Macを使っていくなら便利に使っていく設定にしておきたいですよね。使いづらい設定にしていては、毎日のMacを使う時間が残念なものになってしまいます。生産性・効率を高めたいという方もいることでしょう。仕事でMacを使って作業しているからならそうですよね。

この記事では、Macのおすすめの設定とFinderの設定を書いていきますよ。変な設定に慣れると、あとで変えづらいから気付いたときに自分が使いやすいと思う設定にしておきましょう。

Macのおすすめ環境設定

Dockは自動で表示させる

Macだと画面の下の方にアプリケーションのDockが表示されますよね。これ、常に表示されていると邪魔です。なので、下の方をマウスで動かした時だけ表示させるようにしましょう。環境設定からDockに進んで「Dockを自動的に表示/非表示」にチェック!

Dockから起動じゃなくてSpotlight検索が便利

そもそもDockからアプリケーションを起動することは、自分はほとんどなくてSpotlight検索をよく使っています。もし、使っていない場合はアプリケーションの立ち上げがかなり楽になると思うから積極的に使っていきましょう。[Control+space]で立ち上がります。起動したいアプリケーションの文字を入力してEnterを押すとそれを起動してくれます。

ショートカットキーを変更したかったら、システム環境設定→Spotlightから行うことができますよ。

NightShiftを設定しよう。

MacにはNightShiftというディスプレイの色を暖色系の色域に自動的に切り替えてくれる機能があります。画面をずっと見ているとブルーライトが気になりますよね。設定していないならば、今すぐ設定しておきましょう。設定→ディスプレイ→NightShiftと進んで設定しましょう。

ちなみにブルーライトカットの方法はいくつかあるので、他に気になれば以下の記事なんかを見てみると良さそうです。

キーボードのキーリピート入力時間を最速に

何か連続で文字を入力する時ってありますよね。例えば、「ああああああああああああああああ」という同じ文字の連続を入力していくときにその入力の認識時間が長いと、とてもストレスになります。環境設定のキーボードから、キーのリピートとリポート入力認識までの時間は速く短くしておきましょう。

これを遅く長く設定して「ああああああああああああ」なんかの文字を打つと遅すぎてイライラしてきます。

スクロールの速さを最速に

スクロールしても中々下までいかないなあ・・・っていう時ありますよね。スクロールの速さを速くしておけば、あのストレスから解放されます。システム環境設定→アクセシビリティ→マウスとトラックパッド→トラックパッドオプション→スクロールの速さと進み、速度を最速にしましょう。

最初はスクロールのスピードが速すぎて慣れないかもしれませんが、徐々にそのスピードについていけるようになります

トラックパッドをタップでクリックできるようにする

いちいちトラックパッドを押さないとクリックできないのは面倒です。タップでクリックできるようにしておきましょう。システム環境設定→トラックパッドから「タップでクリック」にチェックを入れます。

今までトラックパッドを押してクリックしていたなら最初はつい押してしまうだろうけど、タップでクリックできるならそのほうが楽だろうと思います。こういうのって慣れちゃうから最初に設定しておきたいよね。

トラックパッドでクリックと軌跡の速さを最速に

トラックパッドでウィンドウのポインタを移動するとき、「あー、この速度遅いなー」っていうときないでしょうか。トラックパッドを大きく指で移動しなくてはいけないのも面倒です。これは「軌跡の速さ」を速くすることで解消できます。

最速にすると、最初は速すぎてそのスピードに自分がついていけないですが、慣れてくるとトラックパッドを大きく指で移動することがないので楽ですよ。さっさとその速さについていけるようにしましょう。

3本指で操作できるようにする

「その他のジェスチャ」からトラックパッドを3本指で操作するように設定することができる。3本指で〜、と書かれているものにチェックを入れると操作しやすくなるからおすすめ。

