ウェブマネーの使い方とチャージ方法を知っておこう!

ウェブマネーとは

ウェブマネーは、プリペイド式の決済方法で、事前にお金を支払って購入する形式となっています。クレジットカードとは異なり、あらかじめ使いたい分の金額をチャージして、その範囲内で利用することのできる仕組みです。現金での支払い、クレジットカードでの決済の中間に位置する決済の在り方との認識もあり、現在では多くの人々によってウェブマネーのカードが利用されています。

現在は、ウェブマネーのプリペイドカードが登場し、より利便性のアップすることにも繋がっています。利用方法に関してはそれまでのウェブマネーのカードと同様ですが、クレジットカードのような形状のカードで、よりスムーズに決済のできる仕組みが作られています。

カードを購入して決済をする方法も現存することから、どちらの方法でもウェブマネーを使うことが可能です。使いやすい方法で、ウェブマネーを生活に取り入れられるところが、大きな魅力として挙げられるのではないでしょうか。

ウェブマネーのチャージ方法

ウェブマネーのチャージ方法は非常に簡単です。コンビニでチャージを行って利用するか、プリペイドカードの場合はアプリを使ったチャージも可能です。

どちらの方法も、初めて利用する人でも簡単に実践できることから、ウェブマネーが人気を集めることにも繋がっています。では、どのような形式で具体的にウェブマネーを使うのでしょうか。コンビニでのチャージ、プリペイドカードを利用する際のそれぞれの方法を見ていきましょう。

コンビニでチャージ

ウェブマネーは、コンビニでチャージして利用する方法が最もポピュラーです。どのコンビニでも、チケットを発券するための端末を使い、購入する金額を指定してレシートを発券します。そして、レジで支払いを済ませ、プリペイド番号の記された控えを受け取る流れとなります。

この方法が、ウェブマネーを利用する時には最も簡単で、実践しやすい方法として受け入れられています。1ポイントあたり1円の設定で、購入時の金額指定もとても簡単に進められます。そのような点も含めて、コンビニでのチャージはウェブマネーを始めて利用する人にもマッチした方法であると考えられるでしょう。

プリペイドカードへのチャージ

ウェブマネーのプリペイドカードを利用する人は、いくつかの方法が存在します。まずは、現金でのチャージです。この方法は、チケットを購入してコンビニでチャージを行う方法と同様で、レジでの対応となります。スムーズにチャージを完了させることが可能で、プリペイドカードに入金してから、すぐに利用が可能になります。

また、現金以外の方法でのチャージにも、ウェブマネーのプリペイドカードは対応しています。この方法を選択する場合には、ウェブマネーのアプリの操作が必要になりますが、簡単な操作でチャージを進めることが可能です。ネットバンキングの口座やクレジットカードを使うことができ、情報を登録して紐付けすることですぐにチャージに入ることができます。

ウェブマネーのサービスを利用するにあたり、現金以外の方法を選びたい人は、数多く存在すると考えられています。そのため、このようなアプリを利用したチャージ方法も、非常に便利なものとして評価が寄せられています。

コンビニで発行したプリペイド番号を、カードに移動させてチャージを行う方法もあります。コンビニでのウェブマネーのチャージでは、16桁のプリペイド番号が発見されます。この番号をアプリで入力することで、手持ちのプリペイドカードに移動することが可能です。コンビニでチャージした残額を、カードに集約させたいと希望する人にとっては、最も良い手法として挙げられるのではないでしょうか。

ウェブマネーの使い方

ウェブマネーの使い方は、コンビニで発券した場合とプリペイドカードで少し異なってきます。どちらの方法も簡単に利用することができますが、若干使い方が違ってくるため、チェックしておく必要があるでしょう。どのようにウェブマネーの使い方で違いが出てくるのか、ここから見ていきたいと思います。

コンビニで発券したシートを利用する時

コンビニで発券したシートを利用する場合には、ネット決済時に支払い方法でウェブマネーを選択した後、16桁のウェブマネー番号を入力して決済に進みます。ここで残高が足りないとなった場合には、追加でウェブマネーのシートの情報を入力することで、対処することが可能です。

プリペイドカードを利用する時

プリペイドカードの場合は、ネットでの利用と実店舗での利用が想定されます。ネットで利用する際は、シートを利用する際と同様に情報の入力からスタートします。プリペイド番号の入力時には、カードの裏面に記された番号を入力します。コンビニで発券するプリペイド番号と入力するフォームは同一ですが、記載する情報自体は異なるものです。残高不足の場合には、決済に進むことのできないため、注意が必要です。

プリペイドカードを実店舗で利用する際には、クレジットカードで決済する場合と同様に、店員に渡しての決済となります。店舗によっては決済時に自筆での署名が必要になることも考えられます。ここでも残高不足ではない限り、正常に決済の完了する仕組みとなっています。

ウェブマネーのプリペイドカードを利用しての決済を行う際には、ネット、実店舗の両方で活用できる部分が特徴的です。特に実店舗では、クレジットの決済と同じ感覚で利用でき、買い物が便利に感じられるのではないでしょうか。

ウェブマネーの使い道

ウェブマネーの使い道は、非常に多岐にわたっています。日常生活で便利に利用できる可能性が高くなってきており、どのシーンでもウェブマネーを使った決済のできるところが魅力的です。

エンタメ系のサービスでの活用

ウェブマネーの利用できるジャンルとしては、エンタメ系が最も規模の大きなものとして挙げられています。動画の配信サイトや音楽配信のサービスでは、幅広くウェブマネーを利用して決済のできる環境が作られています。

多くの人がこうしたエンタメ系のサービスにおいて、ウェブマネーを利用するようになっており、支持を獲得する要因にも挙げられています。現在も新規にウェブマネーの決済に対応するサービスが見受けられており、エンタメ系での活用の幅がより一層広がると見込まれています。

オンラインゲームにおける活用

オンラインゲームのサービスでも、課金する際にウェブマネーの決済方法を取り入れることができるものが多く見受けられています。多くのゲームのジャンルで、このようなウェブマネーの利用できる状況が見受けられており、ゲームのユーザーが頻繁にウェブマネーを利用する動きも確認されています。

ポピュラーなオンラインゲームでは、以前からウェブマネーが普遍的に利用されてきていますが、その状況が現在に至るまで維持されています。そのため、身近に感じられる決済手段のひとつとして認識されており、決済の金額の規模も大きくなり続けています。

ウェブマネーのキャンペーン

ウェブマネーでは、提携するサービスや企業との共同でキャンペーンを実施する機会が設けられています。ウェブマネーの決済を利用することで、決済金額に対して一定の割合で還元されるキャンペーンや、プレゼントの当選するチャンスのあるキャンペーンなどが主立ったものです。

こうしたウェブマネーのキャンペーンは、期間限定で実施されるものが多く、特定の時期のみ展開されるケースが大半を占めています。随時新たなキャンペーンの展開される動きも見受けられているため、提携するサービスとの合同企画が頻繁に実施されます。ウェブマネーを利用するほどお得になるキャンペーンは注目される頻度が高くなっているのではないでしょうか。

今後はウェブマネー決済もっと増えていくだろうね
おすすめの記事