iPhoneの写真をMac・Windowsパソコンに取り込む保存の仕方

iPhoneを使っていて、その撮った写真をパソコンに保存しておきたいなあ・・・バックアップとっておきたいなあ・・・なんて思うこともあるのではないでしょうか。iPhoneで写真をよく撮る方ならなおさらですよね。今回は、iPhoneの写真をパソコンに保存する方法を紹介していきます。

方法はいろいろあるけど、やっぱり分かりやすいのはUSBを接続して取り込む方法です。USB挿すの面倒ですけどね。クラウドも楽だから、スマホやパソコンどこからでも見たい!って思っている人はiCloudやGooglePhotoを使ってみてみてください。では、いってみましょう。

クラウドに保存する

iCloud

iPhoneユーザーならiCloudを使っている人も多いでしょう。無料だ5GBの容量制限があるけど、Apple製品との親和性が高くて良いですよね。写真をiCloudにアップロードしておいて、パソコンからiCloudにアクセスすれば写真をダウンロードできます。

Macで写真アプリからiCloudの写真を見る

設定すれば、Macの写真アプリからiCloudの写真を同期して見ることができます。写真アプリを開いたら環境設定からiCloudのタブを選択しましょう。iCloud写真の[オリジナルをこのMacにダウンロード]を選択しておくと、iCloudの写真をmacから見ることができますよ。

iPhoneで撮った写真をiCloudにアップロードするように設定しておく

macからiCloudにアクセスできるようになっても、iPhoneで撮った写真がiCloudにアップされなければ意味がありません。なので、iPhoneで撮った写真がiCloudにアップロードされるように設定しておきましょう。設定から一番上に表示されている自分の名前をタップ。iCloud→写真→iCloud写真をONにします。

  

これで、iCloudと写真を共有できるようになります。

Windows10でiCloudの写真を見る

windowsでもiCloudのアプリを使うことができます。そのアプリを通してiCloudに保存してある写真を見たり保存したりす流ので、iCloudを使っていてまだアプリを入れていない方はMicrosoftのストアから入れてみてもいいかもしれません。

iCloudを入手

iCloudのアプリを入手したら、写真にアクセスできるように設定しておきましょう。

エクスプローラーを開くと、サイドバーにiCloud Photosという項目が追加されるから、そこからiCloudの写真を見ることができます。

ブラウザからiCloudの写真を見る

いちいちアプリ入れたり設定したりするの面倒だから直接iCloudに入っている写真見たい!って思う場合もあるでしょう。その場合は、ブラウザから見てみましょう。iCloudにアクセスして、AppleIDとパスワードを入力してサインインします。

写真を選択すると、保存された写真を見ることができますよ。

GooglePhoto

iCloudじゃなくて、クラウドストレージの選択肢としてGooglePhotoも良いですよね。iCloudのように無料だと5GBまでみたいな制限がないからとても良いです。GooglePhotoもブラウザからアクセスできるけど、パソコンからでもアプリを入れればそこからアクセスできます。使っていない人がいたら使って見ると楽でいいかもしれません。

GooglePhoto

AndroidならGooglePhoto一択なんですけどね、iPhoneやMacを使っているとApple製品同士の親和性が高いiCloudの方が使いやすいなーとなってしまう気持ちもあります。

MacからUSB経由でiPhoneの写真をパソコンに取り込む

macとiPhoneをUSBで繋いで写真を取り込む方法です。写真アプリとイメージキャプチャを使った方法を紹介します。写真アプリは、iCloudが絡んできてわかりづらい部分もあるので、イメージキャプチャから取り込む方がオススメです。

写真アプリ

iPhoneをUSBで繋ぐと、写真アプリには〇〇のiPhoneという項目が表示されます。右側にそのiPhoneの写真が表示されているといった感じですね。

取り込みたい写真を選択すると、右上に[1個の選択項目を読み込む]という表示が出てくるからそれをクリックすると、読み込むことができます。

読み込んだものは、「ピクチャ」フォルダにある写真ライブラリに保存されます。

イメージキャプチャ

USBとiPhoneを繋いで、イメージキャプチャというものを立ち上げましょう。Spotlightでイメージキャプチャと入力してみてください。起動するとこんな画面になって接続しているiPhoneと写真が表示されます。

選択して読み込むだけですね、読込先は自分の好きな場所を選ぶことができます。写真よりイメージキャプチャの方がシンプルで分かりやすいです。保存場所も自分で簡単に選べるのが良いですね。

WindowsからUSB経由でiPhoneの写真をパソコンに取り込む

iPhoneに保存されている写真をWindowsのパソコンに取り込みたいという人もいるでしょう。フォトアプリを使った方法とエクスプローラーを使った方法があるから、試してみてください。ちなみにWindows10で試しています。

フォトを使って取り込む

iPhoneとパソコンをUSBで繋いだらどんな動作をするのか画面上に表示されるから、[写真とビデオのインポート]を選択。iPhoneには、[このコンピュータを信頼しますか?]っていう表示が出るから[信頼する]をタップしましょう。

もし、上記の表示がされない場合はフォトアプリを開いて右上の[インポート]→[USBデバイスから]を選択しましょう。同じように、インポートする画面になります。

写真が表示されたら、あとはインポートしたい項目を選んでインポートするだけです。

インポートした写真はピクチャに保存されます。

エクスプローラーから取り込む

フォトアプリを使わずに、エクスプローラーから取り込む方法もあります。USBでiPhoneを繋ぐと、[Apple iPhone]という表記がサイドバーに表示されるから、それを右クリック。そしたら[画像とビデオのインポート]をクリックしましょう。

画像を選択してインポートするか全てインポートするかを選択することができます。選択してインポートしてみましょう。[インポートする項目を確認、整理、グループ化する(R)]を選択して[次へ]を押します。

そしたら、インポートしたい画像を選択することができるから、選択して[インポート]ボタンを押せばOK。

インポートした画像はピクチャフォルダに保存されますよ。

フォトアプリを使うよりも気持ち読み込みが早い気がするから、エクスプローラーを使って取り込んだ方がいいかもしれないです。

まとめ

iPhoneからmacやwindowsのパソコンに写真を取り込む方法って割といろいろありますよね。もはやどれを使ったらいいのかわからねえ・・・となってしまう気持ちもある。そうなったら個人的には、USBをさして取り込むのが一番分かりやすくていいと思います。

クラウドは便利でいいんだけど、同期してほしくない画像とかも全部同期されちゃったりして、どんどん膨らんでいくんですよね。その辺りをデバイスごとにちゃんと設定したりするのが面倒です。とはいえ楽だから、使ったことがない人はiCloudやGoogleCloudを使ってみると、世界観変わります。1枚や2枚なんかの数枚な画像ならLINEやSlackで自分に送ってしまうのも楽でいいですよね。

できそうな方法でやってみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事