何ができるかいまいち分からなかったら、画面の右にデモが動画で紹介されているからそれを見つつ試してみるといいですね。

スクリーンショットの保存先を変更する

Macでスクリーンショットをとることもあるでしょう。cmd+shift+4を押して、自分もよくスクリーンショットを取っています。ですが、このスクリーンショットの保存先はデフォルトだとデスクトップなんですね。最初はまだましですが、スクリーンショットを取っていくとどんどんデスクトップに溜まっていきます。

パソコンを開いてその画面に保存したスクリーンショットがバアアアアアっと並んでいるのはもう気持ち悪いです。スッキリさせたいと思ってきます。なら最初からスクリーンショットの保存先をデスクトップではなくて、別の場所に保存するように設定しておきましょう。

ちょっと面倒だけど、上の記事にスクリーンショットの保存先を変更する方法が載っているから試してみるといいです。

バッテリー割合%の表示

充電がどれぐらい残っているか分からないと作業していて不安になってきます。なので、現在どれぐらい充電があるのか表示させるようにしましょう。システム環境設定→省エネルギー→「メニューバーにバッテリーの状況を表示」にチェック。

%が表示されていない場合は、表示された右上のバッテリーのマークをクリックすると「割合(%)を表示」っていう項目があるから、そこにチェックを入れると表示されます。

日付を表示させる

作業中にパッと日付を確認することありますよね。それもすぐに確認できるようにバーに表示させるようにしておきましょう。システム環境設定→日付と時刻→「時計」から「日付を表示」にチェック。

これを設定すると、右上を見たときに今日の日付を表示させることができます。

ファイアウォールを設定する

Macだしセキュリティ関係はなんとなく大丈夫だろう・・・と思っていないですか?被害にあってからでは遅いので、最低限ファイアウォールは設定しておきましょう。システム環境設定→セキュリティとプライバシーからファイアウォールの項目に進みます。

ファイアウォールをオンにしておくとちょっとだけ安心です。Appleのサポートにアプリケーションファイアウォールについてという記事があるので、気になったら見てみるといいかもしれないですよ。

Finder

サイドバーの表示項目をカスタマイズ

FInderのサイドバーで表示する項目を選択するのは必須なんじゃないかなと思います。色々表示されていたら面倒だし、表示してほしいものがなかったら辛いですからね。Finderの環境設定から設定しましょう。

そしたらサイドバーの項目で、自分がFinderを開いたときに表示させたい項目にチェックを入れておこう。

新規ウィンドウの表示をホームに変更する

Finderを開いたときの表示がホームじゃないと結構使いづらいので、ホームを表示するようにしておきましょう。環境設定→一般から「新規FInderウインドウで次を表示」を自分のホームに。

これでFinderを開いたときの表示がホームになる。こっちの方がほぼ確実に使いやすいです。

パスバーを表示

パスバーっていうのはこういうやつ。

どの階層のファイルを見ているのか表示させることができる。パッと見でわかるから設定しておくとちょっと楽。FInderを開いたら左上の表示→パスバーを表示で設定できるよ。

ステータスバーを表示

ステータスバーを表示すると、FInderを開いたときにどれぐらい空き容量があるのかっていうことを示してくれる。なんとなくかっこいいしやっておいてもいいぐらい。

パスバーと同じように、表示→ステータスバーを表示にチェックを入れれば表示されるようになります。

まとめ - 設定して効率的・生産性の高いMac生活を

パソコンの設定ってやっぱり大事ですよね。あまり良くない設定で作業をしていたら、後から別の設定に慣れるのは大変です。キーボードと同じように人差し指でずっとキーボードを打っていたら、なかなかホームポジションには慣れない感じと似ている気がします。

それなら最初からある程度良さげな設定にしておいた方がいいですよね。ここに載せたのは自分が良いと思ってやっていた設定だったりするものだけど、自分にあった設定ってあると思うし色々模索して最強の設定を目指してください。きっと快適なMac生活が送れることでしょう。

Twitterでフォローしよう