テレビ電話っていろいろ種類がありますよね。LINEでもできるし、Skypeでもできる。Googleのハングアウトが真っ先に思い浮かぶ人がいるかもしれません。といっても、いざ使うことになったらどれを使っていいのか分からないものですよね。なので、今回はこの3つのテレビ電話に関して書いていこうと思います。相手の顔を見て話したい時には、このビデオ通話の出番です。

相手の顔を見て話したい時もあるよね。

ビデオ通話をするために

LINE

スクリーンショット 2015-08-08 12.39.52
あんまり使っている人が多くない印象があるけど、LINEでもビデオ電話をすることができます。普段からLINEで電話している人にとっては、一番とっつきやすいかもしれませんね。LINEでトークするのと同じようにスマホでタップするだけで使うことができるのがいいところ。

LINEビデオ通話の使い方

テレビ電話をしたい友達をタップ→ビデオ通話を選択。そうするとビデオ通話が開始されます。

あんまり普段では使わない気がするけど、普段使うのと同じようにすぐにビデオ通話できるのはLINEの手軽さの魅力。

注意点

ビデオ通話ばっかりしていると速度制限に引っかかるので注意しましょう。ドコモやソフトバンクなんかのキャリアを使っているなら月の通信容量が7GBを越えると速度制限がかかってしまうので、快適にネットサーフィンをすることはできなくなってしまいます。速度制限にかかってしまった経験者ならあの苦しみは二度と味わいたくないでしょう。ビデオ通話に限らず、動画を見ると容量を相当持っていかれるので、Youtubeの見過ぎなんかには気をつけましょうね。

Skype

Skypeを使ったことのある人ならわかると思うけど、スカイプの良いところは通話中に同じパソコンで別の作業をできること。といっても後で書くハングアウトでも同じことができますけどね。スカイプでは、一対一のビデオ通話とグループでのビデオ通話をすることが可能です。

  • 一対一のビデオ通話
  • グループビデオ通話

一対一のビデオ通話

スクリーンショット 2015-02-12 20.45.01

Skypeですからもちろん無料。Webカメラか対応スマートフォンを持っているSkypeユーザであれば誰とでも無料でビデオ通話ができます。ただ、スカイプでアカウントを作らないといけないので、それが面倒です。この点ハングアウトならグーグルアカウントで使うことができるから便利。

グループでのビデオ通話

家族全員に大ニュースを発表したり、仕事のプロジェクトチームでコラボレーションしたりするのに最適です。同じ通話に最高25人を追加できます。Skypeユーザであれば、通話は無料です。 Skypeを使っていない相手を通話に追加する場合は、Skypeクレジットや月額プランを使って相手の携帯電話や固定電話に通話してください。

こちらも書かれているように無料です。25人まで同時に話すことができたら、困ることはほとんどないでしょうね。仕事での通話も良いでしょうし、仲間内での通話なんかも楽しいに違いない。

スカイプはスマホじゃなくパソコンで使っている人も多いので、パソコンでビデオ通話をしたい人にはおすすめです。個人的にはスカイプって仕事っていうよりも遊びと仕事の中間のようなイメージがある。ただ、自分が今いじっている画面を相手に共有しながら会話することもできるから仕事なんかでも十分使えます。

Meet nowを使う

Skypeが2020年4月3日に利用開始したサービス。Microsoftアカウントもアプリのダウンロードも不要の無料Web会議サービス。数クリックで無料のWeb会議を開始できるみたいです。ビデオ会議までのハードルが低いのが良いね。

  • 会議通話が無料
  • サインアップ不要
  • ダウンロード不要

Meet now

ハングアウト

151649

Googleから提供されているものですね。Googleのアカウントを持っていれば使うことができます。特徴はスカイプと同じで複数人で会話することができ、自分の画面の共有をしながら話すこともできるということ。

便利な機能でみんなとの会話がもっとスムーズに・・・写真や絵文字を送ったり、友だちがハングアウト中かどうかを確認したり、相手が接続していないときでもメッセージを送ったりできます。

