Youtubeに投稿するための動画編集ソフトはMacでは何を選べばいいのか?

「Youtubeの動画編集にはなんのソフトを使えばいいのか?」というのは動画投稿をしようとする時に必ず考えるものですよね。無料なら無料の方が良いけど、やっぱり有料の方がクオリティの高いものは作れるのかなーなんて色々考えてしまいます。

なので、今回はYoutubeで動画投稿する際にMacでは何のソフトを使って編集すればいいのかを記載していきたいと思います。自分好みのものを選んで素敵な動画編集を行いましょう。

動画編集ソフトの選択肢

動画編集することのできるソフトはいくつかあるけど、大体この辺りが選択肢になるのではないでしょうか。

  • iMovie
  • Filmora
  • PremiorPro
  • (AfterEffects)

メジャーなものですね。今回はこの中からどれを使ったらいいのか見ていきたい。自分も動画編集する時にソフト何使おうかなーと思って使ったことがあるので、何を選べばいいか迷っているなら参考になるはず。

初心者にオススメ-iMovie

動画編集する際の最初の障壁はそのソフトの扱いですよね。何でもそうですが、いろいろな機能があるものだと慣れるまでに時間がかかってしまいます。そんなに機能はいらないけど、とりあえず動画編集したい!という方におすすめなのがiMovieです。簡単な操作で動画を切り取ったりくっつけたりして1つの動画にすることができます。この操作がiMovieはかなり楽。

直感的に編集できる

個人的に思うiMovieの一番良いところは何よりも直感的に動画を編集することができるところ。難しい操作をしなくても動画の動画の尺をいじったり動画と動画を組み合わせたりすることができるのが素敵です。動画編集に難しいイメージを持っているならちょっと考え方が変わるかもしれません。

動画の長さを伸ばしたり縮めたい時には、マウスでドラッグして移動するだけでできる。細かい時間とかを気にしないならだいぶ楽です。

デフォルトでトランジションのプリセットも入っているので、動画の切り替えを簡単にしたいときにも便利。

こういうのが最初から入っていて使うことができるのは、動画をどう作ったらいいのかわからないっていう時にはすごい助かります。数秒で綺麗な動画の切り替わりを実現してくれますからね。

ただ、有料の動画ソフトと比べると綿密にできない部分はやはりあるので、クオリティ最優先で作りたいという人には向かないでしょう。そこまで凝ったものでなくてよくて、とりあえず動画作りたいっていう人にオススメです。

iPhoneでもiMovie使えるよ

iPhoneを持っている人はスマホにiMovieを入れて動画編集することもできるので、サクッと編集して動画を作りたいときなんかには良いかもしれません。小さい画面での動画編集はやりにくさはあるけど、スマホで動画編集してアップロードまで完結できちゃうのは魅力的。スマホだけで動画とって編集して投稿っていうことが完結できてしまいます。

Filmoraでもっと凝ったものを作る

Filmora

もうちょっと凝った動画編集をしたいならFilmoraなんかいかがでしょうか。この動画ソフトは無料版と有料版がありますが無料版だとLogoの透かしが入ってしまうので、動画投稿をするなら有料版が良いです。ちなみに有料版の価格は1万円しないぐらい。買いきりで使うことができるのが良いですね。

デザインが綺麗

Filmoraを使い始めるとまず思うのがデザインの綺麗さです。いくつか動画編集ソフトを使ったことがあるけど、デザイン性で選ぶならFilmora一択でしょう。

この緑というか青というか色合いが自分好みで良い感じです。やっぱり見た目が気持ちいいと動画編集も楽しくなるってものですよね。

おしゃれなエフェクトやトランジション

Filmoraにもエフェクトやトランジションが最初から入っていて、それを動画編集の際に使うことができます。良い感じのエフェクト当てたいなーと思ったらソフトの中からそれっぽいのを当てればOK。

選択するだけで、おしゃれなエフェクトを入れることができるのでかなり便利です。自分で1からエフェクトを作るとなったら手間がかかっちゃうけど、これなら動画編集の時間も削減できる。動画編集したいけど、ちょっとは凝ったもの作りたいっていう人にオススメなのがFilmoraです。

