iPhoneアプリのアイコン操作【フォルダ・削除・サイズ変更・隠す】の方法を紹介!

AndroidからiPhoneにしたけど、ホーム画面にあるアイコンたちの使い方がわからない!っていう人もいるのではないだろうか。あまりいじることはないかもしれないけど、ホーム画面のアイコンをちょっといじるだけで使いやすくなったりしてきます。この記事ではiPhoneの基本的なアイコン操作を書いていきます。自在に操れるようになって是非とも使いやすいホーム画面にしていきましょう。

iPhoneアプリアイコンをまとめてフォルダにする方法

iPhoneを使っているならフォルダを使っていない人はほとんどいないでしょう。アプリをまとめて1つのフォルダの中に入れて管理したい場合は、1つのアプリアイコンを長押しして他のアプリに重ねるだけ。

フォルダの名前は自分の好きなものに変更できるから自分好みに変更しよう。

iPhoneアプリアイコンを削除する方法

iPhoneアプリの削除って簡単ですよね。ホームにあるアイコンを長押しして「Appを削除」を選択すれば削除することができる。

iPhoneはホーム画面からアプリを消すと、Androidと違ってそのアプリケーション自体が消えるからAndroidに慣れている人は注意が必要だね。楽でいいけど、そういったものがあるからiPhoneでホーム画面のカスタマイズはやりづらいんだよなあ。

iPhoneアプリアイコンのサイズを変更する方法

iPhoneアプリのアイコンは設定で一括でちょっとだけ大きくすることができるから、そのやり方を書いていきますね。手元のiOS12のiPhoneとiOS13のiPhoneがあるから両方とも一応書いておく。(両方ともやり方は同じ。)

iOS12

「設定」→「画面表示と明るさ」→「表示」をタップ。

上部で標準と拡大の選択ができるから、「拡大」を選択して右上の「設定」ボタンを押せば設定できる。

下の画像は左が標準・右が拡大したものなんだけど、結構拡大されるね。これだけ大きくなればかなり見やすくなるね。

iOS13

「設定」→「画面表示と明るさ」→「表示」をタップ。(ダークモード使っているから画面黒いです。ダークモードいいよダークモード)

初期設定だと「標準」が選択されているから、これを右の「拡大」をタップして選択しよう。選択したら、右上の「設定」ボタンを押せば設定完了。

 

設定すると、以下の画面のようにアイコンがちょっと大きくなる。左が標準・右が拡大。iOS12の方と比べるとあまり違いが分からないね。ちょっとでも大きくしたいっていう人はやって見てもいいかもね。

どちらのiOSのバージョンでもアイコンの大きさは変わるけど、変わるのはアイコンの大きさだけじゃなくてアプリ内のメッセージなんかの大きさも変わる。アイコンだけじゃなくて全体的に大きさを変えたいっていう人にはいいかもしれないけど、アイコンだけ大きくしたいっていう人には向かないかもね。

iPhoneアプリアイコンを隠す方法

もしかしたらiPhoneアプリをホーム画面から隠したい!って思っている人もいるかもしれません。だけど、残念ながらしっかり隠す機能というものはないから、何か別の方法を取るしかない。2つ方法を紹介します。

フォルダ機能を使う

iPhoneではアイコンを長押しして他のアイコンに重ねると1つのフォルダに長押ししているアイコンをまとめることができる。

天気アイコンを長押しして、左のフォルダに入れようとしている。ただ、フォルダの中にそのまま入れてしまってはホーム画面からなんか入っているな?と思われてしまうから右へフリックしてフォルダの2番目以降に入れておくのがいい。

そうするとホーム画面からはぱっと見そのアプリは見ることができない。見るにはフォルダをタップして右へフリックしないとダメ。

簡単な方法でさっと隠したいときに便利だから、サクッとやりたい人にいいんじゃないかな。フォルダの中にアイコンが9つあるのが見えてしまうと、あれ、それ以上アイコンあるのかな?と思って右を見られてしまう可能性が高まるから、アイコンは8つ以下にして、隠したいアイコンは右へフリックした後に入れるのがいいね。

スクリーンタイムを使ってデフォルトアプリを隠す

iPhoneに最初から入っているアプリっていくつかありますよね。メールやAirDrop、Podcastなどなどです。そういったアプリを隠すには設定から「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」と進みましょう。

「コンテンツとプライバシーの制限」をONにして「許可されたApp」を開く。するとアプリが出てくるから、そこでホーム画面に表示させたくないものはタップしてONからOFFに切り替えよう。

OFFにしたものはホーム画面から消えて無くなったはずです。

 

アイコンの並びを初期設定時に戻す

色々ホーム画面をいじっているうちにやりすぎた・・・最初のレイアウトに戻したい・・・っていう時ももしかしたらあるかもしれない。そんな時は設定から元のレイアウトに戻すことができるからやってみるといい。

ただ、これをやるとアプリをまとめるために作っていたフォルダは消えてアプリ1つ1つがそれぞれ表示されるようになる。スクリーンタイムを使って表示させなくしたアプリに関しては、レイアウトを初期設定にしても表示されないままだから大丈夫。iPhoneのレイアウトって結構決まりきっているからあまり使うことはなさそうな機能だけどね。

まとめ

基本的なiPhoneアイコン操作について書いたけどどうだろう。ずっとiPhone使っている人にとっては当たり前かもしれないけど、Androidはやめて初めてiPhoneを使うっていう人はちょっと戸惑うかもしれないからよかったら参考にしてみてほしい。

Androidでウィジェット使ってゴリゴリ使っていた人からすれば、iPhoneを触ってホーム画面やアイコンあんまりカスタマイズできないんだな・・・と絶望している人もいるかもしれません。残念です、その辺りはある程度諦めましょう・・・

「そもそもアイコン自体を変える方法はないの?」という方はアイコンの変更方法を以下の記事で書いたから見てみるといいかもしれん。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事