【有料・無料】Macのバッテリー交換方法

Macのバッテリーの調子悪いなー、交換したいなー、なんて思ったこともあるのではないでしょうか。Macはスマートフォン同様バッテリーが内蔵型となっていて、バッテリー寿命が来る頃に取り外して交換という手段が使えないのが痛いところですよね。

じゃあ実際にバッテリーに寿命が来た場合はどのようにすればいいのか。今回は、Macのバッテリー交換について交換時の値段やかかる時間、無料でできる方法はあるのかという話題やバッテリー交換プログラムの紹介などについて書いていきますよ。

Macのバッテリー交換をする方法

バッテリー交換の値段は?

まず気になるのがバッテリー交換の値段ですよね。公式の修理の相場としては12,800円~19,800円(共に税抜)。値段に開きがあるのはモデルによる違いによるもの。

  • 11インチ/13インチ MacBook Air、13インチ/15インチ MacBook Proなどのモデル・・・12,800円(税抜)
  • 12インチ MacBook、13インチ/15インチ MacBook Pro Retina ディスプレイ・・・19,800円(税抜)

ただし、これは持ち込みの値段。結構な値段がするものですよね、バッテリー壊れてもちょっとためらってしまう。。。地方や郊外など直営のAppleストアが利用できない場合は、代理店や自分での発送が必要になって送料などが上乗せされるからもうちょっと上がってしまう。

これはちょっと高すぎる・・・もう少し安く修理する方法はないのか、と思って探してみると着手した瞬間サポートの対象外となる禁断の方法があります。それは自力での交換です。

自力で交換する

ネットにはMac用のバッテリーが数多く流通しています。これを購入し、交換すればバッテリーの費用だけで済ませることが可能。通常13インチ/15インチ MacBook Pro Retina ディスプレイモデルであれば、19,800円(税抜)かかるけど、自分で交換しようとすれば8,000円程度で済ませることができる。2倍以上安く済ませることができるのは魅力的。

ただ、ノートパソコンのメンテナンスに慣れていない場合はもちろん失敗するリスクもあるから、公式の修理との差額である約1万円は保険料だと思って支払った方がやっぱり安心。それでも自分で安く済ませたい、アップルのサポート対象外になっても関係ない!っていう人はYoutubeに動画も載っているので参考にしてみるといいでしょう。

交換時間はどれぐらい?

値段が分かったところで、次に気になるのは交換時間です。Macのバッテリー交換時間は、Appleストアへ直接持ち込みの場合6時間程度かかります。作業自体は一時間もかからないけど、順番待ちであることや限られたスタッフで対応することでどうしても交換時間が伸びてしまう。ただ、そういった持ち込み自体も予約制となっているので一週間待ちのことが多いと言われています。つまり、作業自体は一日で終わっても、そこまでに最短1週間程度はかかるのです。

1週間Mac使えないって普段から使っている身からしたらけっこうな機関ですよね。その期間Macを使った作業はできなくなるし、値段も結構かかるし修理を考えると結構つらい。。。

 予約はAppleStoreのGenius Bar

無料でバッテリー交換してもらう方法

実はMacのバッテリー交換は無料で行ってくれることもある。その方法は Apple製品限定保証や AppleCare+の保証対象である場合です。Apple製品限定保証はいわゆるApple製品1年限定保証ですね。様々な工業製品や家電製品は最低の保証期間というものが存在するのですが、Macの場合はこの1年間のApple製品1年限定保証がそれに該当します。

1年の間にMacのバッテリーの消耗が急激に進行してしまった場合、Appleストアや発送を行ってバッテリーの異常が発見されれば無料でのバッテリー交換に応じてくれ、新しい別のMac用のバッテリーを無料交換してくれるのです。

AppleCare + forMac

もう一つは実質有料だけど、AppleCare+forMacという製品保証の延長プログラムに加入する方法もある。これは加入することで加入日(購入日)から3年間のバッテリー無償交換などのサポートや格安でのその他のMac修理に応じてくれるというサービス。これを利用すれば無料でバッテリー交換を行ってくれるけど、加入するためにかかる費用がいくらかかるのが何とも言えない。

  • AppleCare+ for MacBook/MacBook Air・・・23,800円 (税抜)
  • AppleCare+ for 15インチMacBook Pro・・・35,800円(税抜)

モデルによって異なって、やや高額という点がネック。

バッテリー交換プログラムなら無料

使ったことのある人もいるかもしれないけど、Macにはバッテリー交換プログラムが存在します。何の製品でもそうかもしれないけど、時に思いもよらない問題が起こる場合もありますよね。そういった問題が発生した場合、このバッテリー交換プログラムが利用可能。

Macの場合はバッテリーに問題があるということがいくつかのモデルで発覚していて、交換/リペアエクステンションプログラムという形で該当する機種が公式サイトで公表されています。2019年7月現在、最近のものでは2019年6月に公表された2015年9月から2017年2月にかけて販売された15インチMacBook Proのバッテリー交換プログラムですね。

これはMacBook Proが発火したとの報告(非常にまれですが)を受けての対応で、該当する機種はApple StoreかApple正規サービスプロバイダ、もしくはAppleサポートに問い合わせることで、バッテリー交換には1~2週間ほどかかるけど、無料でバッテリー交換を行ってくれる。

まとめ

  • バッテリー交換は自力でも不可能ではない
  • サポートに依頼するのが無難

Macのバッテリー交換は自分でもうまいことやればできるかもしれないけど、サポート対象から外れてしまうし失敗したら終りだから、よっぽどお金がない限りはAppleにサポートを依頼した方がよさそう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事