スマホカメラで翻訳したいならGoogle翻訳アプリを使うのがおすすめ!

英語の文章を読むときなんかにはいちいち翻訳にかけてっていう作業をしますよね。翻訳の精度も結構すごくてGoogle翻訳にはお世話になっていることでしょう。でも、今見ているものを即座に翻訳したいっていう時どうしていますか?

Webページなら簡単に翻訳してくれるけど・・・っていうところなのではないでしょうか。

自分が今見ているものを翻訳して欲しい時にもGoogle翻訳は使えるんです。カメラで映したものを翻訳してくれるんです。しかもリアルタイムでも保存した画像の翻訳も可能という優れものです。この記事ではそのGoogle翻訳アプリの使い方をちょっと紹介していきます。

Google翻訳ってカメラでも使えるの・・・?

Google翻訳でカメラを使った翻訳を行う

Google翻訳をダウンロード

まずはgoogle翻訳をダウンロードします。

Google翻訳起動

アプリをインストールしたら起動しましょう。Google翻訳というと文字を入力してその文字を翻訳してくれるイメージがあるけど、ここで選択するのは「カメラ入力」。カメラ入力を選択するとカメラが起動する。

起動したカメラを翻訳したい文章に当てると勝手にアプリが翻訳してくれるという感じです。翻訳したい言語を変えたかったら、上部に表示されている言語をタップすれば変更することができます。
英語の文字をカメラで見てみると翻訳してくれますね。リアルタイムで速度も速いしこれはなかなか使える。

保存した画像の翻訳もできる

リアルタイム翻訳だけじゃなくてもちろん保存した画像の翻訳をすることもできる。カメラ入力→インポート→翻訳したい画像を選択。これで保存した画像を解析して翻訳してくれます。

翻訳したい部分を指でなぞればその部分が翻訳されるので、色々指でなぞってみるといいでしょう。

Google翻訳には手書き入力・会話・音声の翻訳もできる

アプリを開いたのならわかると思うけど、手書き入力や会話・音声の翻訳をすることもできます。もちろん普通にテキスト入力して翻訳もできる。ここまでできるならほとんどの翻訳はGoogle翻訳のアプリを使っておけば間違い無いんじゃないかなと思いますよね。
色々試してみると結構面白いですよ。
Google翻訳の力すごいな・・・
おすすめの記事