AssistiveTouchでiPhoneをタップだけで操作!使い方と設定方法を紹介します

iPhoneをもっと楽に操作したいと思ったことはありませんか?最近はiPhoneの大きさも大きくなってきて、片手で操作するのもやりにくいし、そもそもスワイプとか面倒・・・と思っているならAssistiveTouchを使ってみるのがいいかもしれません。

AssistiveTouchはタップでいろんな作業を行うことができるもので、それも親指でタップするだけでいいです。スワイプもタップで行うことができるようになってしまいます。今回は、そんな動作を楽にしてくれるAssistiveTouchを見ていきますよ。

AssistiveTouchとは

AssistiveTouchはiPhoneなら使える機能で、画面タッチだけで何か動作を行えるようにしてくれるものです。例えば、画面をタッチしてホーム画面に戻ったり、スクリーンショットを撮ったりといったことができる。とはいえ、使ってみないといまいち分かりませんよね。AssistiveTouchを有効化してみましょう。[設定]→[アクセシビリティ]→[AssistiveTouch]をタップして有効にします。

すると、画面に白い半透明のボタンが表示されます。タップしてみると何やら色々出てくる。

タップすると書いてある通りのことが行えるから、色々試してみると面白いです。コントロールセンターを表示したり、タップでスクロールしてみたり、ホームに戻ったりすることができます。

画面をスワイプしていじっていたものをタップで行えて便利ですね。使いこなせば、タップだけでほとんどが完結してしまいそうな気がします。自分で動作をカスタマイズすることもできるから、目的のものがなかったら設定を見直してみるのもいいでしょう。

AssistiveTouchのカスタマイズ・設定方法

メニューをカスタマイズ

AssistiveTouchのボタンをタップしたときに表示されるメニューが気に入らなかったら、その表示項目を変えてしまいましょう。AssistiveTouchから[最上位メニューをカスタマイズ]をタップして、変更したいアイコンをタップしましょう。

すると、タップしたときに何をしたいかを変更することができます。結構種類があるので、いいですね。便利そうなやつを選んでください。

シングルタップ・ダブルタップ・長押し

表示される半透明の白いボタンをシングルタップ・ダブルタップ・長押しすることで、それぞれを実行したときにどんな動作をさせるか設定することができます。

それぞれの動作を好きなアクションに設定しておくといいでしょう。選べる動作はいくつかあるから、割と迷いますね。

カスタムジェスチャを作成する

自分でジェスチャを作って、それをカスタムジェスチャに割り当てることができます。ボタンをタッチしてメニューを開くとカスタムという項目があるから、それをタップするといくつか出てきますね。ここに自分で作ったジェスチャを加えることができるわけです。

このカスタム、使い方はタップするだけです。例えば、既にある[長押し]をタップしてみましょう。その後にホーム画面にあるアプリのアイコンをタップ。すると単にタップしたのにも関わらず、長押しが実行されます。

タップするだけで特定の動作を行えるようにするのが、カスタムですね。ここにないもので欲しいジェスチャがあったら作って設定してしまいましょう。

位置調整

位置はボタンを長押しして移動させるだけで簡単に変更することができます。右下が気に入らなければ、自分が操作したい位置に持ってくるといいです。

片手で操作したいなら、右利きなら右下、左利きなら左下に置いておいた方がやりやすそうですけどね。

ボタンの消し方

表示されるボタンがダサくてちょっと隠しておきたい・・・と思うかもしれませんね。2つやり方を紹介します。

不透明度を下げる

ボタンの不透明度を下げて、目立たなくする方法です。AssistiveTouchの設定項目から不透明度を下げるようにしましょう。

ただ、完全に消すことはできないから、完全に消したい場合は、下で紹介する方法を使った方がいいです。

ショートカットをAssistiveTouchに変更する

そもそも表示したくないなら、AssistiveTouchを常時起動しているのではなくて、特定の動作を行ったら起動するようにすればいいです。iPhoneは電源ボタンをトリプルクリックすると、デフォルトではアクセスガイドが起動しますが、それをAssistiveTouchに変更してしまうのはどうでしょう。ちなみにアクセスガイドって何?って方は以下の記事を見てみるといいです。

設定からアクセシビリティに進んで、ショートカットを設定します。アクセスガイドが初期状態では設定されているけど、チェックをAssistiveTouchに入れましょう。そしたら電源ボタンをトリプルクリックしてみてください。AssistiveTouchのボタンが表示されるのではないでしょうか。

ショートカットの設定を変えて、トリプルクリックでAssistiveTouchを起動するようにすると、常にボタンが表示されるといったことはなくなりますね。トリプルクリックでON/OFFを切り替えることができるから便利です。

まとめ

iPhoneのAssistiveTouchを見てきましたが、どうだったでしょうか。デフォルトではONになっていないから、使っていない人が多いかもしれませんね。だけど、設定して使ってみると結構便利だったリします。いちいちスクリーンショットなんか電源ボタンと音量ボタンを押して撮るなんて面倒じゃないですか。そういった面倒なことをAssistiveTouchは解決してくれます。

自分で好きな動作を設定してカスタマイズすることができるし、結構できることは幅広いです。自分が使いやすいように設定して、楽な操作性を手に入れてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事