骨伝導イヤホンとは?選び方とオススメを紹介するよ
イヤホンを耳にかけている人はいっぱいいるけど、その中でこの人のイヤホンなんかちょっと変わっているな?というものに出くわしたことはありませんか。その普通じゃないイヤホンはもしかしたら骨伝導の技術を使ったイヤホンかもしれません。 この記事では、骨伝導のイヤホンってどんなもんなの?というところからオススメのものを紹介していきたいと思います。
音も骨で聴く時代なんだよな

骨伝導イヤホンとは?

骨伝導イヤホンとは、音の振動を鼓膜から聴覚神経へと伝える、いわゆる通常のイヤホンとは違い、「骨を震わせて聴覚神経に直接、音の振動を伝える」イヤホンです。 通常のイヤホンだと、耳の穴をふさいで使用しますが、人によっては耳の穴が痛くなるということもあると思いますが、骨伝導イヤホンなら耳の穴をふさがないので、その心配もありませんし、周囲の音も聞こえる状態で音を聞くことが出来ます。 この骨伝導で聞くということは、現在耳の聞こえない人への治療としても使われています。音質に関しては残念ながら落ちますが、長時間の使用や耳へのダメージを少なくすることができる利点があります。

骨伝導イヤホンのメリット・デメリット

周囲の音を聞きながら音楽を楽しめる

なんといっても耳の穴をふさぐことなく使用することができるので、周囲の音を聞きながら音を聞くことが出来るということです。周囲の音が気になって、いちいちイヤホンを取り外したりする手間が省けます。たとえ周囲の音が騒がしい環境でも、骨伝導なので、しっかりと音は聞こえます。

耳にイヤホンをつける圧迫感がない

鼓膜を震わせることなく聞くことが出来るので、長時間使用しても耳が疲れにくく、また耳の穴をふさぐこともないので、圧迫感を感じることなく聞くことができます。

音漏れがする

デメリットに関しては、音漏れがしやすいということが挙げられます。ボリュームによって音の調節は可能ですが、音漏れを完全に防ぐことはできません。また音質に関しても、現在のものはかなり良くはなってきていますが、高級なイヤホンに比べると音質の差というのは否めません。

骨伝導イヤホンをどんな場面で使う?

とはいえ、骨伝導イヤホンはどんな場面で有効に使うことができるのでしょうか?オススメの場面をいくつか紹介します。

アウトドア・スポーツ時

骨伝導イヤホンは、周囲の音も同時に聞くことができるという利点があります。なのでランニングやサイクリング、登山などのアクティビティ時に車の接近や自然の音も聞くことができるので、危険の回避につながります。

自宅で長時間音楽を聴く時

普通のイヤホンであれば、ずっと耳につけていると耳が痛くなったりして疲れてしまう事もありますが、骨伝導イヤホンは長時間の利用でもそこまで疲れることはないです。インターホンら電話の音も聞き逃すことがなくなるのは良いですね。

骨伝導イヤホンの選び方・注意点

骨伝導イヤホンを選ぶ際には、「音質」「装着感」「接続方法」「機能」を必ず確認しましょう。この4つのポイントをしっかりとチェックすることで、自分に合った骨伝導イヤホンを選びやすくなります。

音質

音質の差は前述しましたが、少しでも音質の良いものを選びたいときには、現在主流となっているBluetooth対応機種では、標準コーデックのSBCに限らず、aptX(SBC標準コーデックやAACコーデックよりも高音質、低遅延)に対応している製品がベストです。(注意点として、aptXはAndroidでしか使えません。)

装着感

骨伝導イヤホンは普通のイヤホンとは違ってこめかみを挟んで振動部に装着します。いつもとは違う感覚なので、違和感を感じる人も少なくないでしょう。 製品によっては振動部が大きく、それが気になってしまうという事もあります。装着感を重視するのであれば、なるべくコンパクトサイズのものを選んだ方が良さそうです。一回骨伝導のイヤホンがどんな感じなのか試着してみるのがいいですね。 まあ普通のイヤホンと同じようにつけているうちに慣れてくるという事もありますけどね。

