【PC・iCloud】iPhoneのバックアップ・復元方法

パソコンやタブレット、スマートフォン、iPhoneといった機械は遅かれ早かれいつか必ず壊れてしまうものです。そのときに一番怖いのは中のデータが失われてしまうことでしょう。そんなときのために端末内のデータを別の場所に保存しておきたい、そうバックアップです!

いつ自分のiPhoneのデータが吹き飛んでもいいようにバックアップを取って準備しておきましょう。この記事ではiPhoneのバックアップ方法を書いていきますよ。

バックアップの目的

バックアップしておく目的は、先にも書いた故障したときのためにデータを保存しておくということと機種変更したときにデータ移行すること。故障して電源が入らなくなった端末から個人がデータを取り出すことは不可能でしょう。データ抽出(サルベージといいます)のための業者は存在しますが、有料ですし100%救出できるとは限りません。

そのときに備えてあらかじめバックアップを作成しておくと安心。機種変更の場合も、購入した端末に古い端末の連絡先やメモやカレンダー予定などのデータを1件ずつ手入力していくのは相当面倒ですよね。バックアップをとっておけば古い端末でどこかに保存しておいたバックアップデータを、新しい端末にダウンロードすればそれで完了、楽です。

バックアップにはどんなデータが含まれるのか

バックアップに含まれる項目は、「連絡先」「スケジュール帳(カレンダー)」「写真」「(一部)アプリのデータ」といったデータ。どれも大事なものです。写真なんてその時だけのものですからね、ちゃんと管理しておきたいものです。

iPhoneのバックアップ方法

iPhoneのバックアップ方法は大きく分けて以下の2つ。

  1. パソコンの中に保存する
  2. iCloudに保存する

ネット接続可能なパソコンを持っている人はパソコンに保存しておくのもいいでしょう。もし持ってなくともWi-Fiに接続いただければiCloud上にバックアップ可能です。もちろんパソコンとiCloud両方にバックアップしておくのもいいですね。

パソコンの中に保存する方法

パソコンがMacであれば「iTunes」がもともと入っています、あの音符マークのやつ。見当たらなければSpotlight検索するか、アプリケーション内から音符マークを探してみましょう。

 Spotlight検索は「command + space」押すと検索バーが出てくるから、そこで検索したい内容を入力するとパソコン内のものを検索できるよ。

WindowsはもともとiTunesが入っていないので「iTunes」で検索の上インストールしてください。インストールが完了しiTunesを起動したら、充電ケーブルでiPhoneとパソコンを接続します。このコンピュータを信頼しますかと出たら「信頼する」で進みましょう。

するとiTunes画面左上あたりにiPhoneの絵のアイコンが現れます。アイコンを押すとiPhone情報(最大容量や電話番号、シリアル番号など)が表示される画面が出てきます。バックアップという大きな項目の中に「今すぐバックアップ」というボタンがありますので押すとバックアップ作業が開始されます。

このときiPhoneのバックアップを暗号化することも可能ですが、自分で決めたパスワードは絶対に忘れないでください。データを戻せなくなります(Appleに相談してもムリです)。今すぐバックアップのボタン下の「最新のバックアップ:このコンピュータ:今日××:××」のところの日時が更新されていればバックアップ完了となります。

iCloudに保存する方法

iCloudに保存する方法はカンタンです。自宅のWi-Fiやその他のWi-Fiに接続した後「設定>(一番上の)名前かメールアドレス>iCloud>iCloudバックアップ>iCloudバックアップのスイッチを緑色のオンにする(もしくは今すぐバックアップを作成を押す)」あとは待つだけとなります。

端末内のデータ量とネット回線の混雑状況に応じてバックアップは相応の時間がかかります。どうにもならないので待ちましょう。データを戻すとき必要なので、この時点で自分のAppleID/パスワードは必ず確認しておき忘れないようにしてください。

またiCloudは5GBまでのバックアップデータしか保存できません。もし5GBを超えるデータを保存したい場合はどうすればいいか、またiCloudにバックアップするとはどういう仕組みかはこの先でちょっと。

iCloudバックアップの仕組み

クラウドサービスとどこかで聞いたご経験はあるでしょうか。ネット上にデータを保存したり、そのデータを他の端末で共有できるようにするのをクラウドサービスといいます。iCloudもクラウドサービスの一つです。サービス提供元はもちろんApple。世界のどこかにあるAppleのデータセンターに、自分のiPhoneのデータを保存しておくのが「iCloudバックアップ」ということになります。

