スマートウォッチを使った血圧測定の仕組みと精度ってどうなっているの?

スマートウォッチを持っている人なら分かる通り、血圧測定の機能がついたものって多いですよね。割と安いものでもついているので、血圧って結構簡単に測定できるのかな・・・と思ってしまいます。でも、スマートウォッチでの血圧測定方法は普通の血圧測定方法とはちょっと違うようですよ。

スマートウォッチの血圧測定ってどうやってるんだ

スマートウォッチでの血圧測定の方法とは?

スマートウォッチを使っての血圧測定は、手首の血流を基にして数値を算定する方法となっています。スマートウォッチを腕につけて、血圧の測定の機能を選ぶだけであるため、非常に簡単に血圧を確認することのできる点が特徴です。

通常の血圧の測定は、原則として腕に測定用の器具を取り付けて調べることが多いです。しかし、スマートウォッチを使った血圧の測定時には、手首で血圧を調べて数値を出すことが標準的であることから、その部分が少し異なっていると言えるでしょう。

これまで実施されてきた血圧の測定方法に比べると、非常に簡単に実践できるところが利点として挙げられています。そのため、多くの人がスマートウォッチを利用して、血圧の測定を進めることにも繋がっています。

どのスマートウォッチにも血圧測定機能はあるの?

血圧測定についての機能は、Apple watchを始めとして、多くのスマートウォッチに搭載されています。ヘルスケアに関するツールや機能がいくつか取り入れられている中で、血圧の測定を簡単に行える機能も付属しています。そのため、スマートウォッチを持つ人は、いつでも血圧のチェックを行うことができ、簡単に数値を知ることができる点がメリットです。

健康管理を目的に、スマートウォッチで血圧を調べるという人は数多く見受けられています。腕にウォッチをつけた状態で簡単に血圧が調べられ、そのデータを有効に利用できるところが評価されることにも関わっています。このような特徴は、維持されると考えられていることから、スマートウォッチを使っての血圧の測定は、より簡単に実現できるとも見込まれています。

どのように血圧が測定されるの?

血圧を実際に測定する際の流れは、スマートウォッチによって異なります。標準的なApple watchなどのウォッチでは、血圧を直接調べるのではなく、血管から反射してくる光から血圧を推測するという方法になります。

血流に対して緑色の光を当てて反射させ、その反射のドアによって血圧がどの程度になるかを算定するため、簡単に血圧を知ることができます。血圧が高くなるほど、この反射の度合いも大きくなることが一般的であることから、測定時にも参考とされることが多いです。単純に血圧を測定する方法とは少し異なるものの、光の反射度合いからの血圧のチェックのできる点は、これまでにない手法として認識されています。

医療系のものも

また、スマートウォッチの中には、医療系のツールの割合が多いものも存在します。セルフメディケーションを目的に作られたスマートウォッチであり、より血圧の測定についても精度を高めることが目指されています。このような医療系のスマートウォッチは、本体に空気袋が付けられています。

血圧測定時にはこの袋が膨張して、一般的な血圧測定に近い状態で計測を進める仕組みとなります。また、測定の際にはスマートウォッチを付けた腕を心臓の近くまで持っていきます。そうすることで、脈拍をチェックしながら、血圧を確認できる仕組みとなっています。

スタンダードなスマートウォッチに比べて、計測の方法やスタイルには大きな違いがあり、少しでも正確にデータを知ることのできるように意識されています。こうした計測の在り方で、簡単に血圧のデータを採取することができます。

スマートウォッチで血圧測定をする際の精度は?

スマートウォッチを使って、血圧を測定する際には、どの程度の正確性や精度が期待できるのかは重要なポイントです。現在では、一般的なスマートウォッチと、やや医療系のツールにシフトしたウォッチでは、精度にばらつきがあると考えられています。それぞれの精度やその特徴について、見ていきましょう。

一般的なスマートウォッチは大まかな数値として参考になる

一般的なタイプのスマートウォッチは、精度がとても高いわけではありません。そのため、ある程度は数値にブレがあるものとして認識し、参考程度にとどめておくことがベストとされています。計

測方法が、ダイレクトに血圧をチェックするものとは少し異なっており、算定される血圧の数値に関しても、参考程度にすることが望ましいと考えられています。全くあてにならない訳ではありませんが、毎日の血圧測定でこのようなスマートウォッチを利用する際には少し注意が必要です。

算出される数値に関しては、精度の面では少し下がってしまうものの、やはり簡単に計測できる部分が大きなメリットとなっています。普段の生活に気を配る人にとっては、気軽に利用できるところが利点となり、活用することも推奨されるでしょう。

医療系のスマートウォッチは精度が高い

一方で、医療系のスマートウォッチは、計測される血圧の数値は精度が高い傾向にあるとされています。現在では、複数のヘルスケアに特化したスマートウォッチが売られていますが、その多くが精度の高い結果が出ると考えられています。

血圧の上下の数値共に、一般的な方法で血圧を測定する際と類似した結果が出るという評価もあるため、その点では安心して測定できるのではないでしょうか。通常のウォッチよりも、少し計測までは時間が掛かるものもありますが、正確に血圧のデータを算出できる部分が大きなメリットとして挙げられています。

このような特色を持ったウォッチの存在は、種類が多くなり始めています。少しでも精度の高い結果を知りたいと考える人は、このタイプのスマートウォッチの購入を検討することがオススメされます。

測定した血圧のデータは確認できる?

スマートウォッチで測定した血圧のデータは、基本的にそのウォッチで確認することが可能です。血圧の推移や直近で測った数値などをチェックすることが可能であり、健康管理に役立てることができると考えられています。

ウォッチの操作自体が簡単なものが多く、スムーズに血圧の情報を調べることができるとされています。過去の血圧のデータを比較しながら、現状ではどの程度の数値なのかを確認したり、血圧が高くならないように対策を考えたりすることにも役立ちます。

また、スマートウォッチによっては、データをパソコンやスマートフォンで確認できるものも存存在します。このような形式で血圧のデータを調べることができると、より分かりやすく血圧の推移を確認できるのではないかと考えられています。スマートウォッチの画面上で簡単に確認する方法と、他のデバイスに転送して確認する手法が並立しており、確認する際には魅力的に感じられるのではないでしょうか。

スマートウォッチによって精度の変わる血圧の測定結果

血圧をスマートウォッチで計測する時には、そのウォッチの種類によって大きく変動するのではないかと考えられています。標準的なタイプのスマートウォッチは、血流に光を当てて反射させる方法の調べ方となるため、参考程度の結果として認識することが望ましいとされています。そのため、精緻な血圧の測定結果を知ることよりも、簡単に血圧をどこでもチェックできるというメリットが強く見受けられています。

一方で、メディカル系のスマートウォッチでは、計測方法も本格的であるため、算出される結果も正確性が比較的高いのではないかと評価されています。計測には少し時間が必要になってしまうものの、精度の高い血圧のデータを蓄積することができると期待されています。

精度という面で比較すると、メディカル系の機能に特化したスマートウォッチが優れていると言えます。同じスマートウォッチでも、特徴によってはこのように計測結果の精度が変動していくという部分が特筆するべき部分になります。自分の持つスマートウォッチがどのようなタイプであるかを確認し、正確性に長けているのかどうかを判断することが求められるのではないでしょうか。

一般的なスマートウォッチの血圧測定結果は参考程度か
おすすめの記事