個人間送金アプリ3つを比較!Pring・kyash・LINEPayどれを使ったらいいの?

飲み会などがあると、個人間で送金したくなる事もあります。飲み会は割り勘になる事も多いですが、個人間送金アプリはおすすめです。アプリで個人に送金する事もでき、飲み会の参加者同士でお金を送ることも可能なのです。

個人間で送金できるアプリって探してみると結構あるよね

個人間送金アプリのメリットとは

飲み会などで割り勘にしたい時は、一応は現金という方法もあります。ただ現金ですと、小銭が煩雑に感じられる事もあるでしょう。1円や10円単位の細かなお金を小銭でやり取りするのは、少々面倒です。

手数料をかけずに送金したいなら、一応はネット銀行などの手段もあります。しかし飲み会の参加者は、全員がネット銀行の口座を持っているとは限りません。持っていなければ、送金できないでしょう。そうかと言って実店舗型の銀行ですと、振り込み手数料がかかってしまいます。

ところが個人間送金アプリの場合、アプリがあればすぐに送金できるのです。ネット銀行と同じく、振り込み手数料もかかりません。両者がアプリをインストールしている必要はありますが、スマホ1つで送金できるのは大変便利です。

しかも送金アプリは、お金を送るのもスピーディーです。実店舗型の銀行の場合、やや時間がかかってしまう事があります。銀行の窓口は昼過ぎには閉まってしまいますから、翌営業日まで待つ必要があるでしょう。アプリなら、即時送金が可能なのです。

Pringというアプリで送金する流れ

Pring

どうやって個人間送金アプリを使用するかというと、例えばPringというアプリがあります。事前にチャージした上で、送金するアプリなのです。例えばAさんがBさんに対して1,000円だけ送金したい時は、まず2人ともスマホにアプリをインストールする必要があります。そしてPringへの会員登録を行い、銀行口座も登録するのです。

ちなみにPringの場合は、本人確認もあります。銀行口座を登録する際に、本人確認を行う仕組みになっています。本人確認が完了したら、Pringにチャージします。銀行口座からPringの口座に資金移動して、お金を移動できる状態にするのです。ですから上記のAさんは、まずは銀行口座からPringの口座に1,000円分だけチャージしておきます。

チャージが完了したら

チャージが完了したら、Pringの「お金をおくる」というボタンをタップします。このアプリはSMSやQRコードなど複数の方法があって、自分が希望する送金方法を選択します。そしてアプリで具体的に何円送りたいかを入力して、この金額を送るというボタンをタップすれば送金完了です。つまりAさんとしては、アプリで1,000円と入力して、ボタンをタップするのです。するとBさんのアプリに対して、1,000円が送られてきます。
ちなみにBさんは、3日以内にお金を受け取る必要があります。受け取られなかった時は、Aさんに返金されます。

コンビニからの出金も可能なPring

ところでPringというアプリには色々なメリットがあるのですが、その1つは現金化です。他にも色々な送金アプリはありますが、中には現金化できないアプリもあります。お金だけは送られてくるものの、ATMなどで出金できないアプリもありますから、注意が必要です。

その点Pringというアプリの場合は、出金できます。コンビニに設置されているATMでも出金できるのは、とても便利です。
しかもPringは、出金する時に手数料はかかりません。他社のアプリですと、ATMから出金する時に数百円ほど手数料がかかる事もありますが、Pringは無料なのです。
ただメリットだけでなく、デメリットもあります。出金の最低額は1,000円であり、500円や700円など少額で出金する事はできません。

Kyashというアプリのメリット

Kyash

では数ある個人間送金アプリの中ではどれがおすすめかというと、その1つはKyashです。Kyashというアプリは、チャージ方法が多彩だからです。Kyashも、やはり事前にチャージしておく必要はあります。ただ上述のPringというアプリと違って、チャージ方法が沢山あるのです。

クレジットカード・デビットカードでもOK

Pringの場合、必ず銀行口座を登録する必要があります。ですから銀行口座が分からなければ、Pringで送金することはできません。飲み会のお店ですと、銀行口座が分からない事もあるでしょう。しかしKyashの場合は、クレジットやデビットカードでも構わないのです。銀行のATMからチャージすることもできますし、コンビニ店頭でチャージする事もできます。チャージ方法が多彩なのは、とても便利です。

それとKyashには本人確認のメリットもあります。上述のPringというアプリの場合、本人確認はほぼ必須になります。しかし確認の手続きは、やや煩雑だと感じられる事もあるでしょう。しかしKyashの場合は、わざわざ本人確認する必要もありません。
その他の特徴も、Pringとほぼ同様です。送金する時に手数料を徴収される事もありませんし、お互いにアプリさえインストールしておけば、すぐに送金できます。

Kyashのデメリット

ただしKyashにはデメリットもあって、実は出金機能はありません。このアプリの場合、受け取ったお金をATMから引き出す事は原則不可能なのです。Pringのように、コンビニから出金することはできません。受け取ったお金はどうやって使えば良いかというと、対応している店舗での支払いです。

Kyashにはバーチャル型の支払いサービスがあり、ネットショップなどの決済で活用することはできます。またプラスチック型のカードが発行されていれば、VISA支払いに対応している実店舗で支払う事はできます。ですからKyashは、クレジット払いは可能です。しかし現金を引き出しする事はできません。

LINE Payもおすすめ

LINE Pay

その他のおすすめのアプリは、LINEペイです。LINEはメッセージのやり取りなどで活用されているアプリで、友達とのやり取りで活用している方も多いですが、送金機能もあります。上記のAさんとBさんがLINEペイのアプリをインストールしていれば、やはり随時送金できるのです。

幸いにも、今や大多数の方々はLINEをインストールしています。すでにインストール済みなのですから、送金のやり取りも比較的スムーズです。またLINEペイは、チャージ方法も多彩なのです。主要なコンビニでチャージする事ができますし、銀行口座からチャージすることも可能です。LINEペイカードというチャージ方法もあります。なお送金する際には、手数料はかかりません。上述のKyashやPringと同じく、手数料無料になります。

LINEペイの主なデメリット

LINEペイの場合、現金化する時には手数料はかかります。Pringのように無料ではありませんから、注意が必要です。LINEペイの場合、1回につき税抜き200円の手数料がかかります。ですがKyashと違って、出金不可能ではありません。200円だけ手数料はかかるものの、ATMから出金できるのは、とても便利です。

それとLINEペイは、本人確認も必要です。Pringと同じく確認の手続きはありますから、若干面倒であると感じられるかもしれません。しかし本人確認が行われる方が、かえって安全です。万が一の悪用などを考慮しますと、厳重に本人確認を行ってくれる方が安心という声もあります。セキュリティ性を重視したいなら、おすすめです。

アプリごとにちょっとした違いがあるんだ、現金化できないのもあるけど皆現金化したいのかな・・・
おすすめの記事