人工知能が急性腎障害を48時間前に予測!人工知能が医者になる?

AIの力は凄まじいですよね。いろんなん仕事がAIに取って代わられるというしAIを使ったサービスなんかも今や多く出ています。これからはこの流れがもっと顕著になっていくかもしれません。そんなAIですが、医療の分野でも力をふるっているのを知っているでしょうか。

医療分野で人工知能は割と聞く

人工知能が急性腎障害を48時間前に予測

AIが医療の分野でかなりの力を持っていることを知っている人は多いのでしょうか。その医療分野でAIが急性腎障害を破傷する最大48時間前に医師がその兆候を発見できるシステムを開発したということです。

DeepMindが開発

このAIを開発したのはロンドンを拠点とするDeepMind。AIはアメリカのイメージが強かったからアメリカだと思ったけど、ヨーロッパの方でしたね。

DeepMindは、AIを利用することで、急性腎障害を発症する最大48時間前に医師がその兆候を発見できるシステムを開発した。その結果、事前に発症を予防するための貴重な時間が確保され、最大30%の患者で急性腎障害の発症を阻止できたという。DeepMindが英科学誌「Nature」で発表した論文によれば、この取り組みは米退役軍人省とともに実施したもので、匿名化されたデータを使用して開発した機械学習ツールを使うことで、のちに人工透析が必要になった10人の患者のうち9人の状態を正確に予測できたという。

DeepMindの最新AI、命にも関わる急性腎障害を48時間前に予測

オープンソースライブラリを使用している

開発にはSonnetTensorDlowといったライブラリが使用されているそうです。AIエンジニアならお馴染みのものかもしれませんね。ただ、実験的なフレームワークは独自のライブラリを使用しているとのこと。そりゃ、一般的に公開したら良いように使われてしまいますから公開はできませんよね・・・

AIが医師になってくれる時代がくる

医療に関係するAIのニュースなんかをよくみている人は感じているかもしれませんが、AIがより良い医師になってくれる時代が来そうですよね。現代よりもっと早く自分の病気がわかるなんてこともありそうです。

10年後なんかはAIが医者やっていそう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事