Youtubeで映画を見るには?どんな映画を見る事が出来る?
Youtubeを使っているならそこに映画のチャンネルがあることを知っている人は多いですよね。ここから何か気になる映画いないかなあ、と思って検索することもあるのではないでしょうか。 この記事ではYoutubeを使った映画の検索方法とレンタル・購入方法を紹介していきます。
Youtubeで映画を見るスタイルか

Youtubeの映画一覧

Youtubeで配信されている映画は日々更新されていますので、Youtube公式チャンネルである「映画と番組」から検索をするのが最も確実です。 作品名が分かっている場合には「検索」と表示されている箇所に作品名を入力して検索すると、検索結果としてYoutube内に登録されている動画が表示されます。 その中から「\~から視聴出来ます」という表示が為されているものはレンタル等で映画本編を視聴する事が可能です。 公式チャンネルで表示される各種ジャンルには「すべてを表示」という機能があり、これを使用する事で各種ジャンルにまとめられている作品を一覧表示する事も可能となっています。 ジャンル内にまとめられている作品を一覧で見たい場合に利用すると良いでしょう。 有志の方が配信されている映画をリストアップしてブログ等で公開されている例もありますが、いずれにしても公式ページを通じて配信された作品を見る事になりますので、リストアップされたものから探し出したいという場合以外では公式チャンネルを通じて探す方法と大きく違いは無いと言えます。

フルの映画はどんなものがある?

日本でのレンタル可能となっている映画作品であればYoutubeでもレンタル(購入)可能になっていると考えられるラインナップになっていますので「ネット上の大手ビデオレンタルショップ」という感覚で使用する事が出来るでしょう。 但し最新作の配信には時間が掛かる場合もあるようです。また、Youtube以外で見る事が出来ないYoutube Originalsで制作された映画や番組というものもあります。 Youtube Originalsの番組を視聴するには別途定額サービスであるYouTube Premiumの購入が必要となりますので、注意が必要です。

Youtubeに「無料の」映画本編はある?

検索エンジンなどで動画を検索した時、レンタルや購入手続きを行わないのに、本編映像らしきものが全て流れる場合があるかもしれません。 稀にこうした映像コンテンツの権利者が、期間限定など制限を設けた上での宣伝企画サービスとして無料配信を行うという事はありますが、映画を丸ごと一本Youtubeで配信するという事はまず有り得ないと言えます。 よって、Youtube上の無料で映画本編が配信されているものは、基本的に違法アップロードされた映像であると考えた方が安全だと言えます。Youtubeの映画に関しては、各配給会社が公式チャンネルを設置し、過去作品も含めて予告編映像を配信する等充実していますので、検索の際は公式チャンネルを参考にするのが良いでしょう。 なお、2019年7月現在、欧米版のYoutubeでは広告を容認する事で、一部の有名映画を無料で視聴する事も可能になったという情報がありますが、日本版Youtubeでは現在この機能を使用する事は出来ません。 今後の展開についても今の所は目立った動きはありませんので、無料の映画本編映像には今まで通り注意が必要となっています。

Youtubeで映画をレンタルや購入するには?

Googleアカウントにログインする

Youtubeで映画をレンタルや購入する手続きには、Googleアカウントを使ってログインする必要があります。 ログインが完了していない場合、Youtubeのサイト上に「ログイン」と書かれたボタンがありますので、いずれかをクリックするとログイン画面へ移行します。既にGoogleアカウントを持っている場合は、ログインして次の準備へ進みます。

Googleアカウントを入手する

Googleアカウントを持っていない場合は「メールアドレスまたは電話番号」と書かれた入力欄の下に「その他の設定」という文字がありますので、これをクリックして「アカウントの作成」を選択して下さい。 アカウント作成では「姓名」「ユーザー名」「パスワード」「生年月日」「性別」「携帯電話番号(任意)」「現在のメールアドレス(任意)」「国/地域」の各項目を入力します。 この内「携帯電話番号」と「現在のメールアドレス」は、空欄のままでもアカウント作成を続行する事は出来ますが、パスワードを忘れたりした際の認証請求に使う事も出来るものですので、可能であれば入力しておくのが良いでしょう。 以上の様式に従って入力を完了すると、プライバシー・ポリシーと規約への同意を求められます。これを確認の上同意を行うとアカウントが発行されますのでログインして次の準備へ進みます。 なお、ここで設定した「ユーザー名」は、Googleアカウント名であると同時にgmailというGoogleが提供するフリーメールサービスのメールアドレスになります。 他にもGooglePlayや、連携サービスでも広く用いる事が出来るアカウントですので、パスワード等のセキュリティ管理はしっかり行う事が推奨されます。

