パソコン作業ならJRの駅ナカシェアオフィスを使うのもあり?

最近はフリーランスが普通になってきてシェアオフィスやカフェを作業場所として使っている人も多いかもしれません。パソコンでの作業なら、電源があってwi-fiが使えればどこでもできますもんね。

そんな外出先での作業に今後は駅内での作業を検討してみてはどうでしょう。どうやらJRが駅ナカに作業できるシェアオフィスというものを設置するようですよ。

駅で作業できるスペースってことかよ

駅でのシェアオフィスとは

駅に設置されたシェアオフィスってなんかよくわからないですよね。駅ナカ、駅チカに3種のワークスペースを考えているみたいだけど、とりあえず今利用できるのはSTATION BOOTH。

JR東日本ニュース

このSTATION BOOTHがどんな感じかっていうとこんな感じらしい。

この並べられているブースの中で作業したい人は作業するということですね。うーん、どうでしょう。なんか駅の改札のすぐ近くに設置されていたら使いづらくないですかね・・ちょっと入りにくいな・・・

駅にある証明写真撮る機械も入りにくいのに、これはなかなか足を踏み込むのにハードルが高いかもしれない。そして中身はこんな感じだ。

もっと使いにくそうかと思ったけど、結構中は使いやすそう。空調もデスクもあるし普通に作業快適そうですね。

STATION BOOTHの設置場所

このブースの設置場所は今は以下の4つ。

  • 東京駅
  • 新宿駅
  • 池袋駅
  • 立川駅

立川駅だけ2名様のブースがあるみたいですよ。2人で使う場面があまり思い浮かばないけど、使う人は使うのかな。東京駅は1名用のブースが7台と一番多いです。通勤なんかに上記の駅を使っている人はどんな感じか見てみるといいかもしれないですね。

STATION BOOTHの使い方は

会員登録したら、使いたい時間帯でブースの予約をして発行されたQRコードでブースに入室して使えばOK。予約面倒だなあ・・・と思ったけど、20分以上の空きがあれば、予約がなくても使うことができるようですよ。

詳しい利用方法はstationworkから見てみるといいですよ。

STATION DESKも秋には東京駅に

今まで見てきたのはBOOTHだけど、STATION DESKというものも展開されるようです。こっちはブースっぽくなくてコワーキングみたいな感じになっていますね。

こっちは結構利用しやすそうなイメージがする。結構自分もコワーキングスペース使ったりするから、こういうのはあったら利用するかもしれない。

駅にも作業スペースが設置されるとは、もはやどこにいても働けということか
おすすめの記事