エレコムBluetoothミニキーボード「TK−FBP102」レビュー!入力が多い人にオススメです!

 

持ち運びに便利な10インチ程度のノートパソコンが欲しい!でもお金が無い。そんな私は、ミニキーボードを買って、パソコンの代わりにしてみることにしました。これで物欲を抑えられれば…。購入したのは、ELECOMのBluetoothミニキーボード。とても安かったので、使い勝手には期待をしていませんでしたが、かなり満足しています。3ヶ月使ってみての感想をレビューしますので、興味のある方は最後まで読んでみてくださいね。

スマホやタブレットだとやっぱり入力遅いんだよね・・・

ミニキーボードTK−FBP102を使ってみた感想


それでは、 レビューしていきますね。購入先は家電量販店。キーボード売り場で安い商品から品定めしていきました。その中で目を引いたのが、ELECOMのBluetoothミニキーボード「TK−FBP102」。ブラックとホワイトの2色あり、 私はホワイトにしました。

白いキーボードは手垢の汚れが気になりますが 、スタイリッシュでシンプルなデザインに一目惚れしたのです。購入の決め手は、価格とデザイン、ただそれだけ…。この時は、この子が後に私の相棒となり、毎日大活躍することになるとは思ってもみませんでした。

それでは使ってみましょう。まずは、裏側に単4電池を2本入れて、接続機種とペアリング。設定完了後、すぐに使用できます。開封後、3分もあればこの作業は終わってしまいますので簡単です。

あとはキーボードとして使うだけ。私はスマホとつなげて、外出先のカフェや車の中で作業をしています。後に詳しく書きますが、自宅で使用することも多いです。気に入っているポイントとイマイチなポイントをまとめますので参考にしてください。

気に入っているポイント

接続が簡単

このキーボードはワイヤレス(無線)のBluetooth接続で3台まで登録可能。初回の設定も簡単でしたが、その次からはもっと簡単。電源をオンするだけでつながります。Windows、iOS、Android 、Macintoshどれにも対応しています。

薄くて軽い、持ち運びに便利


重さは246グラ厶。バッグの中に入れたとき、重さが気にならないレベルです。私は100円ショップで買った12インチ用のパソコンケースに入れて持ち運んでいます。一緒にノートやペンケースも入れることができるので、この使い方はかなりおすすめ。
もう一つ、このケースの使い方として、膝の上に乗せて作業をするとき、台として使えるので便利です。子供が車の中で寝てしまって、もう少し寝かせてあげたいと思ったときは、時間つぶしに車の中で作業をしています。

傾斜がありタイピングしやすい


タイピングをするとき、キーボードの傾斜が無いと、手首に負荷がかかり痛くなってしまいます。このキーボードには適度な傾斜が付いているので、長時間の作業になっても疲れ知らず。

タイピングしていて窮屈さを感じない

このキーボードのキーストローク(ボタンの深さ)は2.0mmで、ノートパソコンのキーボードと変わりません。また、キーピッチ(ボタンごとの間隔)は19mmで一般的。打ち間違いは、慣れてしまえばほぼありません。これよりもコンパクトなキーボードもあるのですが、これ以上小さくなると、打ち間違いが増えてストレスを感じることが増えそうです。小さなキーボードを選ぶときには、キーピッチとキーストロークは要チェックです。

家のノートパソコンと比べたところ、ほぼ同じサイズでした。道理で使いやすい訳ですね。

ショートカットキーが便利

パソコンでショートカットキーを覚えると便利ですよね。このキーボードでも、もちろんできます。 例えば、スクリーンショット、音楽の再生、一時停止、ボリュームの調整や画面の明暗調整など。やり方は、Fn(ファンクションキー)を押しながら、1つのボタンを押すだけなので簡単。ボタンを見れば絵が書いてあり、覚える必要が無いので忘れっぽい人でも安心です。

イマイチなポイント

キーボードに拘りのある人には向かない

先にお伝えした通り、タイピングはしやすいと思います。しかし、キーボードの価格は、安いものは3000円程度から高いものだと数万円まで。やはり高価な物は、押し心地や反応などが良いのでしょう。私のようにコスパ重視の人なら満足できのですが、良質なものを使いたい人には物足りなく感じるかもしれませんね。

数字をよく扱う人は、テンキー付きを選んで

このキーボードにはテンキーが付いていません。数字をよく使う人は、テンキー付きのキーボードを選びましょう。

タイピングの音がチープ

タイピングの音に拘る人は、一度店頭で触ってから購入しましょう。音が大きくない点は良いのですが、カチャカチャ安っぽい音に感じます。

こんな人におすすめしたい

ミニキーボードをおすすめできる人を考えてみました。

移動先で文章を書きたい人


自宅にパソコンがあって、移動先で文書を書きたいだけであれば、このキーボードで十分です。スマホでも文章を作ることは可能ですが、やはりタイピングの方が早く、作業効率が良くなります。

スマホやタブレットへの文字入力の機会が多い人

私の夫は会社からタブレットを支給されているのですが、文字入力に不便を感じることが多いようです。そこで、このキーボードを貸してあげると、かなり気に入った様子。そして自分用にも購入しました。会社内ではパソコン、出先ではタブレットとミニキーボードを使っているそうです。

せっかちな人

我が家のパソコンは起動が遅くて、私はイライラすることがよくあります。せっかく良い文章を思いついたのに、パソコンの起動を待っているうちに忘れてしまいそうになるのです。そんな時、このキーボードが大活躍!移動用に買ったのですが、家での使用頻度のほうが高くなっています。

ミニキーボードを持ち歩こう

いかがでしたか。コスパ重視の私にとって、このミニキーボードはとても良い買い物でした。持ち運び用のパソコンがほしい欲もなくなり、執筆作業に集中する日々が遅れるのはこの子のおかげ。文書作成をする機会が多い方は、ミニキーボードの購入を前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。きっと良い相棒になってくれますよ。

文章を頻繁に書く場合にはあると結構便利ね
おすすめの記事