翻訳機はここまで進化した!スマホに挿すだけ「ZERO」

外国人とコミュニケーションと取りたいけど、なかなか話すことは難しいですよね。そんな時に使うのが翻訳機の力。今やネットとAIの力で翻訳のハードルもだいぶ低いです。今回書いていくZEROという翻訳機はスマホに挿して話すだけで翻訳してくれるなんか凄いやつ。サイズも小さくてコンパクトなのが良い。ではいってみよう。

スマート翻訳機「ZERO」とは

翻訳機って聞くとなんだか大層なイメージを持つけど、今時の翻訳機は違う。ZEROはスマホに挿すだけで使うことができる。小型の端末を差し込むだけで機能するのは素晴らしい。世界最軽量6.5gですってよ。むしろなんか無くしそうだな・・・

使い方は専用のアプリを起動して差し込むだけで使えるらしい。こういうのって色々設定しないといけないイメージもあるけど、これだけで使えるならだいぶいいな。言語の壁余裕で越えるやん。

翻訳可能な言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語をはじめとした93言語ということ。93言語もあれば、困ることなかなかないだろう・・・

高性能なAI翻訳機能

翻訳には高性能なAIが使われているとか。アメリカ、ロンドン、香港、東京を含む世界の14か所にクラウド翻訳サーバーを配置という事だから結構な規模だね。どこにいても翻訳の遅延がないようにいろんなところにサーバー立てているんだろうね。

オフラインでも翻訳可能・・・?

どうやらオフラインでも日本語⇔中国語、英語⇔中国語なんかは音声翻訳できるらしい。

iOS端末向け、 日本語⇔中国語、英語⇔中国語 の双方向オフライン音声翻訳が完成しました。 4G/Wifiなどの通信環境がなくても翻訳が可能。現在、Andorid端末向け、日本語⇔英語などの他言語のオフライン翻訳を実証試験中。

だけど、大事なのはやっぱりその実力だろう。翻訳できても翻訳までに大きなラグがあったりデタラメな翻訳では使い物にならない。機内モードを使ってオフライン環境で試してみた動画がある。ちょっと見てみると余裕で翻訳してる。

これ結構すごいね。ネット環境なくてもこれができるのか。

音声録音と文字起こし

音声を録音して文字を起こす事もできる。インタビューモードというモードを使えば、2方向の音声を識別しながら録音&テキスト化してくれるよう。これ使えば、自分で全部メモしていく必要ないですね。あとでコピーやメールで共有可能だし、もうインタビューして何か聞く時なんかはスマホにこの翻訳機ぶっさして放置しておけばいいんじゃないか。

音声テキスト化は600分まで無料みたいで、その後は1時間約100円の追加購入が必要!600分・・・10時間か、これだけ無料で使えるのはありがたいな。仕事で使う分には10時間超えて使う事もあるかもしれないね。

テキスト翻訳

テキスト翻訳は手打ち入力や長文でも翻訳可能で40言語に対応している。

なるほど、40言語に対応しているのは便利だけど、これをメインで使う人はいなそうだな。。今やGoogle翻訳の力も凄まじいし、ネットで適当に文章打って翻訳すればいい気がする。だがあって損はない。

充電がいらない

これ結構メリットな気がする。充電するなんてスマホだけで十分なんですよ・・・この翻訳機は充電いらないから持ち歩いて必要な時に取り出してぶっ挿すだけでいい。バッグのポケットや財布なんかに忍び込ませておけばいいんじゃないかな。ただサイズはこれだけ小さいから無くさないように。

小指サイズなら自分だったら無くしてしまう気がする。翻訳機があるから大丈夫と意気揚々と出かけた旅先で無くしてしまったら恐怖です。

通訳のイメージが変わっていく

もうこれだけ簡単に翻訳できるなら旅先で外国人とコミュニケーションを取るなんてそんな大きなハードルじゃなくなっていくのかもしれない。ちなみに販売予定価格は7980円。クラウドファンディングの製品だから早く支援すれば、リターンでちょっと安く買えるかもしれない。

充電不要、スマホに挿すだけ楽々翻訳!財布にも入る多機能スマート翻訳機「ZERO」

そういえば、結構前にイヤホン型の翻訳機も見たけど、やっぱりこっちもなかなか強い。

やっぱりAIとインターネットの力は今までの常識を塗り替えてしまうな。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事