iOS13で何ができるようになる?

2019年6月3日に開催されたアップルの開発者イベントWWDC19の基調講演でiPhone用のiOS13が発表になりました。既存機能のアップグレードや新機能などいろいろありましたので、簡単にまとめてみたいと思います。個人的に注目している機能をいくつか挙げて、あとはその他として列挙しています。

iOS13で変わるiPhoneの機能

パフォーマンス向上

いくつかの既存機能でパォーマンスが上がるとのこと。新機能よりは目立たないアップデートですが長い目で見ると大事な部分ですね。どれほど快適になるのか気になるところ。

FaceIDのロック解除が30%早くなる

FaceIDは電子マネーを使うときにレジ前でロック解除を人も多いと思いますので地味に嬉しいですね。ただ、日本人のFaceIDノ使用率ってどんなもんなんでしょう。ちなみに、FaceIDの設定方法はAppleの以下の記事に載っていますよ。

iPhone や iPad Pro で Face ID を使う

アプリの初回ダウンロードサイズが最大50%、アップデートで最大60%小さくなる

ギガが足りなくてアプリのダウンロードができない!Wi-fi接続しないと・・・なんてこともダウンロードしサイズが小さくなれば、減っていきそうですね。あまり気にしない点かもしれないけど、地味に良い。

アプリの起動が2倍速

アプリの起動2倍ってすごいですね、今でもそれほど遅いと感じることはありませんが、とにかく2倍速になるそう。1.○倍とかじゃなくて、一気に倍になるんだね。。

ダークモード

ありそうでなかったiOSのダークモードがついに導入されるそうです。見た目がカッコいいのと目が疲れないのでダークモードはおすすめです。

コントロールセンターでオンとオフが切り替えられる

Wi-FiBluetoothの操作をコントロールセンターでできるようになるようです。モード切り替えで毎回「設定」を開くのは面倒なので、コントロールセンターで切り替えられるのはいいですね。結構便利になる気がする。

新しいリマインダーアプリ

リマインダーアプリが刷新されるようです。タスク管理のアプリは他にもたくさんあるので、正直なところ今までこの純正アプリは使っている人が少なかったかも知れませんが、大きくバージョンアップしたので期待したいですね。

クイックツールバーが導入された

このクイックツールバーによってタスクの作成と整理が簡単になるようです。基本機能が強化されるのは重要なアップデートですね。

Siriがサポートしてくれる

これは使用期間が長くなるとSiriが学習して、その人のタスクを推測してくれるようです。AI的な何かを感じますね。これからはiPhoneユーザーはSiriに全てを管理されるようになるのかもしれない。

マップ機能もアップデート

マップといえばGoogleマップがかなり先行している感がありますが、こちらも進化するようです。

3D体験で街を散策できる

デモ画面を見ると期待が膨らむ機能です。Googleマップに近いかそれ以上かも知れません。Googleマップの「ストリートビュー」のようなものができるようです。ただし、米国が2019年ということなので日本は早くても2020年頃になると思われます。

スポットリストを友人と共有できる

旅行の計画などで行きたい場所を友人と共有できるようです。旅好きな人にとっては嬉しい機能かな。

プライバシーとセキュリティ

Appleはこのプライバシーとセキュリティにかなり力を入れているようです。

Sign In with Apple

これは安全にアプリやWEBサイトにAppleIDでサインインできる機能ということです。相手先のサイトにはランダム発行のアドレスを渡して、こちらのアドレスは知られずにやり取りができる機能もあるようです。また、許可なしに位置情報取得や追跡をしない制限も可能ということです。

ミー文字とメッセージ

TwitterやYouTubeなどでもときどき見かけるミー文字が進化するようです。

ヘアスタイルや帽子、メイクアップ、ピアスなどの表現が追加

従来のバリエーションに加えて、さらにアクセサリーが増えるとのこと。

自動でスタンプが作成される

作ったスタンプをキーボードでも使えるそうなので、メールやサードパーティアプリでも使えると思われます。自分で作ったミー文字を使える機会が増えるのはうれしいですね。

メッセージアプリ

当初から少しずつ機能が強化されていくメッセージアプリですが、さらに機能が増えるようです。

メッセージをやり取りする相手に自分の情報を伝えられる

これは便利機能ですが、プライバシーの問題もあるのでどのような相手に伝えるかはコントロールできるようです。

英単語のスワイプ入力が可能

英語配列のキーボードでスワイプ入力できるようなデモ画面が表示されていました。ただ、日本語は対象外ということです。(すでにフリック入力があるためと思われます)

その他

  • 写真アプリで年別、月別、日別に自動的に分類される
  • AirPodsで友達と音楽を一緒に聴くことができる
  • CarPlayが見た目が大きくアップデートされて予定と音楽アプリも同時に表示される
  • Siriとショートカットが賢くなる
  • Siriの音声読み上げがなめらかになる(英語が先で日本語はあとになると思われます)
  • Homepodが声を聞き分けられるようになる(家族で使えるようになる)
  • 手が不自由な人向けの「ボイスコントロール」が高機能になる(声だけ操作が可能になる)
  • メールアプリのテキストフォマットツール
  • メモアプリの強力な検索とギャラリービューが追加される
  • ヘルスケアの情報表示の進化と月経周期項目追加になる
  • ファイルアプリは外付けドライブが使用可能になる

iOS13アップデートまとめ

iOS13になると、結構いろんな部分が変わってきそうですね。iPhoneユーザーにとっては結構嬉しい情報かもしれません。個人的には、Siriがどの程度アップデートされるのか楽しみ。今後のアップデートでは、Siriが何でもやってくれそうな未来もあるかもしれない。

おすすめの記事