パソコン作業で悪くなりがちな姿勢を改善する方法
パソコン作業をしているとどんどん姿勢が悪くなってきますよね。パソコンの画面に映っている文字を見るために、前のめりになって首が前に突き出しているような状態になってしまいます。その時の姿勢は背骨も曲がっているしだいぶひどいです。 そんな作業をしているといつの間にか肩や首が凝ってきたなあと感じる時も増えてくることでしょう。この記事では、パソコン作業で姿勢を改善する方法を記載していくぞ。
パソコン作業本当に姿勢悪くなるんだよな・・・

パソコン作業時に首・腕・肘はどのようにすれば良いか

パソコン作業を長くするといつの間にか首が固定され、腕や肘を動かさずにキーボードをタイピングするだけになります。このため、肩こりが発生しやすくなり、姿勢を改善することを意識しないと集中できなくなるものです。 パソコンは作業内容に応じて最適な姿勢が異なり、椅子があればうまく調整するようにすれば作業効率が上がります。多くの文字を入力する時は画面の一箇所に集中して首が固定され、背中が曲がりやすくなることや椅子に長時間座る場合に弾力がある背もたれを使って負担をかけないようにすると便利です。 肘掛けはキーボードやマウスを操作し続けるとダルくなるため、置いて操作をしやすくするだけで負担を軽減できます。腕は大きく開きすぎないようにうまく調整し、一定時間続けると肩が凝るため上に上げて深呼吸をするようにすれば集中できて効果的です。

首はパソコンを使う時に重要になる部位で、そのまま集中するといつの間にか固定されて肩がこりやすくなります。モニターを見る時は目から40cm程度離して画面を目線から少し低くすると見やすくなり、首に違和感があれば回すことや重心がズレないように背筋を積極的に伸ばすことが大事です。

腕は脇をしめてキーボードを操作するようにしないと肩に負担がかかってしまいます。腕は指でキーボードのボタンやマウスを操作すると負担がかかり、集中して続けずに適度に休憩を取るなど工夫することが大事です。 また、椅子と机の高さがアンバランスになると腕にも負担がかかり、不自然な姿勢が続いて疲れやすくなります。

肘はキーボードやマウスを操作する際に一定の角度で曲げますが、負担がかからないように椅子に肘置きがあれば乗せるようにすると便利です。 パソコンを長く使う時は姿勢が悪いと疲れやすくなり、首や腕、肘のベストな状態を知る必要があります。ベストな姿勢は自分自身で試してみないと分からないため、椅子やモニターの高さを調整して目で見て把握することが大事です。姿勢は意識をしないといつの間にか乱れてしまい、首や腕などに負担がかかり肝心な時に集中できなくなります。 椅子は浅く腰をかけると中途半端になり、なるべく深くして背筋を伸ばすように意識することが重要です。パソコン作業は姿勢が基本になり、体型に合わせて椅子を選ぶなど工夫すると集中できます。

前のめりの姿勢を改善しよう

パソコン作業をするといつの間にか前のめりの姿勢になりやすく、猫背になって健康や美容などにも影響を及ぼします。作業をする時は「楽な姿勢」ですると良いと思われがちですが、実際には逆効果になり体に負担がかかっていることもあるものです。 基本的に足を組むことや背中を丸めることが多いですが、コロコロ姿勢を変えると逆に無意識に体を動かして集中できなくなります。パソコンやスマートフォンなどを使う場合はいつの間にか前のめり姿勢になってしまうことも多く、首が前に突き出てしまうものです。 このような姿勢は肩や背中が引っ張られて背中が丸くなり、首や肩、背中、腰などの上半身が凝って体が歪む原因になります。前のめりの姿勢はいつの間にか体に負担をかけることになり、作業に集中できないためペースが落ちてしまうため避けるべき体勢です。

椅子やモニターの高さを調整する

前のめりの姿勢を改善する方法は自分自身の体型を把握し、椅子の高さやモニターの位置を調整して最適な状態を認識する必要があります。パソコンは椅子に座ってキーボードやマウスを操作することを繰り返しますが、単純作業の連続のため体に負担をかけないように工夫することが重要です。 前のめりはパソコンを操作している時にいつの間にかなりやすいものですが、意識して直さないようにしないと上半身に負担をかけることや血行が悪くなります。姿勢が悪いと頭が働きにくくなる原因は体に負担をかけているためで、心当たりがあれば意識して直すようにすることが大事です。

モニターの位置を調整する

基本的に、前のめりにならないようにする方法は最適な姿勢を把握し、そのまま変えないように意識する必要があります。パソコンはモニターの位置がズレているといつの間にか前のめりになりやすく、いつの間にか首や肩に負担がかかっていることもあります。

高さや背もたれが調整可能な椅子を使う

椅子は上下の高さや背もたれを調整できるものを選び、背中が付着することで汗をかかないように吸収剤があれば便利です。作業をする時は体勢を極力崩さないように意識し、肩が疲れると腕を上に上げて深呼吸をするとスッキリします。 コロコロ姿勢を変えやすい状態は落ち着いていないためで、足を組むことやあぐらをかくを逆効果です。パソコンをする時は姿勢を正すことは必要不可欠で、前のめりの状態にならないように意識して続けると改善できます。最適な姿勢は作業効率を上げることだけでなく体に負担をかけなくなるため、把握すると美容や健康にも役立ちます。

パソコン作業時に姿勢を改善できるグッズ

パソコンはノートとデスクトップの2種類があり、長く続けてタイピングなどをする時は体に負担をかけないように姿勢を決める必要があります。デスクトップはモニターの高さを調整できますが、ノートになるとキーボードと画面が近くてどうしても前のめりになってしまいがちです。

ノートパソコンスタンド

最近ではこのような悩みを解消できるようにノートパソコンスタンドが販売され、折りたたみ式のPCデスクや左右に3個ずつジョイントがあり360度回転可能で自由自在に調整できます。 キーボードはノートパソコンに付いているものを使わずに専用のものを使い、画面を見やすくなるように最適な位置に調整するだけで姿勢を改善できることが特徴です。 また、マウス台があるものは最適な高さに調整でき、肘や腕への負担を軽減すると集中して使いやすいです。パソコンは長く続けて使うとどうしても熱を発するものですが、排熱孔があればフリーズや動作低下を防げて安心できます。 ノートパソコンはそのままテーブルに置いて使うとどうしても姿勢が悪くなるため、スタンドを購入して見やすくして左右のバランスを良くすると集中できます。キーボードは斜めに設置すると押しやすくなるためうまく調整し、ブラインドタッチができるようにするなど工夫すると効果的です。 ノートパソコンはデスクトップと違ってうまく調整しにくいものですが、姿勢が悪くならないようにグッズを使って同じような感じで使えるようにすると安心できます。

まとめ

パソコンを選ぶ時はノートパソコンは持ち運びができて便利ですが、どうしても前のめりになるため姿勢が悪くなって集中しにくくなるものです。ノートパソコンスタンドは様々なタイプがありますが、うまく調整すると最適な姿勢でタイピングができます。 パソコンを使う頻度が多いと肩がこりやすくて不健康になりやすいですが、使用するタイプに合わせて負担がかからないように姿勢を決めると効果的です。ノートパソコンはデスクトップよりも使いにくいと思われがちですが、操作をしやすくなるようにグッズを使えば悩みを解消できます。
スタンド使うのはアリだね
おすすめの記事