有線か無線か

骨伝導イヤホンにも有線のものと無線のものがあります。ワイヤレスで使用したい場合はBluetoothに対応している骨伝導イヤホンであれば可能です。「コードの煩わしさが嫌だ!」と思われる人はBluetooth対応の製品を探すようにしましょう。 いや、無線じゃなくて有線の方が良いという方はワイヤレスなんかには目もくれなくてOKです。有線であれば、無線特有の音切れや音質の心配もないですしね。

通話もしたいかどうか

イヤホンによっては通話ができるものもあります。イヤホンを使って通話をしたい場合には、通話機能が付いているかどうかは確認しておきましょう。 通話するならノイズキャンセリングの機能が欲しいですね。周囲の音やノイズが入ってしまうと通話しづらくなってしまうのは避けたいところです。

骨伝導イヤホンの種類

骨伝導イヤホンは大きく分けると、有線と無線の2種類ですが、装着方法にも種類があります。
  • 「クリップタイプ」・・・これは耳の穴をふさがない設計となっています。耳たぶをクリップで挟んで音を伝えます。
  • 「インタイプ」・・・外耳孔に当てるだけの装着方法です。通常のイヤホンと装着方法は似ていますが、耳の穴にまでは入れなくてもよく、当てるだけでいいです。
  • 「フックタイプ」・・・これは耳の後ろに装着するタイプのものです。安定感があり運動時などに適しています。

オススメの骨伝導イヤホン

クリップタイプのオススメはBoCo earsopen

まず「クリップタイプ」のオススメの製品は、「BoCo earsopen ワイヤレスBluetoothモデル BT-5 CL-1002」です。 BoCoのearsopenシリーズは、ソニーのオーディオ製品開発に携わっていたメンバーによって開発された骨伝導イヤホンという事で、音質に期待ができますね。骨伝導のイヤホンいは音漏れや振動漏れがつきものですが、それらを防いでくれて高音質となっているそうですよ。 また、通話機能もこのイヤホンにはついています。スマホと接続中に電話があった場合にはスイッチをオンにする事でハンズフリーで会話することができる。音質も良くて通話もできるならなかなか良いですよね。価格は約14000円と若干高めだけど、高音質を求めているならオススメです。

インタイプのオススメはGD-SK-VOS

「インタイプ」のオススメは「ゴールデンダンス 骨伝導イヤホン PC BONE GD-SK-VOS」です。これは有線タイプですが、骨伝導製品を専門とする国内メーカー生産で、福祉用の骨伝導製品を開発しているメーカーだけに、品質の面で信頼性が高いというところがポイントです。 本体重量は約15gと軽量で軽快な装着感が魅力です。骨伝導イヤホンとしてが珍しく、USB接続型のマイクが付属しているのも特徴です。スカイプなどのビデオ通話やオンラインゲームに活用できるほか、マイクなしでも使用できるので、音楽鑑賞用にも適しています。幅広い用途で利用できる製品です。

フックタイプのオススメ

「フックタイプ」のおすすめはこれです。音質なBluetooth骨伝導ヘッドホンで、高性能な「3Dサラウンドサウンド」技術を採用しており、音の立体感を向上させています。低音再生も強化しているようなので音楽に没頭できる高音質が楽しめそうです。 ヘッドバンド部分は10万回以上の耐久テストに合格したチタニウムを採用ということなので、結構乱暴に扱っても大丈夫そうですね。

まとめ

骨伝導イヤホンって周りに今はあんまりしている人がいないから、違和感があるかもしれないけどもしかしたらこれからは主流になっていくかもしれませんね。 骨伝導っていう言葉は聞き慣れないけど、Amazonで骨伝導の製品を検索してみればいっぱい見つけることができます。ここで紹介したイヤホン以外にどんなものがあるのか検索してみると面白いですよ。
骨伝導で聴く音楽試してみたいな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事