知らないうちにAndroidアプリから個人情報抜かれているけど大丈夫?

スマホが普及してFacebookやinstagramでどんどん個人情報を出すようになって、昔の感覚からは考えられないようですよね。昔はネットに個人情報絶対だすなっていう感覚でしたから。でも、そんな個人情報を今は自ら差し出しています。なんとも怖い。

そして、少しでも個人情報を守ろうと思ってアプリからの通知を拒否したりしているだろうか。でもね、その拒否もしかしたらあんまり役に立っていないかもしれないんです。アプリはユーザーが拒否してもユーザーの情報を収集している恐れがあるから・・・

なんか怖い話だな

拒否してもアプリはユーザーの個人情報を抜く?

アプリをインストールや起動すると、「これらの権限が必要です、許可しますか?」のようなポップアップがスマホの画面に表示されたりしますよね。たまに、結構な権限を求められるアプリがあるときなんかはちょっとビビっちゃいますよね。でも、そんな時にはそのポップアップを拒否すればいい、そうすれば個人情報は抜かれなくて済む!

そう思っているかもしれませんが真実は違うようです。このニュースを知っているでしょうか。

1000件以上の「Android」アプリが無許可でデータ収集--ICSI調査

タイトル通り、Androidのアプリが無許可でデータを収集していたという記事です。それも結構な数のアプリがあるから怖いですよね。内容としては、拒否してもユーザーのデータを取ってしまうアプリがあるというもの。拒否するボタンをタップしても、そんなの関係なしに情報取ってくるということですね・・・

位置情報や電話の識別子なんてものも取られる

英語の記事の方が詳しく書かれているからそこからちょっと拝借。こっちの方が詳しく書かれているので、詳しく知りたかったら見てみるといいですよ。

Researchers discovered more than 1,000 apps that skirted restrictions, allowing them to gather precise geolocation data and phone identifiers behind your back.

More than 1,000 Android apps harvest data even after you deny permissions

正確な位置情報と電話番号の識別子が情報として知られるというのは怖いですね。自分が許可出して認識していれば良いですけどね。。

AndroidQで改善するかも

Googleによると、今年にリリースされるAndroidQでこの問題に対処するようです。

The update will address the issue by hiding location information in photos from apps and requiring any apps that access Wi-Fi to also have permission for location data, according to Google. 

写真からの位置情報を隠して、Wi-Fiにアクセスするアプリにも位置情報の権限を要求するようにするようですね。ただ、正直思うのが、これやったとしてもかいくぐるアプリは出てくるだろうし、なんとも解決とは言えない気持ちがあります。

個人情報は簡単に知られる時代だよ

今更ですが、個人情報は簡単に取ることのできる時代です。普段君が使っているLINEもメッセージはデータベースに保存され、電話帳の情報も提供していることだろうと思います。それらのデータを使えば、誰と誰が関わりが深いなんていうことは簡単にわかってしまいますから・・・恐ろしいですよね?

今回のアプリの件も、どんな情報が渡されるのか少しは自分が知っておかないといけないですね。

Androidアプリの審査もっと厳しくしてもいいんじゃない
おすすめの記事