iPhoneアプリのアイコンを変更するアプリとショートカットを紹介!

iPhoneを使っていて、ふと「あー、なんかどのアプリも皆と同じアイコンのデザインで飽きたな・・・」って思うことありますよね。そんな時にやってみたいのがアプリのアイコンを自分好みにしてしまうこと。

iOSはAndroidほど自由にいじれないイメージがあるけど、アプリを使ってアイコンを変更することもできるんです。この記事では、そんなアプリのアイコンを変更する方法を2つ紹介していきます。2番目のショートカットアプリを使う方法がオススメだけど、ショートカットアプリが使えない!っていう人は最初の方法を使えばいいと思うよ。

Pochittを使ってアイコンを変更する

最初に言っておくと、この方法はちょっと面倒です。場合によってはアプリを2つ使ったりしないといけないからね。やり方を書いていこう。

Pochittをインストール

まずは、Pochittというアプリをインストールしましょう。アプリのアイコンを変更することのできるアプリだよ。

Pochitt - ホーム画面にショートカットアイコン作成

Pochitt - ホーム画面にショートカットアイコン作成
開発元:Kazuto Yamada
無料
posted withアプリーチ
アプリを起動するとこんな画面になる。ここからどのアプリのアイコンを変えたいのか選んで、そのアイコンの画像や名前を変えていく感じだね。もちろんここに載っていないアイコンの変更もできるんだけど、それがちょっと面倒。後で書くね。まずは、FaceTimeのアイコンを変えてみることにする。FACETIMEをタップすると、その設定画面になる。


アイコンの画像や名前は好みのものにしておこう。設定したら、右上のボタンをタップする。

「アイコン情報をコピー」って出てくるから、safariを開いてアドレスバーに貼り付けよう。safariで貼り付けたらこんな画面になる。

画面に指示が出てくるから、その指示通りにボタンを押していけばOK。「ホーム画面に追加」で右上の追加ボタンを押せば、作ったアイコンがホーム画面に表示されるはず。

あとは、これをタップすればFaceTimeが起動される。とはいっても、アイコンを変更したいアプリってFaceTimeなんかじゃなくて、いろんなアプリのものですよね。次は他のアプリのアイコンを変更する方法を書いていきます。

デフォルト以外のアイコンを変更する方法

Pochittを開くといくつかアイコンが表示されるけど、電話やメールだったり基本的なものだけです。こういったアプリの変更はさっきFACETIMEのアイコンを変更したみたいに行えば変更できる。けど、「じゃあ他のアプリはどう変更すればいいんだよ?おい」ってなりますよね。

ちょっとこれが面倒だけど、書いていきますね。その場合は「CUSTOM」をタップしましょう。

タップしたらこんな画面になるから、ここで自分がホーム画面に設置したいアイコンを設定していく。右の画像はペンギンの画像をタップしたらLINEが起動する設定。

設定する項目は3つ。

  • アイコン画像・・・ライブラリから選択するか、カメラを起動してその場で撮るかして設定
  • アイコン名・・・好きなアイコン名
  • URLスキーム・・・アプリを起動するためのURL

アイコン画像とアイコン名はいいとしても、よく分からないのがURLスキームですよね。URLスキームを使えば、そのURLでアプリを起動することができるんですが、この活用法については以下のサイトが詳しいですね。

あるアプリにおけるURLスキームさえ分かってしまえば、アプリアイコンをタップして起動することなく、そのURLをクリックすればアプリを起動したり、特定の画面に遷移させたりすることが可能というわけです。

URLスキームとは?—ディープリンク・Universal Linksのお勉強とその活用術

で、このアプリはそのURLスキームを設定しなければいけません、ということです。じゃあそのURLスキームってどこで調べるの?となるけど、調べるとなるとだいぶ面倒です。もしも調べたいという場合は、以下の記事に方法がいくつか載っているから見てみるといいかもしれない。

