Bluetoothイヤホンの使い方とコスパ・用途別オススメ

もうイヤホンならワイヤレスじゃないとダメ!っていう人も多いですよね。ワイヤレスならコードが絡まることもないし、イヤホンを耳にはめるだけです。

今回は、Bluetoothイヤホンのちょっと気になる部分とオススメのBluetoothイヤホンを紹介します。

Bluetoothイヤホンがもはや当たり前だもんなあ

Bluetoothイヤホンの充電方法は?

Bluetoothイヤホンは音楽を再生する機械からイヤホンに音声を飛ばす必要があるため充電を必要とします。このBluetoothの充電方法は大きく分けて2種類に分けられます。

左右一体型やネックバンド型のBluetoothイヤホン

左右一体型やネックバンド型のBluetoothイヤホンでは本体に付属している充電コードを使用します。この充電コードはUSBケーブルとなっていることが多く、端子の形状が同じであればスマートフォン用のUSBケーブルを用いても問題ありません。

左右完全独立型のBluetoothイヤホン

左右のイヤホンがバラバラとなっている完全独立型のBluetoothイヤホンでは充電機能を備えた専用ケースを用います。(直接本体に充電コードをさすタイプもありますが、多くは専用ケースを用います。)

このタイプではまず専用ケースに充電コードを使用して充電を行います。そして、イヤホン本体をケースに収納すると自動的に充電を開始します。そのため、収納することと充電が同じ意味を持つので、持ち運んでいる間に勝手に充電を済ませることが出来るというメリットがあります。充電機能を備えた専用ケースの多くはイヤホン本体を2〜3回程度なら満充電することができるようになっています。

BeatsのBluetoothイヤホンが欲しんだけど?

イヤホンならBeatsが欲しいという方もいるかもしれませんね。

BeatsのBluetoothイヤホンはスタイリッシュなネックバンド型ワイヤレスイヤホンの「Beats X」と、ハードなスポーツでの使用を考慮して耐汗・防沫機能を備えた「Powerbeats3 Wireless」、Powerbeats3 Wirelessを左右完全独立型にしたデザインの「Powerbeats Pro」の3種類が販売されています。

BeatsXはネックバンド型となっていますが、ネックバンド部分が柔らかく柔軟性があるので装着している感覚が少なく、収納する時も軽く丸めることが出来るので使い勝手に優れています。また、音質もBeatsらしい低音を重視したサウンドとなっていますが、高音もそれなりに出ているのでノリが良くPOPSやロックと相性が良いと思います。

Powerbeats3 wirelessは左右一体型のネックバンド型となっており、耐汗・防沫機能の他にも最長12時間持続するバッテリーを備えているのが大きな特徴となっています。音質もデュアルドライバアコースティックによってクリアでダイレクトなサウンドとなっています。

Powerbeats Proは今年発売予定の新型モデルとなっており、Powerbeats3 Wirelessの特徴をそのままに左右完全独立型とした上で、新型のチップセットを採用することで更なる音質の向上を果たしたモデルとなります。

イヤホンのBluetooth化もできる

お気に入りの有線イヤホンをBluetooth化して使用したいと考えている人も居ると思います。有線イヤホンをBluetooth化するには2つの方法があります。

Bluetoothレシーバーを仲介させる

1つ目は多くの有線イヤホンではイヤホンジャックを使用して再生機器に直接接続しますが、ワイヤレスで音を飛ばすことが出来るBluetoothレシーバーという機械を仲介させることよってBluetooth化させます。

方法は簡単でイヤホンをBluetoothレシーバーに接続し、BluetoothレシーバーとBluetooth機器をペアリングするだけとなります。これによってイヤホンと再生機器本体をワイヤレスで繋ぐことが可能となります。

MCCXを使用した方法

2つ目は高級イヤホン等に採用されているMCCXと呼ばれるコネクタを使用した方法で、対応イヤホンは限られますがイヤホン本体はそのままにケーブル部分をBluetoothレシーバー機能を備えた機器に変更することが可能となっています。

この方法を用いるメリットとしてはケーブル部分を短く抑えることが可能となり、左右一体型Bluetoothイヤホンと同じ感覚で使用することが出来ます。

スポーツで使うならこのイヤホン

Beats「Powerbeats3 wireless」

Powerbeats3 wirelessはコードが首の後ろに回っているネックバンド型のBluetoothイヤホンとなっています。その為、左右のイヤホンが繋がっているので片方だけを無くす心配がなく、更にPowerbeats3 wirelessのイヤホン本体は耳掛け式となっているので、ジョギングなど揺れ続けるような環境でも安定感があります。

BOSE「Sound Sport Free wireless Headphones」

Sound Sport Free wireless Headphonesは左右完全独立型のBluetoothイヤホンですが、スポーツに適した独自形状のウイングを採用しています。その為、長時間装着してスポーツしても安定性が高く耳から外れにくくなっています。

また、Sound Sport Free wireless HeadphonesはIPX4の防滴仕様となっており、汗で本体が濡れても安心です。その他にも専用アプリには落下した場所を特定する機能が含まれているので、万が一紛失した場合にも探し出すことが出来ます。

SONY「WF-SP900」

WF-SP900はIPX8という高い防水性能を備えた左右完全独立型のBluetoothイヤホンとなっています。その為、プールや海といった本体が水没するようなシーンでも使用することが可能です。このような場所ではスマートフォンのような音楽再生機器を持ち込めない可能性が高いですよね。ですので、本体に4GBのメモリを内蔵していて、イヤホン本体だけで音楽を楽しむことが出来ます

WF-SP900は完全独立型イヤホンの弱点である脱落のしやすさを克服するために、アークサポーターを採用していて安定性が高く、更にスポーツでの使用時に有効となる外音取り込みモードも搭載しており、周囲の人と話をしたい時や周囲の環境が混んできた時にも活躍します。

コスパで選ぶならこれ

SONY 「WI-C300」

WI-C300は高音質ながらリーズナブルなBluetoothイヤホンです。実売価格は3000円程度ながら高磁力ネオジウムマグネットを採用しており、クリアな中高音と重厚でパワフルな低音を兼ね備えています。

また、Bluetoothの機能に関しても充実しており、高音質での転送が可能な「AACコーデック」に対応していたり、Bluetooth接続がしにくい環境でもワンタッチでサポートが可能な「ワンタッチ接続(NFC)機能」や、最大8台まで機器とペアリングできる「マルチペアリング」といった機能を備えています。

SoundPEATS 「TrueFree+」

TrueFree+は高音質なAACコーデックに対応した左右完全独立型Bluetoothイヤホンです。高性能な「Realtekチップセット」を搭載し、通信速度や安定性を向上させたBluetooth5.0に対応したことにより、混雑した環境のような音飛びしやすい環境でもTrueFree+は高い安定性を誇ります。

また、機能面でも充電ケースから取り出すと自動的に電源がオンとなりペアリングする「自動ペアリング機能」や、左右それぞれで再生可能な「片耳モード」といった便利な機能が充実しています。これらの高い性能や高機能を備えていながら実売価格は5000円以下に抑えられており、非常にコスパに優れたBluetoothイヤホンになっています。

かっこいいイヤホンあるやん

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事