【windows10】スクリーンショットの撮り方まとめ

windows10を使ったスクリーンショットをどう撮ればいいのかを書いていこうと思う。スクリーンショットの撮り方にもいろいろあってよくわからないものですよね。この記事では、スクリーンショットに関して画面全体・範囲指定・動画を撮る・保存先を変更する・・・などなど書いていくよ。

画面全体のスクリーンショットを撮る

スクリーンショットを撮る方法はいくつかあるけど、単純に「PrintScreen+Windowsキー」を押して撮るのが楽でよいかと思います。だけどまあ方法は他にもあるから書いていくよ。

PrintScreenキーを使う

キーボードのPrintScreen キーを押すと画面全体のスクリーンショットを撮ってくれます。「スクリーンショットがOneDriveに追加されました。と表示されるから、OneDriveを見に行くと保存されています。OneDriveには保存したくないって人はこの後に紹介する方法を使いましょう。

何も反応がない場合は・・・

PrintScreenキーを押すと、デフォルトでOneDriveに保存されるようになっているんだけど、何も反応がない場合はOneDriveが起動していないと思います。なので、起動していない場合は起動させておきましょう。検索バーからOneDriveと打つとOneDriveが出てくるからそれをクリック。

クリックすると、起動して下のバーに雲のマークが出てきたらOK。

この状態でPrintScreenキーを押すとOneDriveに保存されるはず。

Windowsキー+Altキー+PrintScreenキーを使う

さっきはPrintScreenキーを押すだけだったけど、「Windowsキー+Altキー+PrintScreenキー」を押すことでも画面全体のスクリーンショットを撮ることができます。

この場合の保存先は、ビデオフォルダ→キャプチャフォルダとなりますよ。

PrintScreen+Windowsキーを使う

これが楽でよいかと思います。PrintScreen+Windowsキーを一緒に押すと「ピクチャ」フォルダの「スクリーンショット」というフォルダの中に撮ったスクリーンショットを保存してくれます。この「スクリーンショット」フォルダはPrintScreen+Windowsキーを押すと勝手に作ってくれるから、自分で作る必要はないよ。

「Windowsキー+Shiftキー+s」を使って選択したスクリーンショットを撮る

「Windowsキー+Shiftキー+s」を押すと画面上にこんな風にボタンが出てくるんだけど、このうちこの左から4つめのボタンを使います。

これを押すとスクリーンショットを撮ってくれる。取ったスクリーンショットはOneDriveに保存されたよ。

「windowsキー+g」を使う

「windowsキー+g」を押すと、色々出てくるけど、注目するのはキャプチャの部分。この中からカメラのマークを押すとスクリーンショットを撮ってくれる。

これは「Windowsキー+Altキー+PrintScreenキー」を押したときと同じだから、単にスクリーンショットを撮りたいだけなら「Windowsキー+Altキー+PrintScreenキー」でいい気がする。

「全キャプチャを表示」っていうところを押すと、こんな画面になる。

撮ったスクリーンショットの名前なんかを編集したり削除したりできて割と便利。「ミームの作成」っていうのがちょっと面白くてこんな加工ができる。

画面の上下に文字書ける。撮ったスクリーンショットに文字ちょっと入れたいなあっていうときに使えるかもね。

範囲指定してスクリーンショットを撮る

長方形でスクリーンショットの範囲を選択する

画面の範囲を指定してスクリーンショットを撮るには、「Windowsキー+Shiftキー+s」を押してみましょう。

左から1つ目のボタンを押すと撮りたい範囲を長方形で選択して切り取ることができる。切り取ったものはクリップボードにコピーされるから、それを保存しよう。長方形じゃなくて、もっと自由な形で選択したいんだよっていう場合は、隣のボタンを使うんだけど、この先で紹介します。

自由な形でスクリーンショットの範囲を選択する

自由な形で範囲を切りたいときには「Windowsキー+Shiftキー+s」を押して左から2番目のボタンを使いましょう。

これを使うと、こんな感じで切り取りたい範囲を選択することができる。

切り取ったらこれもクリップボードにコピーされるから、それを保存すればOK。あんまりこういったスクリーンショットを撮ることはなさそうだけどね。

スクリーンショットを画像ではなく動画で撮る

画面を画像じゃなくて動画で撮りたいんだよなあっていうときもあるでしょう。Windows10には、その機能も備わっていて、「Windowsキー+g」で録画の設定画面にいくことができます。

色々出てきますね。これの「キャプチャ」という部分から丸い録画ボタンを押すと画面録画が始まります。

画面録画を停止したいときには表示される□ボタンを押せばok。この青いやつ。

表示されているオーディオやパフォーマンスなんかのタブは×ボタンで消したりドラッグで移動させたりできるから邪魔じゃない位置に持っていこう。この画面を閉じたいときには再度「Windowsキー+g」を押せば閉じることができる。

スクリーンショットの保存先を変更する

Windowsキー+PrintScreenキーで撮ったスクリーンショットの保存先は「PC→ピクチャ→スクリーンショット」というフォルダになる。だけど、ここじゃなくて他のフォルダにしたいんだよなあ・・・っていうときもあるかもしれない。

ここでは、新たにフォルダを作ってスクリーンショットの保存先をそこにしてみよう。

名前は超適当だ。。このデスクトップに新規作成した「スクショ置き場」を新たなスクリーンショットの保存先にする。今回はデスクトップにフォルダを作ったけど、別にどこでもいいよ。デフォルトの保存先が「PC→ピクチャ→スクリーンショット」だからそのフォルダを右クリックして「プロパティ」を選択。

そしたら「場所」のタブに移動して「移動」をクリック。さっき作ったデスクトップにある「スクショ置き場」を選択しよう。

そしたらOKボタンを押してスクリーンショットの保存先を変更!「Windowsキー+PrintScreenキー」でスクリーンショットを保存したら、このフォルダに保存されています。スクリーンショットの保存先を元に戻したかったら、さっきやったのと同じように今度は「標準に戻す」をクリックして「適用」をクリックすればOK。

まとめ

スクリーンショットを撮る方法はいくつかあるから書いてみたけど、普通に撮るときには、素直に「Windowsキー+PrintScreenキー」、範囲を選択するときには「Windowsキー+Shiftキー+s」を使うのが良いと思うよ。ちなみに自分は範囲を指定してスクリーンショットを撮るってことをよくする。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事