AppleはiCloudの容量をひとつのAppleIDにつき5GB無料提供しています。バックアップデータは一つのカタマリなのでAppleIDをいくつも作成して分散させて保存することはできません。では5GBを超えた場合どうすればいいでしょうか。

iCloudバックアップが5GBを超えるとき

端末のバックアップデータが5GBを超える場合、「iCloudストレージの容量が不足しています」というメッセージが出て「ストレージをアップグレード」するか「後で行う」かの二択がでてきます。ストレージをアップグレードとは「月額料金を払って無償提供分5GBの容量をもっと増やしますか」という意味です。

2019年7月現在で50GB(月額130円)、200GB(月額400円)、2TB(月額1300円)のプランが用意されています。ちなみに50GB(月額130円)にアップグレードした場合、iCloudストレージ容量は無料提供分5GBと合わせて55GBになるのではなく、50GBになりますのでご注意ください。ストレージを購入するのはちょっと...という場合はパソコンの中に保存するか、バックアップする項目を選択しましょう。

iCloudでバックアップする項目を選ぶ

「設定>(一番上の)名前>iCloud>ストレージを管理>バックアップ>このiPhone」を押すと、アプリ名とスイッチがずらっと並びます。アプリ名の横のスイッチが緑色のオンになっているものがバックアップされるデータなので不要なものはオフにしましょう。「次回作成時のサイズ」が5GB以下になったら再度バックアップを試してください。

また「設定>(一番上の)名前>iCloud>ストレージを管理>バックアップ」にこのiPhone以外の不要なバックアップデータがあれば削除してしまうのもいいでしょう。さらに不要な動画や写真があれば削除し、もしそれでも減らないようでしたらストレージをアップグレードするか、パソコンでの保存を検討してください。

バックアップデータをiPhoneに復元するには

ではここまでバックアップ作成方法について案内してきたので、ここからはiPhoneにバックアップを戻す方法をご紹介します。バックアップを端末に戻すことをAppleの言葉で、「バックアップを復元する」という言い方をしますので覚えておいてください。

パソコンの中に保存したバックアップをiPhoneに復元する

途中まではバックアップを作成した手順と同じです。iTunesを起動し、iPhoneとパソコン(Mac)を充電ケーブルで接続します。またこのコンピュータを信頼しますかと出たら「信頼する」で進みます。

iTunes画面左上あたりにiPhoneの絵のアイコンが現れます。そのアイコンを押すとiPhone情報の画面が現れます。バックアップを作成したときには「今すぐバックアップ」を押しましたが、今回はバックアップを戻すのが目的なので「バックアップを復元」を押します。複数のバックアップデータがある場合はどのバックアップを戻すかを選ぶことができます。

iCloudに保存したバックアップをiPhoneに復元する

iCloudバックアップを復元するため、まず自分のAppleID/パスワードと、Wi-Fi環境をご用意ください。そして一度iPhoneを初期化する必要があります。「設定>一般>リセット>すべてのコンテンツと設定を消去」で初期化が始まり、画面にHelloやこんにちはなどが出てきたら初期化完了です。

初期設定から画面に沿って進みますが、途中で「Wi-Fiネットワークを選択」画面が出るのでWi-Fiを接続します。また画面に沿って進むと「APPとデータ」という画面に「iCloudバックアップから復元」の選択肢があるので押します。自分のAppleIDとパスワードでサインインします。iCloudバックアップを作成した日付のものを選択します。「iCloudから復元」という表示と残り時間が表示されたらあとは待つだけです。iPhoneをWi-Fiと電源に接続しておき待ちましょう。

まとめ

必要なものをまとめておきます。操作可能なiPhone、充電ケーブルとアダプタ、ネット可能なPCまたはWi-Fi、自分のAppleIDとパスワードです。これらがあればひとまずバックアップ作成&復元に困ることはありません。iPhone以外のiPadでもApplewatchでもMacでもバックアップにはこれらは必要になってきますので頑張ってみてください。

写真なんかを置いてくのはGooglePhotoもいいけどね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事