だけの撮影にする事ができます。どうしても消したい場合には、フラッシュを有効にしてタイマーを設定しましょう。画面上部から稲妻のマークをタップしてON/OFFを切り替える事ができます。

セルフ撮影でタイマーを設定してフラッシュもONにすると、1枚だけの撮影になるはずです。

HDRを有効にして撮影する方法もあるが・・・

HDRを有効にして撮影するとタイマーを使っても連写されないっていうこともあります。iPhoneXRで試したんだけど、なぜかできなかった。HDRを有効にすると、写真の色合いが変わるのがわかると思います。カメラの設定からスマートHDRをOFFにしてみてください。

こうすると、カメラの撮影画面にHDRの文字が上部に表示されます。これをタップしてON/OFFを切り替えると、ちょっとだけ光の加減や色合いが変わるのがわかるのではないでしょうか。

このHDRをONにすると、セルフ撮影でも連写されずに1枚の撮影で済むという話のはずだったんんだけど、なんか私できませんでした。あれ、おかしいなあ。。。試してみてください。これができれば、フラッシュよりも良い感じの色合いになると思います。

タイマーは動画では使えない

ビデオを選択すると動画を撮影できますよね。ただ、動画でタイマー使いたいなーって思っても動画撮影でタイマーを使うことはできません。動画撮影するときにタイマーを使いたい理由としては、不要な部分を動画として撮りたくないっていうところだと思うので、不要な部分は動画を撮った後に切り取ってしまいましょう。

動画を撮影した後に編集する事で最初と最後の不要な部分を切り取る事ができます。別にアプリをインストールせずにこういう事ができるからいいですよね。簡単なトリミングぐらいだったらちょろいです。動画に不要な部分は取り除いてしまいましょう。

まとめ

iPhoneで使うタイマーだけど、使う機会って、自撮りする時か皆で撮影する時ぐらいですよね。もしそんな機会があったら、使ってみてください。今回紹介した内容はこんな感じです。

  • カメラを起動して上部からタイマーの設定が可能。時間は3秒か10秒。
  • タイマーの連写(バースト)はフラッシュやLIVEで消す事が可能
  • 動画撮影にタイマーは使えない

タイマーを使ったアプリも使ってみたけど、正直iPhoneに最初から入っているカメラアプリで十分かな、という印象です。タイマーの時間を10秒よりどうしても多くしたい・・・という場合以外はあまり使う機会ないんじゃないかな?標準のカメラアプリ強いです。使いこなしていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事