Macで画像編集する方法を紹介するよ!特別なものは何もいらないです

Macで画像を加工したいけど、どうやってやったらいいのかわからん・・・っていう人もいるのではないだろうか。特にwindowsからMacに切り替えてみた人は戸惑っているかもしれない。今回はMacで画像加工を行う方法を書いていきたいと思う。別に何かアプリを入れるわけじゃなくて、デフォルトで入っているプレビューを使った方法だよ。

トリミング、切り抜き、サイズ変更・リサイズ、明るさ・彩度調整などなどの方法について見ていくからMacでそういったことをやりたいと思っている人には参考になるんじゃないかな。ではいってみよう。

macで画像編集する方法

macで画像を編集する際にはデフォルトでプレビューというアプリが使われるから、プレビューを使った編集方法を見ていこう。まず、編集したい画像をFInderからダブルクリックするとこんな感じの画面になる。編集する時には右上の鉛筆マークのボタンをクリックすればいい。

クリックすると上の方にいろんなマークが出てくる。この出てきたいろんなマークを使って編集していく感じ。

選択範囲を切り取る

画像から範囲を選択してその部分だけ保存したいっていう時には左上のマークから切り取りたい形を選択してから、画像に対してドラッグする。

長方形で選択した場合はこんな感じで、長方形で画像の一部分を選択することができる。

選択した範囲を切り取りしたかったら、「切り取り」ボタンをクリックすればOK。

長方形での選択が嫌だったら他の「楕円で選択・投げなわで選択・スマート投げなわで選択」を選択した後に同じように画面上でドラッグしてみよう。楕円で選択は円形で選択。投げなわで選択は自由な形で選択、スマート投げなわは説明しづらいから使ってみてほしい。

色の範囲で選択範囲を切り取る

上で書いたのは自分で範囲を選択して、その選択した部分を切り取るっていう方法だったけど、複雑なものの場合だと切り取りが難しい。そういう時には切り取りたい画像の色合いに注目してみよう。色がはっきり分かれていれば簡単に切り取ることができる。左から2番目のボタンをクリックして、切り取りたい色の部分を選択してみよう。

白色の部分を選択してみるとこんな感じ。これで切り取りボタンを押すとこうなる。

白い部分だけが切り取られるね。(ちょっと残っている部分もあるけど)これは他の色に対しても使えて、例えば「G」の部分を選択して「切り取る」ボタンを押すとそこだけが切り取られる。

線・文字を描く

画像の中に線や文字を描きたい時には鉛筆マークのボタンを使おう。2つあるけど、まずは左側の方から。これは画像の中に自由に線を引けるんだけど、引いたらその形を認識してそれっぽい形にしてくれたりもする。画像は気分が乗らないから、動物の画像にした。

こういうデタラメな線でも吹き出しっぽくしてくれたり、矢印のように変換してくれる。

色々書いてみると、勝手に変換されて面白いぞ。

次は画像に文字を描いてみる。文字を描きたい時にはその隣のボタンをクリック。今回は文字を描いたけど、自由に描けるから別に文字じゃなくてもいいね。

色の変更は右のほうにあるボタンでできる。「カラーパネルを表示...」をクリックすれば、より細かい色の設定をすることができるぞ。

 

図形を描く

画像の中に図形を入れたかったらその右隣のボタンだ。クリックするといくつかの図形が出てくるから作りたい図形を選択しよう。

選択したら、後は画面上でドラッグすれば図形を配置できる。図形の中身を塗りつぶすか塗り潰さないかは右側のボタンから変更できるぞ。/を選択すれば、枠線だけになる。

文字を入れる

文字を入れるにはTと書かれているボタンをクリックしよう。すると、テキストを入力するフィールドが出現する。ここに好きな文字を入れていけばいいだけ。

枠線の色や枠内の背景色は右側の色を調整するボタンで変更できる。

フォントやフォントサイズ、文字の色を変更したかったら一番右側の文字のマークをクリックしよう。出てくる項目からフォントの種類なんかを選ぶことができるよ。

画像を加工する

画像の色合いなんかを調整したい時には、三角形のマークをクリックしよう。明るさや色合いなんかを変更することができる。これが一番画像加工の機能って感じがするね。

クリックすると色々出てくる。露出・コントラスト・ハイライト・シャドウ、、、、これらの項目をいじって画像の色合いなんかを変更できる。

無料でこれだけ調整できるならなかなかいいね。いじってみると白黒の画像や奇抜な色合いにもできたりするよ。色々いじって撮った写真なんかを良い感じの写真にしたいよね。

画像のサイズを変更する

画像のサイズを変更したい場合には、この伸びるみたいな感じのマークをクリック。

するとこんな感じの画面になるから自分がしたいサイズの値を入れてOKをクリックすればいいね。

ただ、自分がプレビューでサイズを変更する時にはメニューからやってしまうことが多い。

メニューバーからでもいじれるからこっちの方が早いしやりやすいわっていう場合は何ができるか見てみるといいかもね。自分の場合、プレビューはサイズ変更するのに使う場合が多くてそういった時に「ツール」→「サイズを調整」でいじったりしている。

より多機能な画像加工をしたければアプリを検討

上で紹介したのがMacにデフォルトで備わっているプレビューの機能だけど、使ってみると意外と結構できる。だけど、もうちょっと加工の機能が欲しい・・・と思う時もあるかもしれない。そういった時には無料で使えるMacの画像編集・加工アプリを使うといいかなと思う。

自分のオススメはFotorっていう画像加工アプリ。

スマホでも使えるんだけど、Macでも使える。スマホで画像加工したいなーって思っている人にもオススメだから、なんか使ってみたいなーって思っていたらいいかもしれない。後、スマホで使うならPhotoshopFixっていうのもいいよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事