【mint60・Koolertron】左右分割のキーボードを使ってみたよ

左右分割のキーボードを買って使っているからちょっとその使い心地を書いておこうと思う。そもそもどうして左右で分割しているキーボードを買おうと思ったのかは、周りの人で使っている人が割といてなんか影響されちゃったんだよね。それと、腕や肩の負担も少し減ったらいいなという理由。

まあここでは、使っている感じどうなのかを書いていこうと思う。

最初に買ったのはmint60

今使っているものは別のキーボードなんだけど、最初に買ったのはmint60っていうキーボード。組み立てるキットが売っていてはんだ付けや組み立てをして自分で作るキーボードだね。mint60は色が可愛くて惹かれて買ったんだけど、組み立てに失敗して使い物にならなくなりました。

これが途中まで組み立てたやつなんだけど、なかなか良い色合いですよね。割と苦労しながらはんだ付けして組み立ててってやったんだけど、普通に失敗して悲しい。確かライトも良い感じに光って良い感じなのよ。

確か下のアクリル板みたいなやつは色を選ぶことができたような気がする。mint60気になる人は販売ページを見てみるといいですよ。自作キーボード初めて作る人は自分と同じ過ちをしないように丁寧な作業を心がけた方が良いですね。お金の出費も結構あるし。。

今使っているのはKoolertron

mint60の作成には失敗したけど、やっぱり割れてるキーボードが欲しいな・・・と思って今度は自作じゃないものを探し始めました。もう1回自作買って失敗したら、立ち直れなさそうだしね。。そして今使っているのがKoolertronの茶軸のキーボード。値段は2万しないぐらいだったかな。

キーボード繋ぐとライトが光るね。ただ、キーボード押すとライトのオンオフすることができるからチカチカしてうるせえな!と思ったらすぐ消せる。

割とカッコ良いのではないでしょうか。割れてるキーボードってデザインあんまり良くないなーって思うこと結構あるけど、これなら及第点でしょう。

軸は茶軸の他にも赤とか黒とかあったと思おうけど、茶軸が良い気がしたから茶軸にした。軸によってキーボードの打感が変わってくるから、ネットでキーボード買うときには自分がどの軸が好きなのか知っておいた方が良いですね。

慣れるのに時間がかかる

このキーボードは他の分離しているキーボードと違ってキーの数も多い方(矢印キーとかあったりするしね)だと思うけど、やっぱり慣れるのには多少の時間はかかっちゃいますね。今までと同じ感覚で打っていても違う入力していることもあるし、ここは使い続けて慣れていくしかない。

肩が楽になった気がしなくもない

分離型のキーボードを買った理由の1つにもうちょっと腕とか肩とかの負担減らないかなーと思っていたことがあります。キーボードずっと打っているとやっぱり首とか肩とか凝ってくるじゃないですか。そういうのが少しは楽にならないかなーと思っていたんですよね。

これが、楽になった気がしなくもない。ただ自分がこのキーボードを使っているのって自分が持っているWindowsパソコンをいじっている時だけなんですよね。

自分は仕事でもパソコン使うんだけどその時はMacで普通の分離していないキーボード使っているし、仕事もプライベートも分離したキーボードを使い続ければ何かもっと効果を実感できるかもしれない。

自分が使っているのはこれの茶軸。

他にも左右で分かれてるキーボードはあるよ

買うときにAmazonで見てたんだけど、他に迷ったのがあって、それがMistel BAROCCOっていうやつ。本当はこれにしようかなと思っていたんだけど、その時にはなんかめちゃくちゃ高い値段の出品しかなくてやめたんだよね。なんか今見たら2万円ぐらいで買えるみたい。

こっちの方が今使っているキーボードよりもAmazonの評判も良さそうだし、今買うならこっち買いたいところですね。

左右で分かれてるキーボード、結構良いですよ。

おすすめの記事