Macのバッテリー交換方法!交換時間・自分で交換する方法は?
Macのバッテリーが壊れてしまったことのある経験があるでしょうか?自分は1回失くしてしまったことがあるのですが、Macのバッテリーって結構値段するんですね。まあ、今回はバッテリーの交換をする方法です。壊れてしまって使えなくなってしまったときなんかに役立つかもしれませんよ。
バッテリー交換無料でやってくれないのかな・・・

Macのバッテリー交換をする方法

バッテリー交換の値段はモデルによって変わる

Macのバッテリーを交換する場合、その交換するモデルによって以下のように交換の値段が変わってきます。同じ15インチなのにRetinaディスプレイのものはその分値段が高くなってしまうんですね。

  • 11 インチ/13 インチ MacBook Air・・・12800円
  • 13 インチ/15 インチ MacBook Pro・・・12800円
  • 12 インチ MacBook・・・19,800 円
  • 13 インチ/15 インチ MacBook Pro Retina ディスプレイ・・19,800 円
見ての通り、バッテリー交換をするだけで結構な値段がかかってきてしまいます。どうしてもこんなにお金は払えないという方は自己責任ですが、自分で交換するという方法があります。 故障した場合の保証を始め様々な保護プログラムから外されてしまう行為で、Appleも推奨していませんが、非常に安価に交換することができます。

自分でバッテリーを交換する方法

ネット通販などでバッテリーが専用治具(Macしか使えない工具)付きで6,000円前後で購入することができます。つまり負担6,000円程度で交換することができるのです。Macのカバーを外し、古いバッテリーと本体のコネクタの接続を解除して新しいバッテリーと接続すればそのまま使うことができるのです。

保証から外れる危険行為ですが、自宅でできますし費用も非常に安く抑えることができます。また難易度もiPhoneのバッテリー交換より簡単で、説明書をきちんと読めばほとんどの方が交換できるレベルです。

Youtubeにもバッテリー交換の動画を上げている方もいますね。

ただ、公式のバッテリー交換サービスでは交換以外にも他の異常がないかチェックを行うMacの診断サービスも行ってくれるので、保証と他の異常がないかのチェックの両方の料金を加味したものと考えれば意外とリーズナブルではないでしょうか。

交換時間はどれぐらいかかる?

Macのバッテリーの交換時間は、公式のショップへ持って行くと混雑の程度にもよりますがその日のうちに行ってくれます。実際に持ち込んだ方の話を見るとおよそ7時間以内に完了すると言った印象です。

多くのメーカーのバッテリー交換や修理は1週間以上待たされることも少なくないため、非常に迅速な対応とも言えます。

ただ、このApple Storeへの持ち込みは予約制となっています。AppleStoreのGenius Barがそれに当たり、都内だと1週間程度予約待ちのことが多いことから、結局は1週間程度待つことになります。 この他にもApple正規プロバイダーという取扱店に依頼した場合は1週間預かりという他のメーカーのPCと同じ対応です。

非公式バッテリー交換を行うお店でやってもらうという方法も

こんなに待てないという方にはもう一つ方法があります。これも自己責任で保護プログラムの対象外になる行為なのですが、ネットで調べればiPhoneなどの非公式バッテリー交換を行うお店などでMacにも対応している場合があり、バッテリーのストックがあれば予約不要で即日交換してもらえます。もしサポートは今後受けるつもりはないと考えている方にとっては大きな選択肢の一つとなるのではないでしょうか。

ただ、住まいの地域によってはそういったお店がない場合もありますから、地方の方などは1週間程度と考えた方が現実的です。

無料でやってくれるの?

Macのバッテリー交換ですが、無料で行うプログラムも存在します。それはApple製品限定保証やAppleCare+の保証対象の場合です。

Apple製品限定保証を使う

Apple製品限定保証はApple製品1年限定保証が代表的な無料交換サービスです。これはApple製品を購入してから1年の製品保証のことで、この期間内であれば1回だけですがMacのバッテリーに異常が見られた場合のみ交換を無料で行ってくれます。

ただ、1年でバッテリー交換が必要なくらい消耗してしまうというのは余程ハードな使い方をしているか、あるいは間違った使い方をしているか、そうでなければ初期不良化と言ったようにまれなケースな場合がほとんどですから、この無料で行うプログラムを利用してバッテリー交換を行うのは現実的な事とは言えません。

AppleCare+を使う

もう一つのAppleCare+ですが、これは製品保証の延長サービスのようなものです。具体的な内容はAppleCare+の購入日から3年間に延長されます。これに加入していれば無料でバッテリー交換を受けることができます。ただ、これも欠点があります。それは有料ということです。しかも家電量販店のような格安の延長保証と異なりきちんとした料金がかかります。

ざっと挙げていくと、AppleCare+ for MacBook/MacBook Airが税別23,800円、AppleCare+ for 13インチMacBook Proが税別25,800円、AppleCare+ for 15インチMacBook Proが税別35,800円です。通常の保証が2年延長されるのですが、その間にバッテリー交換が1回だけだったとしたらやや割高な感じもします。

ただ、それ以外の破損に関しても格安で受けてもらえるので、悩ましいところです。このサービスを無料で行えるとみるかは微妙ですが、加入してしまえば期間内はバッテリーを無料で交換してくれます。 この他不具合が発生したリコールなどで無料交換を行ってくれるケースもあります。これについては次の項目でお話ししていきます。

バッテリー交換プログラムを使う

バッテリー交換プログラムについてお話しします。これは前の項目で少し触れた不具合によるバッテリーの無料交換プログラムです。これは装置の故障が起こると内蔵バッテリーが膨張する場合があることが判明したという事例を受けての緊急の交換プログラムです。

この対象となるMacは2016年10月から2017年10月までの間に製造された製品で、対応のサイトにて対象の製品のシリアル番号を入力すれば該当のMacかどうか知ることができます。

ただ、すべてのMacが対象化と言うとそうではなく、Touch Barが搭載されている13インチのMacBook Proや13インチMacBook Proの旧モデルに関してはこのプログラムの対象外となっています。いずれにしてももし気になるようであれば、サイトにアクセスしシリアル番号を入力して該当モデルかどうかを調べ、該当すれば無料で交換してもらえます。ちなみに番号の確認方法ですが、製品本体の表面や起動してAppleメニューから「この Mac について」を選択すると表示されます。

無料で交換できる方法として、また未然に深刻なトラブルを回避する方法として有力なものの一つですから是非確認してみてください。

交換費用相当かかるし、安くやりたいものだ・・・
おすすめの記事