ブロックチェーントークン型アニメ映画ってものが販売されているらしい

ブロックチェーンっていう言葉を聞いたりすることも最近は増えてきましたよね。仮想通貨で使われている技術だったりするので、そこで関連して知った人も多いんじゃないでしょうか。

そんなブロックチェーンですが、ブロックチェーントークンを購入して見ることのできるアニメがあるようです。そのトークンを持っていないと見ることができないからお金のようだね。

ちなみに、トークンっていうのはこんな風に説明されるよ。

トークンという言葉自体はさまざまな文脈で使われることがあり明確な定義がありませんが、仮想通貨業界では一般的に、既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指して「トークン」と呼びます。

ビットコイン(Bitcoin)用語集

このトークンを使って見ることのできるアニメってどんなものなんでしょう?

ブロックチェーンやはり来るか

ブロックチェーントークンで見れるアニメの名称は『微睡みのヴェヴァラ』

ビデオトークンの所有者のみが見ることのできるアニメは『微睡みのヴェヴァラ』というもの。なんか名前からして良さそう。どんなアニメなのかっていうのは微睡みのヴェヴァラに少しだけ動画が載っているから見たらわかりやすい。

あらすじはこんな感じらしいぞ。

サナは、ある日夢の中で、手に持った杖で地面に絵を描くヴェヴァラに出会う。 眠るたびにヴェヴァラと出会い、夢の世界をめぐる不思議な時間。 ちょっと変だけど、本当に楽しくて。 だけど、夢と現の世界を行き交うある日、サナを悪夢が襲う。 サナの胸に去来する悲しい記憶。その時ヴェヴァラは……。

夢の中での出来事を題材にした映画なんですかね、普通に興味出てきますわ。

視聴にはビデオトークンが必要

視聴するにはお金ではなくて、ビデオトークンが必要です。今見たら参考価格は1620円ということだけど、為替によって変わりますね。500トークン限定で販売ということです。あなたが見る頃には無くなっているかもしれませんね。

クリエイターがものを個人で売れる時代も

ブロックチェーン技術がもっと広まれば、クリエイターからファンが直接何かを買うっていうことが当たり前の世界になってくるかもしれませんね。皆がウォレット持っていれば、仲介で何処かのサイトが入って手数料が取られるなんてこともなくなるかも・・・?

このアニメ映画面白そうだから、普通に見たいっす
おすすめの記事