Semiroタッチペンレビュー!初心者にお勧めの書き心地です!

皆さんの多くがスマートフォンを利用されていると思いますが、そのスマートフォンの操作をより快適にできるタッチペンの存在をご存知でしょうか。

テレビやインターネットでタッチペンが使われているシーンを見かける機会は多いかもしれませんが、実際にどのような使い勝手なのか?どのような商品を選べばよいのかわからないという方も少なくないと思います。

タッチペンで最もメジャーな製品は、Apple製の「Apple Pencil」です。Apple社がiPad用に開発したタッチペンで、iPhoneをはじめとしたスマートフォンに利用できます。しかし、Apple純正品とあって値引きが中々されず、現在も1万円を越える高額商品になっています。

一方で、Apple社以外の様々なメーカーもタブレット、スマートフォン用のタッチペンを販売しています。この手のタッチペンは値下げも相まって平均して3,000円程度と安価です。

そのため、タッチペンを試してみたいという初心者の方にお勧めの商品になっています。とはいえ価格が安いということはそれなりに品質に差が出るものです。そこで、本記事では、初心者向けのタッチペンの一つであるSemiro タッチペンをご紹介致します。

タッチペンね、使い勝手が大事だろうな

Semiro タッチペンの概要と外観レビュー

概要

Semiro タッチペンの概要は以下の通りです。定価は1万円超えですが、Amazonで購入すれば値引きされ、3,000円程度で購入することができます。

  • メーカー(販売元):Elemiya (GASTTA)
  • 品名:Semiro タッチペン
  • 定価:12,800円 (税込)
  • 購入価格:3,199円 (税込)@Amazon

セット内容

  • タッチペン
  • ペンキャップ
  • 収納袋・充電ケーブル
  • 日本語取扱説明書

外箱及び内箱


白い箱に収納されています。外箱は筒状になっており、内箱を押し出すようにして取り出します。内箱にはタッチペンをはじめとしたセット内容一式が収まっています。

タッチペンペン本体

タッチペンの本体は普通のペンと殆ど変わらない外見をしています。重さも約15gと非常に軽量で、持った感覚も殆ど普通のペンと変わりません。

クリップがあるので衣類のポケットに付けたり、手帳タイプのスマホケースに取り付けることができます。本品には太さやタッチ感の違う細いペン先太いペン先が搭載されており、目的に応じて使い分けることができます。詳細は後述します。

また、クリップの近くには電源ONボタンが設置されており、押すとボタンの周囲に配置されたパイロットランプが青色に点灯します。後述しますが、この電源ボタンはタッチペンの細いペン先(極細銅製ペン先)をアクティブにする、即ち、画面タッチを反応させる役割があります。

太いペン先についてはクリップがついている側についており、持ち替えるだけでペン先を使い分けることができます。以上がタッチペン本体のレビューです。

Semiro タッチペンレビュー

極細銅製ペン先 (細いペン先)の使用レビュー

普通のペンと同じように直径1.6mmのペン先がついており、一般のペンと似たような自然な書き心地を実現することができます。ペン先が細く、硬さがあることで書かれている状況をリアルタイムに確認することができます。

用途としては、絵を描いたり、文字を書いたりするなどの細かい作業をする際に有利です。一方で、どのタッチペンにも言えますが、この細いペン先を使うためには電源が必要です。電源によりペン先に静電気を発生させ、指でタッチするときと同じような状況を作り出します。本品の場合は、ペン本体のボタンを押すことで有効になります。

導電繊維ペン先 (太いペン先)の使用レビュー

クリップ側に持ち替えると直径5mm程度の太いペン先になります。導電繊維で編み上げた構造になっているため、細いペン先と違ってペン先が柔らかく、ディスプレイ上での滑りがよいといったタッチ感の柔らかさが特徴です。

細かい作業は苦手ですが、素早くタッチしたり、画面上をスムーズにスワイプする操作が得意です。また、ペン先が柔らかいのでディスプレイへのダメージを抑制するとともに、操作時に音がほとんどなりません。

用途としては、スマートフォンで遊べるゲームやSNSといった細かい操作不要で、多くの操作が必要なアプリケーションに向いています。また、細いペン先と違って電源供給不要であることも特徴の一つです。細いペン先の充電が切れてしまったときは太いペン先に持ち替えれば応急的に対応できます。