Premior Proでさらに凝ったものを作る

Adobeの動画編集ソフトですね。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。動画編集できる人PremiorPro使っている人多いから自分も使いたいなー、と思うかもしれないけど残念ながらこれは有料。しかも今は買い切りじゃなくて月額 2,480円(税別)。結構な値段ですよね。買い切りなら良いけど、月額でこれだけ持っていかれるのは正直キツイところ。それでもクオリティの高い動画を作りたいっていう人にはオススメです。

機能が多い

最初は何をどう使ったらいいのか迷ってしまうぐらい機能があります。上の画像でいえば、右側にエフェクトが並んでいますが、相当な数がありますよね。それにいろんなタブがあるのがわかると思います。これだけのものがあるので、使いこなすのは相当難しいです。最初は何が何だかさっぱりだと思います。

それらの機能を使ってクオリティの高い動画を作っていくわけですが、あまり凝ったものを作らない場合はそういったものは使わないです。なので、とりあえず動画を作ってみたいというよりもいろんな機能を使ってよりクオリティの高いものを作りたい人にオススメです。

Adobe連携ならPremiorPro

PremiorProはAdobe製品なので、illustratorやPhotoshopなんかと一緒に使う場合にはそのまま取り込むことができたりすることので便利です。.aiファイルや.psdファイルをそのまま読み込んでくれます。他のAdobe製品と一緒に使うことを考えているならPremiorProがオススメです。

AfterEffectsでエフェクトゴリゴリの映像を作る

AfterEffectsは動画編集っていうよりも、エフェクトゴリゴリのより凝った短い動画を作ることができるソフト。上で見てきたものは動画を切り取ったりくっつけたり、速度いじったりトランジションいじったりっていう動作が主になるけど、これは違う。心躍るような映像を作ることができます。

Youtubeで検索してみると色々出てくるので、どんな映像が作れるのか知りたい人は見てみるといいですよ。

AfterEffectsで作ったものをPremiorProで読み込んで動画編集するなんていうのがよくあるパターンな気がします。同じAdobe製品なので、相性が良いんですよね。AfterEffects自体の使い方は慣れるのが大変だけど、慣れたらいろんなエフェクトを組み合わせて素敵な映像を作ることができます。Youtubeで検索してみると大体どんなことができるのかみることができるので検索してみるといいですよ。

動画編集の際にはパソコンのスペックに注意

有料のソフトもインストールした、さあ動画編集に取り掛かろう!と思ってもスムーズに動画編集ができない場合があります。パソコンのスペックです。特にAfterEffectはかなりCPUやメモリを使うので、普段使っているようなパソコンでは動きがカクカクしてしまう可能性があります。以前メモリ16GBのMacでAfterEffectsをいじったりしていましたが、動作が重たかった・・・
なので、ソフトを入れる前に自分の使っているパソコンで対応できるのかということは調べておくのが良いです。

自分は今はWindowsのメモリ32GBを使って作業することが多いですが、まあ大体は大丈夫。(Macでスペック高いもの買おうと思ったけど、Macは高かった・・・)
でもやっぱり色々エフェクトを加えていくと動きがカクカクするから、凝ったものを作るならできるだけスペックが高いものを使った方が良いです。正直メモリ64GB欲しいなーと思っています。お金があるならよりスペックの高いものを買いましょう!

まとめ

無料で使うならiMovie。有料ならFilmoraかPremiorPro。FilmoraかPremiorProかはお財布と自分のやりたいことと相談して決めると良いかと思います。どちらも無料で使える体験版はあるので、両方気になったら使ってみるとより違いがわかるのではないでしょうか。

Filmora体験版ダウンロードページ

PremiorPro体験版ダウンロードページ

ただ、今後より凝ったものを作っていきたいという方にはPremiorProをオススメします。というのも凝ったものを作る際には凝った画像だったり凝った映像が必要ですよね。そういったものをなんのソフトで作るのかっていうとやっぱりAdobeのPhotoshopやAfterEffectsという選択肢になるでしょう。そういったソフトはやっぱり同じAdobe製品のPremiorProと相性が良いです。映像編集けっこう本気でやりたい!というならお金はかかるけど、PremiorProありですよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事