就活も動画で自己PRする時代!グランプリ受賞者のVIDEO MATCHING動画を見てみよう

TikTokやYoutubeをみてわかるように今は動画の時代ですよね。一般人が有名になって物凄いお金を稼いだり、それがきっかけで有名になった人もいたりします。もしかしたら、あなたも動画を使った配信を何かしているかもしれません。

いろんなことに使われる動画だけど、学生が企業に動画で自己アピールすることができるというサービスもある。就活といったら、履歴書書いてそこに自己アピール書いて・・・っていうことをやった思い出があるけど、企業への自己アピールすら動画。

今回はそんなVIDEO MATCHINGというサービスを見ていきたい。

動画で自己アピールなんてすごい時代になったもんだ

VIDEO MATCHING(ビデオマッチング)とは

VIDEO MATCHINGは学生と企業のマッチングアプリ。採用のきっかけにもマッチングっていう言葉を使うあたり時代の流れを感じますね。

会社を動画で魅せ、学生を動画で見て、採用するマッチングアプリ

企業は社員のや職場の雰囲気を動画で伝え、学生は自己アピールを動画を使って行うと。動画慣れしているかどうか結構こういうの出そうですよね。この人優秀そうだけど、めちゃくちゃ動画なれしているなあ・・・っていう人を企業はどう判断するんだろう。

企業と学生がフォローしあえば、チャットでやりとりが可能

このサービスでは、企業と学生がお互いにフォローし合えば、直接やりとりすることができるそう。企業はいろんな学生の自己PR動画を見ることができるというわけですね。履歴書見るより断然楽しそうです。

マッチングした時点でお互いのことが多少なりともわかるからいいかもしれない。履歴書なんかよりこっちの方がイメージ掴めそう感ある。

30秒自己PRムービーコンテスト

実は「ビデオマッチング」の事前登録キャンペーンとして「30秒自己PRムービーコンテスト」を開催されていたようです。事前登録に自己紹介のムービー送るなんてなんか不思議だ。そして、そのグランプリ受賞者たちの動画も発表されている。

グランプリ結果発表

これは面白い。いろんな人の動画が見れて何か新しい遊びをしている気分になる。

動画での自己PRどうだろうか

もしかしたら動画で自己PRするのが当たり前になっていくかもしれないですね。動画の方が履歴書で見るよりも多少なりともその人の雰囲気は知れるわけだしね。ただ、履歴書にも多少なりともあるだろうが、より顔で選抜する要素が強くなっていきそうな気がする。

面接行ったら顔面偏差値高い人しかいない・・・なんてことになったら怖いな。

おすすめの記事