なにかとフォントをインストールして使いたい場面って出てくるものですよね。今回はそんな時に役立つwindows10でのフォントのインストール・アンインストール方法を紹介していきますよ。では、さっそくいってみようか。

windows10のフォント設定を確認する

まずは自分のパソコンにどんなフォントが入っているのか確認したいところ。windowsの設定から検索バーに「フォント設定」と入れて検索してみよう。フォント設定というのが出てくるのでそいつをクリック。

開いた画面でフォントの設定をすることができる。インストールされているフォントがここで確認できる。

ここに自分が使いたいフォントがなかったらインストールする必要があるから、そのフォントをダウンロードしなくてはならない。ダウンロードする場所はいくつかあるけど、今回はMicrosoft StoreとGoogleFontsを見ていこう。

Microsoft Storeからフォントをダウンロードする

Microsoft Storeへは設定画面からリンクされているからそこをクリックすればOK。

フォントがいろいろ出てきますね。ここから自分が入れたいフォントを選んでインストール。無料のものと有料のものがある。

選択したら「入手」ボタンを押してインストールを行おう。ボタンクリックだけで行えるから楽。

インストールしたら「この製品はインストール済みです。」と表示されるよ。

インストールしたらwindowsの設定画面でもそのフォントがインストールされたのが見れるはず。

GoogleFontsからフォントダウンロード

Microsoft Storeからでもフォントはダウンロードできるけど、数が少なかったり無料のものがあまりなかったりしてちょっと不便ですよね。欲しいフォントがなかったら、GoogleFontsを見てみるといいです。サイトを開くといろんなフォントが出てくるぞ。

スクロールしていくと、フォントがいろいろ出てくるからここから自分の好きなフォントを選択する。表示されている文字を変更したかったら上のバーに好きな文字を打ち込めば、打ち込んだ文字に変更できる。サイズも変えられるからどんな感じになるかいろいろ試してみるといいですね。

インストールしたいフォントが決まっている人は、フォント名で検索することもできる。

フォントをダウンロード

インストールしたいフォントを選択したら、「Download family」というボタンを押せばダウンロードすることができる。今回はこの「Lato」というフォントをダウンロードしよう。

ダウンロードしたものを開いて見てみると、フォントがダウンロードされているのが確認できるはず。

HTMLに埋め込んで読み込ませたいときには

普通にダウンロードしてパソコンのフォントを変更したいっていうときには使わないけど、HTMLタグとして埋め込むコードを取得することもできる。埋め込みたいフォントを「Select this style」で選択して、右側に表示されるコードをコピーして埋め込みたい箇所に張り付ければOKですね。

右側のバーが表示されなかったら、トップ右側のボタンをクリックすれば表示されますよ。

ダウンロードしたフォントに変更する

フォントをダウンロードしたら、そのフォントを適用しましょう。ダウンロードしたフォルダの中からインストールしたいフォントをクリックして「インストール」をクリックすればインストールしてくれます。

設定画面からインストールされているのが確認出来たらOK。

フォントのアンインストール方法

フォントのアンインストールは設定画面から行える。

アンインストールしたいフォントを選んだら「アンインストール」ボタンをクリックすればok。

まとめ

windows10でフォントをインストールするにはダウンロードしてインストールっていう手順があるけど、ボタンをクリックしていくだけでインストールできるから簡単。windowsの設定画面からはMicrosoft Storeのリンクが貼っているからそこをまず見ちゃいそうだけど、インストールできるフォントに限りがあるから、GoogleFontsから探してみる方がおすすめです。いっぱい出てきて分かりやすいしね。

Twitterでフォローしよう