勉強に役立つオススメのYoutubeチャンネル7選

Youtubeは現代人の欠かせない動画サイトのひとつですが、実は勉強の参考になる動画もたくさんアップロードされています。
今回は、そんな「勉強」に特化したチャンネルを合計7チャンネルほど厳選し、ご紹介していきます。

Youtubeで勉強できる時代か、やるじゃん

Youtuberがメインのもの

QuizKnockチャンネル

「Quizknock」は、元東大生クイズ王である伊沢拓司さんが立ち上げたWebメディアであり、QuizKnockチャンネルには毎日新しい動画が投稿されています。

東大生や元東大生たちが、毎回趣向を凝らされた形式のクイズに答えてゆく動画なのですが、毎度毎度多岐にわたる分野からの出題がなされ、見ているだけで新しい知識が染みついてゆきます。

東大生といっても、頭の固いお勉強をするといった感じでは全くなく、でてくるユーチューバーたちはみんな気さくで、ユーモアたっぷりに動画を進行させてゆきます。

多彩な企画力も魅力の一つで、「スマブラしながら早押しクイズ」「英語以外禁止クイズ」「100倍速クイズ」など、どうしたら思いつくのだろうという面白いアイディアの動画にあふれています。

笑いながら1日1動画を見るだけで、教養を深まってきゆき、YouTubeで勉強をしたい人は最適なチャンネルのひとつです。

ネオ高等遊民・哲学マスター

YouTubeを通じて哲学に入門してみたい、という方にオススメのチャンネルが「ネオ高等遊民・哲学マスター」です。
このチャンネルの主、ネオ高等遊民さんは、哲学系YouTuberを名乗っており、その名の通り幅広く哲学関係の動画をアップロードしています。
その内容は、硬めの哲学書の紹介から、恋愛などの砕けた内容で自ら哲学を実践する動画まで、様々です。

インターネット上に哲学の勉強をすすめるブログなどはいくつかありますが、ネオ高等遊民さんの特徴は、学術的な哲学研究という観点を保ちながら哲学を紹介するという点にあります。
そうしたバックグラウンドには、ネオ高等遊民さんが、哲学の分野で修士課程を修了したマスター(修士号)保持者だという事情もあります。

例えばプラトンという哲学者の紹介をする場合、通常の人であれば、プラトンの思想の内容を簡単にまとめて終わり、というのがほとんどです。ところがネオ高等遊民さんは、日本のプラトン研究者を本を次々に挙げてゆき、日本にギリシャ哲学研究者の分厚い層があることを示唆します。

哲学というのは、世界について自由に思索することである一方で、哲学史の勉強をする上では、その解釈の歴史、研究の歴史ということは外して考えることはできません。

良くも悪くも哲学についての雑多な情報がを飛び交うインターネットの中で、ネオ高等遊民さんのような仕方で堅実に哲学を紹介する方が現れたことは、大変心強いことです。

急いで付け加えておけば、堅実に哲学研究を踏まえているといっても、彼の動画はけっしてお固いものではありません。

あくまでも彼はユーチューバーを名乗っていることからもわかるように、その動画はどれも、気軽に楽しみながら視聴することができるものです。

最近はタイに旅行にも行っており、タイの景色を映しながら哲学についてゆるりと語る動画などは、日々の癒しにもオススメです。

予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

続いて紹介するのは、「予備校のノリで学ぶ『大学の数学・物理』」というチャンネルです。
このチャンネルは、略してヨビノリとも呼ばれ、TwitterなどのSNSを中心に学生などに高い評価を受けているチャンネルです。

一般に予備校の先生は、中学や高校の先生よりも、わかりやすくユニークな話術でコンパクト話を進め、鮮烈な印象とともに勉強の内容を生徒に焼き付けるというイメージがあります。
このチャンネルのタイトルにも掲げられている「予備校のノリ」は、まさにこうした予備校のイメージを正しく引き継ぐものです。

内容は大学レベルの物理や数学の、難解なはずの話なのですが、「予備校のノリ」でテキパキと進められてゆくため、理解が進みます。
どの動画も、本で読むと非常に難しく感じるような内容が、理解しやすい形でまとめられており、「わかった気がしてくる」だけでなく、本当にわかってしまいます。

大学の内容はちょっと…という方もいらっしゃるかもしれませんが、心配はいりません。
このチャンネルでは、高校物理や高校数学の動画も扱っていて、かつて挫折してしまった微積分など、基礎からやり直したい人も必見です。

最近では、「教育系YouTuberに未来はあるか」などの尖ったテーマで対談を行う動画も載せており、勉強の合間に視聴して士気を高めるのも良いでしょう。

中学・高校内容に特化したもの

映像授業 Try IT

「映像授業 Try IT」チャンネルは、中学及び高校の英語・数学・理科・社会の講義動画を幅広く載せているチャンネルです。
講義動画といっても、かなり細かく分野が分かれており、ひとつひとつの動画は短くコンパクトにまとまっているため、隙間時間に受けたい内容に限定して視聴することが可能です。

現役の中高生だけでなく、中学高校の勉強を復習したいという大人にもぴったりなチャンネルです。
大人が今更子供たちの通う予備校や塾に通うわけにはいきませんが、YouTubeで動画を見ることならいくらでもできるのですから、良い時代になったものですね。

特にオススメなのが地理や世界史などの動画で、昨今の世界情勢などを考える上でも身につけておきたい教養を、専門の講師陣からきちんと学ぶことができます。

とある男が授業をしてみた

これも中学高校範囲の勉強に関する授業を撮影した動画ですが、こちらは爽やかなお兄さんによって一人で運営されているものです。
一人の先生から学ぶ方が気が楽だ、という人にはこちらがオススメかもしれません。

大学のチャンネル

上の項目で中学・高校内容の動画を二つほど紹介してきましたが、大学レベルの内容が聞きたい、という方もいらっしゃるでしょう。
実は、日本の大学の中にはYouTubeチャンネルを持っている大学が多くあり、一部の授業などを無料で公開しています。
高い授業料を払って大学生が受けている講義を、自宅でネット越しに視聴できるのですから、これを逃す手はありません。

慶應義塾Keio University

その一つが慶應大学のチャンネルです。慶應大学チャンネルが特に強いのは、理工系の動画です。数理物理、量子コンピュータなど、最新の工学を学んでみたい人はぜひ視聴されると良いと思います。

東北大学チャンネル

また別の角度からのオススメとして、東北大学のチャンネルがあります。
東北大学のチャンネルの良いところは、動画が非常に綺麗だということです。
良い専用のカメラを使っているのか、画質がとても良質であるということに加え、大教室や講堂で用いられている発表のスライドが、いずれも美しいのです。

せっかくYouTubeを使って講義を聞くのですから、音声だけではなく視覚的にも楽しみたいと思うのは自然なことです。
そんなときに、東北大学のチャンネルはとてもハイクオリティな勉強コンテンツを提供してくれます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ここでご紹介した7つのチャンネルを全て見終わるころには、きっとあなたには深い教養が身についていることでしょう。

勉強ついでに他のYoutubeチャンネル見ちゃいそうで怖いな・・・
おすすめの記事