ビデオハングアウトでもっと楽しくコミュニケーション・・・ビデオハングアウトでは、一度に最大 10 人でビデオ通話を楽しめます。また、便利なアプリや愉快な特殊効果も利用できます。

みんなが使えるハングアウト・・・ハングアウトはパソコンでも、Android や Apple の端末でも利用できるので、友だちみんなとつながることができます。

unnamed-3ハングアウト2ハングアウト3

大人数でビデオ通話する時にはこれは10人までしか通話することができないので、25人まで通話することができるスカイプのほうがいいかもしれません。ただ、Googleのアカウントを持っている人は多いと思うので、ビジネスには向いています。画像はスマホの画像だけど、もちろんパソコンで使うことも可能です。仕事だとパソコンで使うことが多そうだけど、全然問題ない。

appear.in

スクリーンショット 2018-01-07 11.43.42

そこまで有名どころではないのかもしれないけど、appear.inというビデオ通話ができるサービスもある。使ってみたらかなり簡単だったからこれを使うのもありですね。(2020年3月現在は使うことができなくなっています。)Skypeやハングアウトのようにビデオ電話を使ってチャットのやり取りをすることができます。

「Create a room link, start talking」の部分に適当なurlを打ち込んで「Create new room」をクリック。こうすることで、そのurlにアクセスするだけで、ビデオ通話を始めることができます。感覚としては部屋を作ってその部屋のURLを共有すれば皆で話すことができるといったもの。

appearin

トーク画面はこんな感じ。右側に相手が映って話すことができる。チャット機能もあるので、文字ベースでのやり取りも可能です。

LINE,Skepe,ハングアウトを比較

簡単さならLINE

ビデオ電話を簡単にしたいならLINEがおすすめです。今じゃLINEなんて電話代わり、メール代わりみたいなものなので、かなり使っている人も多いです。友達を選択してビデオ通話を選択するだけでつなぐことができるんだから簡単さではLINEが一番。

他の操作もしたいならSkype、ハングアウト

ビデオ電話中に使用している端末で他の操作をしたい人にはSkype・ハングアウトがおすすめです。通話中に画面を切り替えて操作することができるのは魅力的です。iOSのiPhoneとAndroidのスマホでは少し操作が違っていて、Androidは他の操作中に通話相手が小窓表示になるのでわかりやすいです。appear.inも簡単に使えるしかなり良かったんだけど、今は使えないから残念。

 

スカイプのMeet Nowは使ったことないから、どんなもんかわからないけど簡単に使うことができるからいいかもしれない。

仕事関係ならハングアウト

仕事関係で使いたいならハングアウトがおすすめです。ラインやスカイプほど娯楽のイメージがなく、Googleのアカウントを持っていれば使うことができるのは楽Gmailを使ったことがあればグーグルのアカウントは持っているはずだし、すぐに使うことができる。最大で10人とビデオ電話をすることができ、通話中に他のユーザーを招待なんてこともできます。

 

ハングアウトではビデオ通話中は参加者の顔が下の方に表示されます。もちろん自分の顔を映したくないときにはボタン一つでカメラをOFFにできるので、音声だけでのやり取りをすることもできます。

まとめ

といっても、どれを最初に使えばいいのかわからない…といったことも思うかもしれないですね。そんな人にはスカイプをおすすめします。企業でもスカイプで画面を通して授業をするっていうところもあるぐらいだからそのクオリティはなかなかのもの。アカウントを作るのが面倒だったら、LINEを使うといいでしょう。ただ、仕事で使うならハングアウトがおすすめです。

 

これは追記なんだけど、スカイプのMeet Nowもありかもしれない。ビデオ会議を行うまでのハードルが低い。

appear.inは簡単で良い感じだよね。slackでも簡単に相手の顔を見て話すことはできるから使ってみるといいかも。

Twitterでフォローしよう