Macユーザーであれば、画面分割を使って作業している人も多いのかな?もしまだ画面を分割して作業をしていないなら、画面分割を使うことで作業効率が上がるかもしれない。この記事ではそんな方法を3つ紹介します。後に紹介する2つのアプリケーションがおすすめだぞ。

macで画面分割を行う方法

macで画面分割してそれぞれ別の画面を表示する方法はいくつかあるけど、今回は3つ紹介します。自分が使っているのはshiftItだけど、自分が使いやすそうなやつを選んで使ってみよう。

SplitView

まずはこれ、SplitView。SplitViewはmacに標準で搭載されている機能で特に何もインストールする必要なく使うことができる。使い方は簡単で左上の緑色のボタンを長押しするだけ。

長押ししてボタンを話すとこんな画面になる。左側に長押ししたウィンドウが表示されて右側は他で開いているウィンドウが表示される。画面を全画面で表示している場合は長押ししても何もならないから、この機能を使いたい時には画面の全画面表示は解いておこう。

右側から右側の画面に表示させたいウィンドウを選択したらこんな風に左右できっちり分かれた表示になる。

左右で表示させる割合を変更させたい時には中間にあるこのバーをドラッグして左右にいじってやれば左右の画面の割合を変えることができるよ。

SplitViewを終了したい時には、ミッションコントロールから表示されるボタンを押せば終了することができる。

この終了の仕方が結構面倒なんだよな。普通に画面いじっている時にさっと終了したい時にこの操作を行うのはなんとも言えない。ちなみにSplieViewはMacだけじゃなくてiPadなんかでも使うことができる。Appleが動画を出しているからよくわからなかったら見てみるといいかもしれん。

ShiftIt

自分もよく使うツールです。これはもともと備わっている機能ではないからダウンロードしてインストールする必要がある。ダウンロードするにはダウンロードページにアクセス。このページからzipファイルをダウンロードするよ。

見てみると最新版がこのバージョンだから「ShiftIt-1.6.6.zip」をクリックしてダウンロード。今は最新が1.6.6だけど、君が見ている時には最新版のバージョンも上がっているかもしれない。

zipファイルを解凍するとshiftitのロゴが出てくるからダブルクリックして起動しよう。「開発元が未確認のため開けません。」と出てきたら、「環境設定」→「セキュリティとプライバシー」から「このまま開く」をクリック。

これで開くことができると思うけど、ウィンドウの移動やリサイズするためにアクセシビリティサービスの許可が必要。だからこれを許可してあげないといけない。「セキュリティとプライバシー」→「アクセシビリティ」と進んでShiftItにチェックを入れてあげる。操作を行うには左下の鍵マークをクリックしないといけないよ。

これで再度ShiftItを開くとログイン時に自動的にShiftItを開始しますか?と聞いてくる。パソコン起動してログインした後に自動で開始してくれないと、自分で起動する必要があってちょっとだけ面倒だから「はい」にしとくのがオススメ。

ShiftItのマークが右上に表示されるからこれをクリックすると、どのボタンを押せば画面をどういう方向に寄せることができるのかを知ることができる。

ただこのボタンの組み合わせは割と複雑でいちいち面倒くさいから、自分はカスタマイズしている。使いやすくするために、ボタンの組み合わせは自分がやりやすいように変えておくことがオススメです。「環境設定」をクリックして「ショートカット」の項目に進もう。

ここで画面の寄せ方を自分の好きなコマンドに設定することができる。カスタマイズしたい項目をクリックして、そこで自分が割り当てたいコマンドを入力するだけ。左寄せ・右寄せ・上寄せ・下寄せなんかはよく使うと思うから設定しておくといいんじゃないかな。

割り当てられたコマンドを打つと、選択しているウィンドウが上に移動したり、左に移動したりする。

単に画面の幅が変わっているだけだから、SplitViewみたいにミッションコントロールからボタン押して終了して・・・みたいなことも必要ない。今まで同じような感覚で操作をすることができるよ。

spectacle

これもダウンロードしてインストールする必要があるからインストールしよう。ダウンロードページからダウンロードしよう。「Download Spectacle」をクリックするとzipをダウンロードできる。

 

ダウンロードしたzipを解凍したら「セキュリティとプライバシー」からアクセシビリティの許可を行おう。ShiftItと同じですね。

Spectacleを起動したら、ShiftItと同じように自分でコマンドを割り当てることができる。ログイン時に起動したい時には「Launch Spectacle at login」にチェックを入れておこう。

これで設定したコマンドを打つと選択しているウィンドウが、左に行ったり上に行ったりするはず。ちなみにこの設定画面は表示されているSpectacleのマークをクリック→「Preferences...」クリックで表示することができる。

コマンドを再設定したい時なんかはここから設定するといいね。

画面分割のおすすめはShiftItかSpectacle

画面分割の方法を3つ見たけど、おすすめはShiftItかSpectacle。単純に使いやすいです。どちらも同じようなことをできるから正直どちらでも良い気がする。自分はShiftItを使っていたけど、ダウンロードはSpactacleの方がわかりやすいから今から使うならSpectacleの方がいいかもしれないね。

画面分割して作業できると結構いいよ、作業効率上がる気がする。

 

Twitterでフォローしよう