iPhoneで画像加工する方法とそのアプリ【モザイク・ぼかし・物体の消し方・塗りつぶし・集中線】

iPhoneで綺麗に画像加工したいですよね。さっとカメラで写真を撮って加工してSNSにあげたい、不要なものは消して誰かに送りたい、モザイクを入れておきたい・・・写真を加工する理由は色々あるけど、できないことはあまりありません。この記事では、iPhoneで画像を加工する方法を紹介します。

紹介するのは、iPhoneを使った基本的な画像加工の方法からモザイク・ぼかし、物体の消し方、塗りつぶし、集中線の入れ方などです。スマホで画像加工を済ませてしまいたい方は参考にしてみてください。

iphoneで画像加工する方法

iPhoneで写真を加工しようってなると、「さあ、なんのアプリを使おうか、AppStore見てみよう」となってしまうけど、デフォルトで搭載されている写真アプリの加工もなかなか使えます。正直、ここまでできるなら他の加工アプリ別に入れなくてもいいんじゃないか?と思うほどです。

写真アプリから加工したい写真を選択して加工することができます。この下にあるいくつかの項目を使って加工していくんですね。

明るさや彩度、シャープネスなどなどの項目をいじって写真を良い感じにしていきます。タップしたり指でなぞるだけで調整できるから簡単です。

よくあるフィルターもありますね。被せるだけで雰囲気が出ます。

画像を明るくしたい、色味をもうちょっと綺麗に出したいっていう時には写真アプリで十分加工できると思うので、試してみてはどうでしょうか。

iphoneで画像にモザイク・ぼかし加工する

最初から入っている写真アプリではモザイクやぼかし加工することはできないんですよね、これが。モザイクなんかを入れたかったら別のアプリを入れてやるしかありません。簡単なのが、モザイクやぼかしに特化したアプリを入れるて使うことです。指でなぞった部分をぼかすことができて簡単です。

モザイク ぼかし & モザイク加工アプリ

モザイク ぼかし & モザイク加工アプリ
開発元:Yu Abe
無料
posted withアプリーチ

ただ、自分はSkitchをおすすめします。ぼかしやモザイクだけなら上に挙げたアプリでいいんですがそれ以外に文字を入れたり四角で囲ったりしたい時もあるでしょう。パソコンでSkitchを使ったことのある人ならわかると思いますが、Skitchでもモザイク入れられるしそれ以外のこともできます。そして何より使い方が簡単です。

パソコン版と違うのは、アプリを起動するとカメラが起動する点。もちろん写真を読み取って加工することもできます。右下の編集ボタンからモザイクのマークを選択してモザイクにしたい部分を囲うだけです。

よかったら使ってみてください。パソコン版と使い方は同じです。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

画像加工で映っている物体を消す

写真に不要なものが映っているから消したい・・・!っていう時ありますよね。ただ正直スマホで写真に写っている不要なものを綺麗に消すのは難しいです。パソコンでPhotoshopを使って消せば綺麗に消せるけど、スマホで不要なものを選択して綺麗に消すっていうのはなかなか綺麗にできないことも多いです。

それでもやりたいならPhotoshopFixの修復やSnapseedのシミ除去を使ってみるといいでしょう。簡単なものなら綺麗に消せます。複雑なものだと綺麗に消すのは難しいです。

Snapseed

Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
ちなみにPhotoshopFixだとこんな具合に消すことができますよ。なぞるだけでなぞった部分が消えて背景と馴染んでくれます。元画像は左で右がマッチ棒を消した時の画像です。

画像に文字を入れる

文字を単に入れるだけならiPhoneに最初から入っている写真アプリで行うことができます。写真アプリから写真を選択したら、右上の編集ボタンを押して編集画面に入りましょう。

文字を入力するには、右下のボタンをタップしてテキストを選択するとテキスト入力することができる。

文字の大きさや色を変更することができるから、自分好みの大きさや色にしてしまいましょう。

スクリーンショットをそのまま編集する

スクリーンショットを取ってそのまま編集画面にいくこともできます。スクリーンショットを撮ると左下に撮ったスクリーンショットが表示されますよね。これをタップします。

タップすると同じように編集することができるので、スクリーンショットを撮った後にすぐ編集したいっていう場合にはやってみるといいですよ。

集中線を入れる

線が対象のものにぐわああああああああってなっている画像ありますよね。あの漫画みたいなやつです。あれを入れるためにはアプリを入れましょう。アプリを使うと簡単に集中線をつけることができます。

アプリによるだろうけど、このアプリは線の太さや色を変えることができて良いです。一瞬でぐわああああんが出来上がります。

漫画のような集中線を画像につけたいなら使ってみてはどうでしょうか。

集中線画像 - 放射エフェクト、カスタムカラー

集中線画像 - 放射エフェクト、カスタムカラー
開発元:yuki naniwa
無料
posted withアプリーチ

iphone 画像加工 塗りつぶし

単純に選択した範囲を塗りつぶすだけならiPhoneに最初から入っている写真アプリのマークアップでできます。塗りつぶしたい写真を写真アプリから選択したら、右上の編集ボタンからマークアップに進みましょう。

そしたら、右下の+ボタンから四角や丸なんかの形のマークをタップします。そのままだと線だけなので、中身を塗りつぶすようにしましょう。

あとはこれを消したい部分に持ってくるだけです。サイズも指で調整することができるから、やってみてください。

塗りつぶしの注意点

わざわざ四角書いて塗りつぶんじゃなくて、マーカーでやればよくね?と思うかもしれないですが、マーカーでやると透けて見えてしまう可能性があるのであんまりオススメしないです。写真アプリから下にあるペンを使ってなぞると塗りつぶすことができます。

だけど、この画像の明るさやコントラストをいじると見えてしまう可能性があるんですね。なので、ちゃんと消したい場合には図形を使って塗りつぶした方が良いです。

見られたくないものが見られてしまうのは避けたいですからね。気をつけましょう。

まとめ

iPhoneの画像加工方法をいくつかみてきましたが、結構加工方法ありますよね。標準の写真アプリでできるものもあれば、できそうにないものもあるし、それができそうなアプリをストアで探してみれば、なんかいっぱい出てくるしよく分からないです。

色々使ってみるのも手ですが、iPhoneの写真アプリで基本的な写真の加工は十分にできるから、それでできないことを他のアプリで補っていくっていうのが最初はいいんじゃないかなと思います。その内このアプリいい!みたいなのが見つかるかもしれません。よかったら今回の記事を参考にして、写真の加工をしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事