ヘッドホンマニアならソニーの赤帯がおすすめな理由

ヘッドホンにも色々種類がありますが、中でもソニーのヘッドホンが好き!という人も多いのではないでしょうか。ソニーのこのモデルが最高!という感想を持っているかもしれません。今回はソニーのモデルの中でも赤帯について見ていきます。ヘッドホン選びで迷っているなら参考にしてみてはどうでしょう。

ソニーの赤帯ってあの赤色の線が入っているやつ?

ソニーの赤帯とは?

MDR-CD900ST

ヘッドホンマニアならば、ソニーの赤帯のヘッドホンをおすすめしたいです。いきなりソニーの赤帯と言われても、分からない人が多いかもしれませんが、ソニーの赤帯とは、型名がMDR-CD900STというソニーのヘッドホンのことです。赤い帯のような線がついているのが特徴のヘッドホンです。赤帯という呼び方の他には、型名を略して900STと呼ぶこともあります。

なぜソニーの赤帯がおすすめなのか?

日本のポップスの多くは赤帯で作られる

赤帯と呼ばれるソニーの900STというヘッドホンがおすすめな理由は、J-POPと呼ばれる日本のポップスのほとんどが、このヘッドホンを使って作られているからです。つまり赤帯でJ-POPの曲を聴けば、その曲を作った音楽スタジオの制作現場と同じ音が聴くことができるのです。音楽スタジオでプロが使うヘッドホンで聴くことは、ヘッドホンマニアとしてはとても憧れてしまいます。

プロの使うヘッドホンが比較的安価に手に入る

正式名称がMDR-CD900STという赤帯ですが、プロが使うヘッドホンなので、かなり値段が高いのでは?と思ってしまいますね。赤帯の値段ですが希望小売価格は1万8千円となっています。ソニー製品も含めた高級ヘッドホンの多くは、2万円以上することは珍しくありません。

そうなると、赤帯の1万8千円という価格は、ヘッドホンマニアには比較的手が届きやすい価格になります。さらに、赤帯の実際の販売価格は1万8千円から2千円や3千円ほど値引きされています。そのような価格でプロが使うヘッドホンが手に入るのであれば、安いと言ってしまってもいいです。

プロがスタジオで使うので丈夫に作られている

赤帯はプロがスタジオで使うことを想定しているので丈夫に作られています。日本の多くの音楽スタジオでは、赤帯が常備してあるのですが、音楽スタジオの作業ではヘッドホンはかなり酷使されます。そのため丈夫に作られていないと、音楽のプロたちは仕事になりません。そして、一般のリスナーも壊れやすいものよりは、丈夫なヘッドホンが欲しいところです。

モニターヘッドホンの中ではとても有名

赤帯はヘッドホンの種類の中では、モニター用ヘッドホンに分類されます。ヘッドホンでモニターをしながら、楽器やボーカルを録音したり音楽を制作するので、モニター用ヘッドホンというものが存在するのです。そして日本のモニター用ヘッドホンの中では、赤帯は頭一つ抜けた知名度と人気なのです。

ですが、ただ有名で人気なだけではありません。赤帯はヘッドホンとしての機能がとても優れているので、日本でとても使われているのです。

原音に忠実な音が鳴る

赤帯の特徴を具体的に説明すると、原音に忠実な音を鳴らしてくれます。定価1万8千円に見合う素晴らしい音を鳴らしてくれますが、それに加えて原音に忠実なところが赤帯の大きな特徴です。

一般に売られているヘッドホンの多くは、低音がもられていたりします。低音に迫力があって、ダイナミックに鳴れば、聴いている方はとても気持ちよくなります。ところが赤帯は原音に忠実なので、低音などにそのような味付けはせずに、ありのままの音を鳴らします。

録音状態の悪い音源や下手くそな演奏をそのまま鳴らしてしまうのです。一般のリスナーからすると、そのように音を鳴らしてしまうのは楽しくないかもしれません。しかし、音楽やヘッドホンのマニアならば、余計な味付けがされた音は逆に聴きたくないのではないでしょうか。原音に忠実な音を聴きたいマニアの気持ちに応えてくれるのが、赤帯というヘッドホンとなります。

赤帯を購入するときの注意点

ステレオ標準プラグである

ソニーの赤帯の優れた特徴を知ってみると、ヘッドホンマニアではなくても、このヘッドホンを欲しがるかもしれません。しかし、赤帯は独特な特徴もあるヘッドホンなので、購入する前に確認すべきところがあります。まず1番の注意点は、ステレオ標準プラグが使われていることです。