準備2・支払い方法を準備しましょう。

支払い方法には「クレジットカード」「デビットカード」「PayPal」「GooglePlayギフトカード」の4種類があります。「クレジットカード」と「デビットカード」は、所謂「カード決済」の形式で支払いを行う事が出来るものです。 「デビットカード」はカード会社を経由せずに、指定した銀行口座から即引き落としが行われる以外はクレジットカードと同じ感覚で使用する事が出来るものです。 「PayPal」は、クレジットカードでの取引を仲介するシステムであり、口座を予め作成しておくと、この口座を介して取引が進められる為、クレジットカード情報を取引先(この場合はYoutube)に渡す事無く決済をする事が出来るサービスです。 これらは基本的にクレジットカードを必要とする取引ですので、使い慣れた方法を選択するのが良いでしょう。 4つ目の「GooglePlayギフトカード」は、コンビニや家電量販店で販売されているカードを購入し、そのカードに封入されているコードを入力する事で、額面分の金額が「アカウントに追加」され、そこから引き落とされるという仕組みになります。 額面的に端数が出がちなので、他と比較した支払い方法として特に優秀と言うものでもありませんので、用途に応じて使い分ける事が望ましいでしょう。

レンタルと購入の方法

Googleアカウントにログインを行い、支払い方法の確認が完了したらレンタルと購入の準備は完了です。まずは見たい作品を検索しましょう。 この際検索結果の中で、映画のタイトルと共に「¥~から」と表示された色つきの箱が表示されているものが、今回目的としている有料の映画本編映像となります。 見つかったらその色つきの箱をクリック(タップ)しましょう。 ログインしていると、ここから購入選択画面が呼び出され、いくつかの選択肢と値段が表示されます。 基本的なケースでは「レンタル」と書かれた物が2つと「購入」と書かれた物が2つ、系4つが並ぶ事になっている事が多いようです。 この2つずつ並んだ項目は、値段と共に「SD」と「HD」という文字が並んでいるはずです。これは画質を意味するもので「SD」より「HD」の方が少し割高となっているのは「HD」の方が高画質であるという事を意味しています。 この画質の違いを大きく感じるには、それなりに品質の良いモニタ等の受像器が必要になる事から、スマートフォンや通常のPCモニタで見る場合、こだわりが無い限りは「SD」画質でも十分に視聴に耐えるものとなっています。以上を踏まえて選択を終えたら、購入手続きを行います。 希望の額面が書かれた色つきの箱をクリックすると、購入手続き画面が表示されますので、希望の支払い方法を選択の上、決済を確定します。 決済が完了したらYoutube側から「購入が完了しました」というメッセージが表示されますので、確認の上、視聴を開始する事が出来ます。

レンタルの注意点

ここでレンタルの注意点ですが、購入してからすぐに見ないという場合があるかもしれません。 この際「レンタルを開始する」というボタンを押して再生を開始してから48時間が経過すると「返却」した事になり、見る事が出来なくなります。 そして「レンタルを開始する」を押さないままであれば、30日間は視聴開始する事が出来る仕組みとなっていますので、上手く活用されるのが良いでしょう。購入した場合は、視聴期間に制限はありません。 そしていずれの場合も一度画面を終了してから改めて視聴を行う等の場合は、Youtubeの画面左上にある「三」のような模様の設定ボタンを押し、展開されるメニューから「購入済み」となっている項目を選択します。 この項目から購入(レンタル)したコンテンツを視聴する事が出来るようになっています。

まとめ:Youtubeで映画を有料視聴するメリットとは?

Youtubeで映画を視聴する料金は、新作で400円、旧作で300円程度が目安となっており、時折行われるキャンペーンを考慮しても、他の動画配信サービスやレンタルショップと比較すれば割高となっています。その為、メリットとしては「手軽さ」が重要になると考えられます。 レンタルを中心に考えた場合、時間が来れば自動的に返却される事から手間が掛からず、遅延延滞金などで払う費用も含めて払っていると考えればそれなりの値段と言えるかもしれません。 Googleアカウントという基本料金が無料なアカウントを併用するだけで利用出来る事から、他に料金が掛からないサービスである(Premiumは別料金)という考え方は有り得ます。 アプリを経由してスマートフォン等から手軽に持ち運びして視聴出来るという部分もあり、使えるシーンは環境によって変わるという部分はあるでしょう。 使い方を正しく理解し、便利な部分を上手く活用する事で、快適な映画ライフを一歩進めるものになる…かもしれません。
確かにYoutubeはボタン一つで観れるから手軽さが最強
おすすめの記事