スマホの熱くなる原因と対処法

スマホが熱くなる原因

季節

通常の状態では、季節の温度変化だけではスマホが熱くなるということはありませんが、例えば、真夏は30度以上の気温が続きますからそのような時にスマホを使い続ければスマホが熱くなる原因になり得ます。

短時間での使用であれば、それほど問題ありませんがスマホを使用するだけでも熱を発しますのでさらに、気温が高い状態が連日のように続くとスマホにもダメージが生じる可能性があります。そのような場合は、スマホを少し休ませるということが必要でしょう。

今回はスマホが熱くなる原因ですが、例えば冬は気温が低くなりスマホも若干電源が入りづらくなる場合があります。スマホだけではなく電化製品はどちらかと言うと気温が低い場合に影響されることが多いです。
しかし、気温が高いところに強いということでもありませんのでスマホをある程度休ませるということは必要です。

場所

スマホが熱くなる要因として一番多いのが場所による影響です。スマホは、バックの中に他の荷物と一緒に持ち運ぶことが多いです。バックの中は色々なものが密集していますので、温度が逃げにくい場所になっています。

例えばスマホの電源を入れぱなしの状態でバックの中に長時間入れておくとその熱が逃げることなく溜まっていき、発火する恐れも十分考えられます。

実際、電車の中でスマホが発火し 、バックが燃えてしまった事故が日本でも報告されています。真夏ではなくても、熱が逃げなければ発火する恐れは十分考えられますのでスマホの電源は必ず切ってからパックの中に入れるようにしましょう。

次に多いのが、車の中です。真夏では、車の中は50°以上に達します。その中にスマートフォンを長時間置き続ければ、非常に危険です。家の中でも危険は潜んでいます。

スマホで情報を得ながら料理をする人も多いのではないでしょうか。スマホを見ながら料理に集中しすぎて、レンジがコンロの近くにスマホをおきっぱなしにしてしまうこともあります。このような行為は大変危険なので、熱がこもる場所にはスマホは置かないよう心がけましょう。

長時間の使用

一般的に電化製品は長時間使い続けると熱を持ちます。スマホは、電話だけではなく情報収集やインターネットショッピングゲームだど一台で全て出来てしまいます。

だからこそ、長時間使用を続けてしまう要因にもなっています。電化製品は長時間使い続けると、やはり熱をもってしまいますのであまりスマホに負担をかけないように時間を決めて使用する必要があります。

スマホが最近使いづらくなった、トラブルが多くなったというのは案外、長年長時間使い続けたことによることが原因の場合もあります。スマホは、決して安いものではありません。できるだけ長く利用できるように、たまには休ませるなどの工夫が必要です。

劣化

電化製品は、やはり使い続ければ劣化を生じます。スマホ自体も使い続ければ、色々な箇所が具合が悪くなってくることは
ありますが、一番劣化が早いのはバッテリーです。

バッテリーは、物にもよりますが数年経つと充電に時間がかかってしまったり早くなくなってしまいます。それは電化製品の宿命ですが、バッテリーが劣化すると充電に時間がかかることでスマホに大きな熱が長時間さらされることになりますので、故障の原因になります。

できればバッテリー交換をするのが一番良い方法ですが、バッテリーを交換を躊躇ってそのままの状態で使用している方がほとんどでしょう。やはりこのような場合が続けば、最悪の場合火災につながる場合もあります。

大きな負荷がかかっている

アプリを使用するときに、ダウンロードするでしょう。アプリによってその容量は違いますが、アプリの機能が高ければ容量が大きくなってしまいます。スマホに内蔵されている容量も決められているのでかまわず入れてしまうと、そのアプリを作動させるのに非常に大きな負荷がかかってしまうのです。スマホの利用できる容量は実際よりも少ないので、それを知らずにいっぱいいっぱい入れてしまうと熱を持ちやすくなってしまい、また長時間の使用と重なり故障の原因になってしまうのです。

熱くなるスマホの対処法

休憩を挟む

スマホは万能なものですが、耐久性が万能なわけではありません。電化製品、特に精密機器は精密なので壊れやすいというのが欠点です。最近はスマホも衝撃の強い商品も出てきましたがやはり限界はあります。

高いところから、固い地面に落とせば十分故障につながる要因となります。ですからスマホは、大変デリケートなものと考えなくてはなりません。あまり乱暴に扱うと壊れてしまうんだという認識をもつ必要があるのです。人間も必ず休息をとるはずです。大切なスマホにも休憩を挟んであげましょう。

充電のタイミングを考える

長時間使用して、バッテリーがなくなったと思いすぐに充電器を使用し充電を行う方は多いと思います。しかしこれは大変危険な行為です。長時間使用することでスマホに熱が溜まっているにも関わらずさらに充電で大きな熱を与えてしまうことは非常に危険です。

長時間使用したら、必ず電源を切って休ませてから充電を行うようにしましょう。また10年を行う際に、周りに熱を発するようなものがないか確認するのも非常に重要です。

とにかく充電は、かなりの熱を溜め込みますので周りに何もないかを確認してから充電するようにしましょう。

充電はできるだけ夜に行うとトラブルが防げる

その季節にもよりますが、大概の場合は人間は昼行動します。必ず電気を使いますので一度に何本ものコンセントを繋いでしまうこともあるでしょう。コンセントが複数あるからと言って、全てつないでいいわけではありません。

使用できるワット数は限られてますので、今使われているワット数を考えながら繋げなければなりません。しかし、ほとんどの方がたくさんのコンセントのある中でスマホの充電をされているようなのです。

少し時間をずらして、スマホの充電をするとトラブルが少ないです。例えば夜は、人間の休息時間なので電気を使う機会も少なくなります。余裕のある時間帯でスマホの充電を行い、スマホ使用する昼には充電が満タンの状態であると良いでしょう。

スマホの周りに何も置かない

スマホの周りにはできるだけ何も置かないのが一番良いです。スマホを使用する場合は、熱を発しますのでできるだけ熱の逃げ道を作ってあげなくてはならないのです。

スマホの周りに何かあれば、すぐに熱が溜まってしまいます。スマホは手のひらサイズなので、それに気付かずにタオルの上に置いてしまうことも多いのではないでしょうか。布などは熱を溜めやすく、また布自体も燃えやすいので
火災に繋がってしまう恐れもあります。

スマホにはスマホケースというものがあり、デザインや衝撃吸収など大変便利なグッズです。スマホの関連商品なので、このまま使用しても問題はないと考えている方も多いと思いますが、基本的にはスマホを使用するときは単体で使用するものと考えられています。

長時間使用するのであれば、ケースは外して使用することをお勧めします。また充電であっても、スマホをケースから外して充電するようにしたほうがスマホに熱がたまらず安全に充電することができるでしょう。

他にも様々な対処法はありますが、全てに共通して言えるのがスマホを大切に扱えば、それだけ長持ちをするということなのです。買ったばかりのスマホがすぐに使えなくなってしまうのは非常に残念です。そうならない為にも、スマホに愛情をもって接するようにしましょう。

おすすめの記事