多くのヘッドホンでは、ステレオミニプラグが使われており、最近のスマホなども含めたオーディオ機器の多くは、ステレオミニプラグを挿すためのイヤホンジャックがついています。ステレオ標準プラグは挿せないようになっています。

なぜそのようになっているのかというと、プロが音楽スタジオで作業するときは、ミニプラグでは折れやすくて心許ないのです。そのためプロはミニプラグより、丈夫な標準プラグの方を好みます。赤帯がステレオ標準プラグなのは、こうした背景があります。

しかしミニプラグでないと、多くのオーディオ機器では使えません。そこで、ステレオ標準プラグをステレオミニプラグに変換する変換プラグがあります。それを使えば赤帯をどのオーディオ機器にも繋げられます。ですが、ミニプラグにする変換プラグを装着すると、プラグがとても長くなります。長すぎると衝撃で先端のミニプラグが折れやすくなるので要注意です。

音が硬めで耳が痛く感じる

赤帯の音の特徴を説明すると、良い点ばかり出てきますが、実際は必ずしも良いことばかりではありません。赤帯の音は全体的に硬めで高音などが耳に痛く感じます。プロの音楽制作者が作った曲のアラを探しやすくするため、そのような音になっているのです。

音の好みは人それぞれですので、赤帯の硬い音が苦手な人は必ずいるでしょう。買う前に大きい電気店などの試聴機コーナーで、赤帯の試聴をしたいところです。

空間系の音が分かりにくい

赤帯というのは、ボーカルの録音に使われたり、ラジオの放送などでも使われたりします。なぜそのような場面で使われるかというと、人の声がモニターしやすいからです。しかし人の声がモニターしやすい分、音響などの空間系の音が分かりにくいところがあります。人の声は聞きやすいのですが、空間の奥行きが感じない気がします。

購入しても保証がつかない

ヘッドホンだけに限らず、電気店で売られている製品の多くは1年などの保証がついています。購入してから1年以内であれば、故障しても無償で交換してくれる保証です。ところが、赤帯ではそのような保証がつきません。業務用のヘッドホンという位置づけですので、保証がつかないのです。

その代わり赤帯のパーツの多くはバラで売られています。ヘッドホンの周辺機器では、イヤーパッドがよく売られていますが、赤帯の場合はイヤーパッドはもちろん、ドライバーなどのパーツも売られています。最悪、音が出ない故障に遭遇しても、自分でドライバーを交換して修理できます。ドライバー交換には半田ごてが必要ですが、それでもパーツのバラ売りは便利です。製品保証はつかないですが、パーツが手に入りやすいのが赤帯の特徴となっています。

赤帯以外のヘッドホンについて

日本では1位だが海外では?

赤帯は日本のモニターヘッドホンの中では、ダントツで1番使われています。ただし、日本の中ではという条件がつきます。海外ではどんなモニターヘッドホンが使われているのか気になります。これについては、海外でよく使われるモニターヘッドホンは国によってバラバラです。

そして、赤帯の海外版である青帯というものが海外では人気モニターヘッドホンの一つです。このソニーの青帯の型名はMDR-7506となっています。もし海外の音楽スタジオに行ったとして、ソニーの赤帯を使いたいと思っても、海外では赤帯はまず売られていません。ですが、青帯は海外でも売られているので、そちらを代わりに使うことができます。

なんだか、ややこしいことになっていますが、海外のモニターヘッドホンでは赤帯が1位でないことは知っておきましょう。ソニーの青帯というのは海外で有名ですので、洋楽をよく聴くのであれば持っていてもいいかもしれません。

ソニーの赤帯の上位版

日本で有名なソニーの赤帯ことMDR-CD900STですが、実は赤帯の上位版というのがあります。MDR-Z1000というヘッドホンで、オープン価格となっていますが、4万や5万ほどで売られています。

ヘッドホンマニアであれば、赤帯よりこちらの方がおすすめなのではないか?と考えてしまいます。

しかし、音質は4万や5万の価格に見合うものなのですが、赤帯より優れたヘッドホンという評価はあまりされていません。赤帯の上位版が登場しても、今でも日本の音楽スタジオなどでは、赤帯の使用が主流になっています。ヘッドホンマニアにソニーの赤帯をおすすめしたい理由としては、こうした状況も影響しています。

そこまで高いヘッドホンでもないし、ありかもしれん
おすすめの記事