【NikonのD7500レビュー】一瞬を確実に切り取ることができるカメラ!

自分の子供の成長記録をカメラで撮影したい人は大勢いるのではないでしょうか。でも、スマートフォンやエントリーモデルのデジタルカメラでは薄暗闇の撮影でブレてしまったり、笑顔を取り損ねたりしたりと悔しい気持ちになることがあります。今回、そんなあなたにオススメのミドルクラスの一眼レフカメラ Nikon D7500をレビューしてみましたので、ぜひとも参考にしてみてください。

Nikon D7500か、さあどんなもんだろうか

ついにD7500を購入してみた

NikonのD7500は2017年6月に発売されたAPS-Cサイズの一眼レフカメラであり、ミドルクラスのユーザーを対象としています。主な特長としては、高性能画像処理エンジンEXPEED5の搭載による高感度耐性や最高約8コマ/秒で50コマまでの高速連続撮影、チルト式3.2型画像モニターによるアングルの自由度などがあります。

つまり、暗い所でも綺麗な写真が撮影できる、長時間連射撮影ができる、いろんな角度から撮影できるカメラということになります。

D7500の外観

さすがにミドルクラスの一眼レフだけあって、エントリークラスのD3300と比較するとかなり大きくなりました。重量もボディだけで640gと500mlペットボトル以上の重さです。

筆者の場合は、元々D3300は出張などのお供として購入したので、これからも同じように使って行くことになりそうです。一方、D7500は家の中での撮影や気合を入れた旅行・外出時の撮影に持っていくことにしました。

D7500の良い点


視野率100%のファインダーは地味に良いです。今までのD3300では視野率95%ということで、ファインダーで覗いた景色の一回り大きな範囲が映ることになり、あとで現像した時に不要なオブジェクトが映り込んでいることが多々ありました。また、周囲にオブジェクトが入らないように予測しながら撮影するのもなかなか面倒に感じていたのです。

その点、D7500ではファインダーで覗いたままの景色が現像されてくるので、余計なストレスがなくなり、前よりも撮影が楽しくなりました。

もう一つ外せないのが、チルト式モニターの搭載です。カメラ本体は水平でも背面の液晶画面を傾けることで超ハイアングルから超ローアングルまで撮ることができます。寝そべったり、三脚に乗ったりする必要がなくなり、撮影が容易になりました。特に育児中は、抱っこ紐で子供を抱えながらの撮影となる場合が多いので、この機能の恩恵に預かれるシーンは多いと思いますよ。

D7500のいまいちなところ

他の記事で良く挙げられる点としてはメモリーカードのスロットが1つしかないことです。2つスロットがあれば撮影量を気にする必要がなくなったり、1枚はRAWデータでもう1枚はJPGでバックアップしたり、といった使い方が出来るようになります。

これは従来機のd7200からD7500に移行する際に削除されてしまった機能の一つです。2スロットにより、利便性が向上するという人もいるとのことですが、一般の人が使う分には1スロットでもそれほど困らないことが分かりました。

早速D7500を使用して撮影!

子供の貴重な瞬間を逃さない

コロコロと表情が変わる我が子を撮影するのは非常に難しいですよね。笑顔の瞬間を撮影した!と思ったら、泣き顔だったり、半目だったりということはよくあります。Nikon D7500を使用してみたところ、その最高約8コマ/秒の連続シャッターにより、一瞬の表情を逃さず撮影することができました。これなら後から悔しい思いをすることなく撮影に専念することができそうです。

また、静音設計のシャッター音も一つの利点です。特に新生児期の子供は少しの物音に反応してしまうものです。写真を1枚撮ったために、起こして泣いてしまうこともあります。寝てる姿を確実に撮りたい、色んな角度から撮りたい、撮った後も寝かせて置きたい、そんな時にはシャッター音が静かで助かることも多いかと思います。

SnapBridgeでSNSへ簡単投稿

撮った写真は皆で共有したいと思うものです。Nikon D7500はSnapBridgeを搭載しているので、撮影したばかりの高画質な写真をすぐにスマートフォンへ転送することができます。
さらに、スマートフォンからSNSへ投稿することで、遠く離れた場所にいるおじいちゃんやおばあちゃんにもすぐに孫の顔を見せることができることでしょう。また、ママ友同士の相談や友人への近況報告にも使うことができそうです。

安心の防塵防滴

子育て中は何においても子供が優先になってしまうものです。例えば、急に雨が降ってきたとき、今まではカメラを胸に抱えて守りながら走って車まで避難していました。でも、これからは子供を守りながら走って避難する必要が出てきます。当然、カメラは濡れっぱなしとなりますので、防塵防滴機能があると雨の降りそうな日でも安心して持ち出すことができます。

おわりに

エントリークラスからの買い替えに最適なカメラ

エントリークラスの一眼レフは入門機としては十分ですが、その分不便な点もあるものです。Nikon D7500は写真撮影をさらに便利に、さらに楽しくするために十分過ぎるほどの機能が搭載されています。

子供の成長にはイベントがつきもの

名前のついているイベントだけでもお七夜、お宮参り、お食い初め、ハーフバースデー、1歳誕生日、雛祭り、端午の節句、七五三、入園式、卒園式などなどがあり、それに加えて初めての〇〇といった日常と、子供に関してはカメラで撮影して未来に残しておきたい瞬間が盛りだくさんです。

人生の転機に購入したいカメラ

Nikon D7500はレンズキットで新品が11.4万円、中古品が10万円程度(2019年7月現在)と普通のカメラやスマートフォンと比べるとやや高いお値段となります。それでも子供の成長は一生に一回だけ。その一瞬を確実に取ることができるD7500はお値段に見合った価値があると思います。パートナーの妊娠が分かった、出産して親になったというような人生の転機に購入してみるのはいかがでしょうか。

結構良さそう
おすすめの記事