USB充電

細いペン先を使うための電源は、ペンに内蔵されたバッテリーにより行います。電源はUSB入力ポートから充電することができます。太いペン先がキャップの役割を兼ねており、このキャップを外すとUSB入力ポートが現れます。このポートに付属のUSB充電ケーブルを接続し、これをパソコンなどのUSB入力ポートに接続するだけで充電することができます。

充電中はパイロットランプが赤色に点灯し、充電が完了すると緑色に点灯します。フル充電に約2時間を要し、フル充電時の連続使用時間は約8~10時間程度です。充電ケーブルの長さは約30cm程度です。尚、キャップ部には磁石が搭載されていますのである程度固定されており、脱落してしまうことはほとんどありません。

その他

タッチペンを持ち運ぶためのケースが付属しています。人工皮革で作ったコブクロに切れ目がはいっており、そこに入れ込む形です。ボタンやひもなどはないので、運び方によっては飛び出すかもしれません。取り扱い説明書は日本語版のものが付属しますのでどなたでも安心して使うことができます。また、説明書の文章も日本語が破綻しているところは特にありませんでした。

Semiro タッチペンの良い点

コスパ良好

金額はApple Pensil (Apple社純正品)対比で半分以下の価格でありながら、同様の細いペン先を搭載しており、実際のペンと同じような感覚で書くことができます。

また、Apple Pensilと違って、用途の違う柔らかい太いペン先も搭載されています。特に太いペン先は普段使いに適しており、価格に対する機能の豊富さを考えると、コストパフォーマンスは良好と思います。

グリップ感が良好

ペン本体はマット塗装のような表面処理がなされており、滑り難くなっています。硬く細いペンですので光沢があると滑りやすくなってしまうものですが、その点も対策されていて使い勝手が良いです。

自動電源OFF機能搭載で安心

細いペン先の使用時には電源を使用しますので、使った後にうっかり電源を切り忘れて気づいたときには電池切れになることが心配です。しかし、本品は30分経過すると自動的に電源がOFFになりますので、切り忘れて電池切れになることはありませんので安心です。

線が途切れることがあまりない

品質の低いスタイラスペンの場合、線を描いたときに途中で途切れるという現象がおこることがあります。しかし、本品の場合はそのような現象はなく、書き心地良好です。また、ガラスのカバーを付けていてもしっかりと反応してくれるので用途に制限がない点もGOODです。尚、絵を描く時のアプリに「Adobe Draw」を使用したときのレビューです。

Adobe Illustrator Draw

Adobe Illustrator Draw
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ

Semiro タッチペンの悪い点

感度調整ができない

本品はペンの感度調整ができません。例えば、Apple Pensilの場合は筆圧を検知して線の細さを変えたりといった芸当ができますが本品はできません。より精度の高い描画が要求される場合はApple Pensilの方が有利です。

太いペン先を無くしやすい

充電中に太いペン先が搭載されたキャップを取り外しますが、このキャップが小さいので無くしてしまう可能性があります。また、取り外した後は特にペン本体に固定できるわけでもなく、アクセサリーを付けられるわけでもないため紛失に注意が必要です。

細いペン先の描画感覚に慣れが必要

本品の細いペン先で線を描くとき、ペンの傾きによってペン先がディスプレイに接触している箇所と線が描画される位置が変わってきます。

例えば、ペンを垂直に立て、画面向かって上下方向にペンを走らせると、ペン先と描画位置はほとんど同じになりますが、一方で普通のペンのように斜めに持って画面向かって左右方向にペンを走らせるとペン先と描画位置はかなりずれます。

また、ペン先と描画位置のタイムラグがありますので、あまり素早くペンを走らせると遅れが大きくなって描画しにくいです。上記のような特徴から、思い通りの描画をするためにはある程度の慣れが必要です。

さいごに

タッチペンにはいろいろな種類があり、どれを選ぶか迷ってしまうものです。今回紹介したものはタッチペンは、細かい描画ができる細いペン、頻繁な日常操作をスムーズにさせる太いペンの2種類を搭載しており、初めてタッチペンを使う人、試してみたい人にぴったりな仕様になっています。

しかしながら、高額なタッチペンと比較すると細いペンの書き心地にやや癖があります。普段使いよりは絵を描くことを中心に使いたいといった方は、どちらかというと高額なペンを購入する方が目的に合っているかもしれません。自分がどのような目的でタッチペンが欲しいのかをよく考慮した上で機種選びをしてみてください。

コスパ良さそうなタッチペンだね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事