かけるだけで音楽を聴くことができるミュージックグラスなるものがあるらしい

最近はAirPodsを耳につけている人をよく見かけますよね。前までは有線のイヤホンをポケットのスマホやウォークマンに繋げて音楽を聴いている人が多かったけど、もはや無線が当たり前です。音楽を聴く方法もどんどん変わっていきそうですよね。

そして、今回見ていきたいミュージックグラスというものも音楽の聴き方を変えてしまうかもしれないもの。名前の通り、サングラスのようなものをかけるだけで音楽を聴くことができるらしい。

サングラスで音楽を聴くってどういうことだ

スマートサングラス「MusicLens(ミュージックレンズ)」とは

MusicLens|通話・音楽・FMラジオが楽しめる骨伝導スマートサングラス「ミュージックレンズ」

ミュージックレンズはこんなふうに耳にかけて音楽を聴くことができるデバイス。これで音楽を聴くことができるってイヤホンつけてるのかな・・・?って思うけど、耳にイヤホンはつけていない。こんな風にかけるだけです。

これでこのサングラスを通して音楽を聴くことができるというものですね。なんでこれで音楽を聴くことができるというのかというと、それはこれが骨伝導オーディオとなっているからですね。骨伝導は骨を伝って音を伝えるから従来のイヤホンのように耳にイヤホンを装着しなくていいんです。

骨伝導を使ったイヤホンは探せば販売されていますし、面白い製品なんかも結構あります。

音楽の聴き方

このサングラスはBluetooth対応しているので、無線で音楽を聴くことができます。

また、つけている時とつけていない時を検出して自動でポーズしてくれたりもしてくれるみたいですね。

着用時・非着用時を検出して自動でポーズ。取り外す時にポーズボタンを押す必要もありません。音楽を自動でストップすることでバッテリー消耗を抑え手間も省きます。

4GBの内部ストレージ

中に4GBのストレージを持っているので、そこに音楽を保存しておくこともできるよいう。4GBあれば音楽だけなら結構入りそうですよね。あのサングラスの中にストレージがあるとは・・・

30分の充電で6~9時間オーディオ再生可能

バッテリー持ち結構良さそうですね。隙間時間に充電しておけば、かなりの時間使えることができそうです。端子はType-Cのようです。

まとめ

音楽を聴くことのできるサングラスっていいかもしれないですね。夏場なんかにはあったら嬉しい。ちなみに参考価格は¥ 17,190。以前は販売していたみたいだけど、今は販売再開時期未定ということです。

音楽もいろんな聴き方があるな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事