LINEDOCKでMacのポートを拡張しよう!デザイン性もなかなかかっこいいです。

Macユーザーの皆さん、Macは便利だしかっこいいけど、たまに不便な時がありますよね。そう、ケーブルをつないで何かをするときです。大きい画面で映したいとき、バッテリーをつないで充電するとき、スマホを充電するとき・・・Macにつないで何かをするっていうのは結構多いもの。それが進むともはやMacでつなぐことのできるポートがなくなります。悲しいですね。

だったらそんな状況を打破するために外付けのものを使ってみようではありませんか。外付けでつけるものって割とデザインが気に入らなかったりするけど、イケてる感じのものもあります。それがLINEDOCK。クラウドファンディング初の製品なんだけど、なんか良さげな感じだからここでも記事にしておこう。CES2020っていうガジェットの祭典でBest of CES2020に選出されたようですよ、凄そうですね。ちょっと見ていきますか。

LINEDOCKとは

そのLINEDOCKっていうのがこんなやつ。見た目Macだけど、これにMacをつないで充電したりすることができる。ポートは10個あるから困ることはないでしょうね。Mac本体のポート数と合わせたら相当なもの。

これがどんなふうに使われるのかというとこれ。もういろいろ繋いでやりたい放題ですね。これだけ持っていればほかの繋ぐ機器はいらないでしょう。

※LINEDOCK15",16"では最大出力100W、バッテリー容量27,000mAh、LINEDOCK13”では最大出力60W、バッテリー容量20,000mAhとなります。

だってさ。バッテリー容量そんなにあるんだ。確かにこれだけあるならもうこれにスマホぶっさしとけばいいね。スマホの充電器は使わないでこれにさして充電するっていう生活になりそう。

外で作業を好む「デジタルノマド」のために作られたLINEDOCKは、新型の「MacBook Pro」 と 「MacBook Air」 を外出先で高速充電(2時間でフル充電)することができます。

ノマド生活を送っている人もこれなら安心でしょう。外で作業しているときに充電がないのは致命的ですからね。ノマド生活の味方になることでしょう。

端子のタイプはこんな感じのようですね。そこまで厚くないデザインなのは嬉しいね。この上にMac載せて作業することもできるっぽい。

ひんやりとしたLINEDOCKの天板が冷却パッドの役割を行ってくれて、そしてあなたのひざも本体が放つ熱さから逃れます。

なるほど、確かにMac使っていると結構熱くなることありますからね。地味にひざが熱さから解放されるのが嬉しい。Mac膝の上にのせて作業してると膝熱くなっちゃうのよ。

値段は5万円ぐらい

気になる値段は5万円ぐらいです。やっぱりそれなりの値段はしちゃうものですね。欲しいけど、ちょっと買おうか戸惑う。クラウドファンディングの製品だから欲しい人が多かったら売り切れてしまうことでしょう。使ってみたいならチェックしてみるのもいいかもしれない。

Macbookユーザー必見!1台で3役、拡張ドックの黒船「LINEDOCK」

まとめ

1つ持っていればほかのいろんなことを賄ってくれるこういう製品良いですよね。個人的にはデザイン性が高いのが好み。薄いし、Macと同じようなデザインでかっこいいです。欲しい。そういえば、Makuakeでこんなのもあってこれも良さげだった。Macの画面を追加してくれるやつ。

おすすめの記事