XaaSとは?メリットとデメリットを紹介!

XaaSとは、SaaS(Software as a Service)やPaaS(Platform as a Service)といった、ソフトウェアやプラットフォームを所有することなく、サービスとして利用するクラウドサービスの総称です。ほかにもIaaS(Infrastructure as a Service)やDaaS(Desktop as a Service)といったサービスも存在します。

なんとかaaSっていうの多いよな

身近にもXaasはある

クラウドやサービスと書かれると難しく感じることも多いですが、XaaSは我々が普段使っているツール類等にも多く存在しています。

Gmailは?

例えばGoogleが提供するGmail、スマートフォンではアプリとして使うことが多いかもしれませんが、パソコンからはウェブブラウザを介して利用するインターネットサービスです。インターネット上で、メールソフトウェアをウェブサービスとして利用することから、GmailはSaaSの1つであると言えます。

他にも、従来はソフトウェアとして購入しインストールして使っていたものの多くが、インターネット上でウェブサービスとして提供されています。Google翻訳などもその1つです。最近では、MicrosoftのOfficeも、Office web appとしてウェブブラウザ上で利用できるようになっています。

企業での利用がメインのものも

SaaSのほか、PaaSやIaaS、DaaSといったウェブサービスは一般個人での利用より、企業での利用がメインです。各企業がこれまで自前で用意していたサーバ類を、クラウド上のプラットフォームサービスに置き換えたものが、PaaSです。最も有名なものはAmazonがAWS(Amazon Web Service)で提供しているEC2(Elastic Cloud Computing)です。

laasとは

単にサーバをクラウド上に配置しただけでは、企業がシステムとして利用することは難しいため、ネットワークやデータベースといったシステム構築には欠かせないものもサービスとして提供されており、これらをIaaSと呼びます。

IaaSは先ほどのAWSの他、MicrosoftのAzure、GoogleのGCPといったものが有名です。各IaaS内ではIaaSだけでなく、仮想サーバサービスやデータベースサービスといったPaaS、DNSサービスやコンテンツキャッシュサービス、システム監視サービスといった数多くのSaaSが提供されていることが普通です。利用者はこれらを組み合わせて、使いたいシステムを構築していきます。

XaaSのメリット

XaaSを利用するメリットはどのXaaSかで変わってくるので、それぞれで解説したいと思います。

場所を選ばずに利用できる

まず、SaaSのメリットはこれまで、ローカルコンピュータの中でしかできなかった作業が、インターネットにさえ接続できれば、どこでも実施できることです。

例えば、メールを自宅や会社のデスクトップパソコンで受信している場合、このメール内容の確認は、そのパソコンがあるところでしかできません。しかし、これがSaaSに置き換わると、自宅や会社だけでなく、移動中やWi-Fiサービスのある喫茶店、宿泊先のホテル等でも同じメールを見ることができます。メールだけでなく、クラウドストレージサービスを利用していれば、ウェブブラウザ上でファイルを編集をしたり新たに作成することができます。

このようにこれまでソフトウェアとして利用してきたツールがSaaS化することで、場所や端末を選ばずに利用できるようになることがSaaSの最大のメリットです。

コスト削減

次に企業での利用がメインの、IaaSやPaaSを利用する最大のメリットは、コスト低減です。

通常、企業がシステムを導入する際は、

  • 必要な機器の検討
  • 導入機器の搬入・据え付け
  • 環境構築、システム開発
  • 保守

といった項目を検討する必要があり、それぞれに人件費・調達費用が発生します。しかし、PaaSやIaaSを利用することで、これらのコストを大きく下げることが可能となります。可能となる、と書いたのは、IaaSやPaaSでは、構成や利用方法によっては、従来のオンプレミス型のプラットフォーム費用と変わらないこともあるからです。

PaaSやIaaS提供事業者によって細かい料金や課金条件は変わってきますが、大きな特徴は、サービス利用時間に応じて料金が発生するということです。一般的な企業等の場合、サーバリソースを利用する時間帯のメインは日中で、夜間はほとんど利用されなことが多いでしょう。

利用するときだけ料金発生

PaaSの場合、こういった利用しない時間帯にサーバの電源を落としておく(リソースを開放しておく)ことで、課金が停止するため、コストを節約することができます。また、サーバを新たに導入したい場合も、既存のサーバを簡単に複製したり、自動拡張サービスによる負荷に応じたオートスケーリング等もあるため、運用開始後のメンテナンスコストや、高負荷によるトラブル等も抑止することができます。

災害発生時の対策

また、昨今、自然災害等の大規模災害発生時に備えるため、DR(Disaster Recovery:災害復旧)サイトを遠隔地に設けることも多くなっています。従来、DRサイトを構築するためには、本運用システムと同じシステムを遠隔地に構築することになるため、莫大なコストが必要でした。しかも、通常時は使われないことが多いため、経営者によっては無駄な費用と考える人も多いのが現状です。

しかし、多くのIaaSでは、リージョン内で数十キロ程度離れた場所に複数のデータセンタを構築しており、これらが高可用性を保持しているため、利用者は災害対策そのものを検討する必要がありません。どうしても必要であれば、リージョンを跨いだ構成にしておくことで片方のリージョンが壊滅するほどの災害が発生しても、もう片方のリージョンでサービスを提供することができる構成になっています。

また、Deeplearningといった機械学習系のコンテンツが流行りだしたこともあり、個人でのPaaS利用も増えています。機械学習には、高性能なハードウェアスペックが求められるため、個人でこれらを用意するには初期コストがかかります。しかし、PaaSを利用することで、高性能なハードウェアリソースを1分や1時間単位で安価に利用することができるようになりました。

XaaSのデメリット

セキュリティリスク

XaaSのデメリットは、インターネットに接続して利用するため、提供しているサービスを理解しないとセキュリティリスクが付きまとうという点です。もちろん、サービスの仕様を正しく理解していれば、セキュリティリスクを低減することは可能ですが、中途半端な知識や間違った知識で利用すると、大きな被害を生むことになります。

例えば、あるIaaSサービスにて、仮想サーバを起動する権限を持つIDとPASSが、ソースコード管理のSaaS上で公開状態にあったため、その権限を利用して膨大な仮想サーバを立ち上げ、仮想通貨の発掘に利用されたという事件がありました。
XaaSは便利なサービスである一方、だれでも簡単に利用ができるため、ITリテラシやセキュリティ意識が低いユーザが利用すると、その脆弱性をついて第3者に悪用されることを十分認識しておく必要があります。

利用できなくなるリスク

もう1つ認識しておかなくてはならないデメリットは、SaaSにしろ、IaaSにしろ、サービス提供業者が、そのサービス提供を終了したら利用ができなくなるリスクがある、という点です。現在の大手XaaS提供業者がいきなり事業終了することはそうそうないと思いますが、企業の基幹システムをクラウドサービスで構築する場合は、こういったリスクも考慮したうえで、どこまでをクラウド化し、どこまでをオンプレミスで残すか、といったことも検討が必要です。

クラウドの普及でアプリケーションの設計なんかも変わっていってるんだね

 

おすすめの記事