【iOS】iPhoneアプリのURLスキームを調べるにあたって

見てみれば分かる通り面倒だから、個人的にはURLスキームを検索するアプリを使って調べるのがいいかと思う。

URLスキームを検索する

全てのアプリを網羅しているわけではないと思いますが、ある程度のアプリなら以下のアプリを使って検索することができる。

URLスキーム検索

URLスキーム検索
開発元:TAKASHI ISHIGAKI
無料
posted withアプリーチ
使い方は簡単で、アプリ名をタップするとそのアプリのURLスキーマをコピーできるというもの。コピーしたいアプリを検索バーから検索してそのアプリのURLスキーマをコピーしよう。

コピーしたら、Pochittの設定画面に戻ってそのコピーしたURLスキーマを貼り付ける。

貼り付けたら、右上のボタンからアイコン情報をコピーして、あとはFACETIMEのアイコンを変更した時と同じ手順。safariを起動→アドレスバーに貼り付け→ホーム画面に追加。

するとこんな感じで設定したペンギンのアイコンが表示されて、タップするとLINEが起動する。

LINE以外のURLスキームを使えばLINE以外のアプリが起動するし、組み合わせ次第で自分の好きな画像で好きなアプリを起動するっていうことができる。面倒なところがURLスキームをいちいち検索しないといけないことだね。

ショートカットアプリを使う

iOS13から搭載されるようになったショートカットっていうアプリがあって、それを使ってホーム画面に自分好みにカスタマイズしたアイコンを表示させることもできる。こっちの方法が楽でおすすめ。

ショートカットアプリを起動したら、「ショートカットを作成」っていう項目があるからタップしてスクリプティングをタップしよう。

スクリプティングをタップしたら、「Appを開く」をタップ。すると新規ショートカットが作成されるから「選択」をタップ。

「選択」をタップすると、どのアプリのショートカットを作成したいかを選択できる。今回はホーム画面にアイコンを作成してYoutubeを起動したいから、Youtubeを選択。

そうするとこんな画面になる。そしたら右上のボタンをタップして、ホーム画面に設置するアイコンと名前を決めていこう。

表示されているアイコンをタップするとそのアイコンをどんなものにするか選ぶことができる。

アイコンを選んだら、あとはその名前を入力して「ホーム画面に追加」ボタンをタップすれば、ホーム画面に追加される。

ちなみに自分のカメラで撮った写真やダウンロードした画像を設定したかったら「ホーム画面に追加」ボタンを押した時に表示されるアイコンをタップして変更すればOK。

カメラを起動して写真を撮るか、ファイルを選択するかだね。ホーム画面に設定したアイコンをタップすれば、設定通りにYoutubeが起動します。

ただ、やってみればわかると思うけど、タップするとショートカットアプリを経由するから、一瞬ショートカットアプリが表示されるね。とはいえ、アイコンを変更するのは最初に紹介した方法に比べてかなりやりやすい。

結局どっちの方法でiPhoneアプリを変更したらいいの

iPhoneアプリのアイコンを変更する方法を2つ見てみたけど、どうだっただろう。もしかしたらショートカットアプリを初めてこういう用途で使ってみるっていう人っていう方もいるかもしれない。とはいえ、どっちの方法が楽でいいんだろうなあ?って思いますよね。

ショートカットアプリが使えないならPochitt

最初に紹介したPochittを使った方法がおすすめです。URLスキームを調べたり面倒なことはあるけど、自分の好きな画像をアイコンに設定できるっていうのはなかなかいいもんですよね。オリジナルのアイコンを作りたい人におすすめ。

手軽にアイコンを変更したいならショートカットアプリ

使えるならショートカットアプリを使うのがいいかと思います。ショートカットアプリは既にiPhoneに入っているし、他に何かアプリをインストールして面倒なことをする必要がないのは魅力。iOS13担っていない人はiOS13にしてショートカットを使おう。

まとめ

アイコンって正直皆同じものでつまらないですよね。できれば自分だけのオリジナルのデザインにして使っていきたいものです。iPhoneのカバーも皆それぞれ違うみたいにアイコンも皆違っていいですもん。気が向いたらアイコンを変えて気分転換してみるのもいいかもしれないよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事