カメラ性能の良いスマホ6選!

スマホ選ぶ際に妥協できない点はカメラだという人も多いのではないでしょうか。Twitterやインスタに綺麗な写真をアップしている人を見るとやっぱり目を惹きますもんね。自分でも素敵な写真を撮りたくなるはずです。

この記事では、そんな素敵な写真を撮ることができそうなカメラ性能の良いスマホを紹介していきます。

カメラ性能の良いスマホは確かに魅力的

カメラ性能の良いスマホ6選

UMIDIGI F1 Play SIMフリースマートフォン Android 9.0

トップにはUMIDIGI F1 Playを持ってきました。このチョイスには不満を持つ方も多くいると思います。しかし、新興のメーカーがこれだけのスペックを持つスマホを、これだけの激安で提供していることは素直に評価したいと思います。

UMIDIGI F1 Play

UMIDIGI F1 Playのデュアルカメラは縦並びタイプです。F値1.7の非常に明るいレンズを採用しており、暗所でもノイズの少ないクリアな写真が撮影出来ます。 48MP超高解像度センサーを搭載し、1/2インチの大きなセンサーサイズを測定するF1 Playは、毎日の撮影でプロ品質の写真が撮影できます。

UMIDIGI F1 Play

チップセット(CPU)はHelio P60オクタコア、メモリ(RAM)は 6GBです。一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。

ディスプレイサイズは6.3型で流行りの縦長ディスプレイを搭載。画面上部にノッチ(切り欠け)があり、コンパクト化されており画面占有率が非常に高いモデルとなっています。 安価なスマートフォンではワンランク解像度の低いHD+が採用されることが多いのですが、UMIDIGI F1 PlayはFHD+解像度のパネルを搭載しているので画面の粗さも気になりません。

バッテリーはスマホでは超大容量な5150mAhバッテリーを搭載します。バッテリー容量が増えると待機時間ではなく実利用時間がグンッと伸びるのでスマホを沢山触る方は嬉しい仕様です。 大容量バッテリーの欠点は大容量故に長い充電時間が必要なこと。

UMIDIGI F1は長時間の充電時間を短縮するために18W(通常充電は5Wなので3倍以上の速度)で充電出来るFast Chargeに対応しているので、大容量バッテリーもスピーディーに充電が可能となっております。

Google Pixel 3a

二番手はGoogle Pixel 3aを推奨させていただきます。5万円以下でこのスマホが買えるのは有り難いと思います。スペック、値段ともに文句なしです。

Pixel 3aは、2018年11月に発売されたPixel 3の廉価版に位置するモデルです。5.6インチ(2220×1080)の有機ELパネルを搭載しています。ボディー背面の素材がソフトタッチのガラス製からポリカーボネート(樹脂)製へと変更されています。

グーグルは、5.6型スマートフォンGoogle Pixel 3aを5月8日よりGoogle ストアで予約受付を開始し、5月17日より発売しました。お気に入りのアプリや日常のあれこれをこなす機能、長持ちするバッテリー、端末を安全かつ常に最新の状態に保つ最新ソフトウェア、そして手ごろな価格」を実現した「Google Pixel」シリーズの新モデルです。

仕様面では、ディスプレイとして、5.6型フルHD+有機EL(2220×1080ドット)を採用。ボディカラーはClearly White、Just Black、Purpleを用意しています。


機能面では、端末下部を握ると「Google アシスタント」が起動し、話しかけるだけでテキストを送信したり、通知を設定したりできる。また、3年間のセキュリティおよび OSアップデートを適用するほか、グーグルが開発した独自チップ「Titan M」を採用し、ユーザーのデータ保護をサポートします。

このほか主な仕様は共通で、プロセッサーが「Snapdragon 670」、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GB。カメラ機能は、背面に1220万画素カメラ(F1.8)を、前面に800万画素カメラ(F2.2)を装備した。OSは「Android 9.0」をプリインストールします。

バッテリー容量は「Pixel 3a」が3000mAh、「Pixel 3a XL」が3700mAh。いずれも、指紋認証センサー、3.5mmオーディオ端子、FeliCaを装備します。本体サイズは70.1(幅)×151.3(高さ)×8.2(奥行)mm、重量は147g。Google ストアでの価格は48,600円です。

iPhone XR

iPhone XR

3番手はiPhone XRを置きたいと思います。XRはシングルカメラ(広角レンズだが望遠ではないので光学ズームはなし)です。このため、デュアルレンズのXSと同じレベルまで被写界深度を調節することは難しい。「ポートレート」モードで撮影したときに、被写体が人間でないとうまく背景をぼかすことはできません。

しかし、XRのカメラは写真でも動画でも、XSと比べてほとんど遜色ないレべルです。1,200万画素の背面カメラと3Dセンシング技術を採用した700万画素の自撮り用カメラは、昨年のモデルから大きく進化した。全体として素晴らしいカメラだと思います。

フラッグシップモデルとは違い、部品や搭載する技術が本当に最先端というわけではないが、XRはよくできたスマートフォンです。既存のテクノロジーをうまくまとめて、丁寧に仕上げた機種です。
多くの人は、新型iPhoneが発表されるたびに全モデルを何時間もいじくりまわしたりしません。大半の人は、XRの性能に十分満足すると思います。

一昨年発表したフラッグシップモデル「iPhone X」の当初の価格は999ドル(日本では12万1,824円)からであり、「XS」も同額(日本では11万2,800円)です。最上位機種の「XS Max」は、iPhone史上で最高値を更新しました。それでも、“安い”モデルは存在し、選ぶことができるのです。

iPhone XRは価格は749ドル(日本では8万4,800円)からで、フラックシップモデルのXSより250ドル(約2万8,000円)も安い。ついでに、6.5インチのXS Maxは1,099ドル(日本では12万4,800円)からです。

ソニー(SONY) Xperia XZ3

Xperia XZ3

4番手には Xperia XZ3を推奨します。Googleの最新OS「Android 9 Pie」を搭載したスマートフォンです。画面サイズは6.0インチ

Xperia XZ3はシングルカメラを採用しています。とはいえ、メインカメラは1320万の高画素で、F1.9の明るいレンズを採用。

3Dクリエーターで作成したアバターに表情つけられるなど進化しています。さらに、美顔補正にも対応し、輪郭や肌の明るさ、目の大きさも自由に変えられるようになりました。全体的に完成度は高く、注目モデルであることはは確かです。

ディスプレイは解像度が2880 x 1440へと高精細化。さらに、画素の消灯で「漆黒」を表現できる有機ELディスプレイ(OLED)の搭載で、明るい部分は明るく、暗い部分はしっかり暗いメリハリのある画質になっています。先代の「Xperia XZ2」が採用していた液晶ディスプレイは、「黒」をグレーがかった黒としか表示できない欠点がありましたから大変な進歩です。

ZenFone 5

ZenFone5

5番手は日本にやさしいZenFone 5を推奨します。

ミドルレンジの価格帯ながら高性能なカメラ機能が搭載されている6.2インチのスマホです。背面カメラの画素数はメインが約1200万画素、広角が約800万画素のデュアル仕様で、幅広い撮影シーンに対応できます。

F値は1.8と高スペックで、暗い室内や夜景も明るくキレイに撮影することが可能です。2基のカメラにはそれぞれAI機能が搭載されており、被写体やシーンを分析して16の撮影モードから選択することが可能なほか、ユーザーの好みを学習し、好みの色合いで撮影してくれるのもポイントです。

理想的な写真を簡単に撮影できます。AIシーン分析機能により誰でも理想的な写真を簡単に撮影できます。照明が控えめなカフェでのランチや動きの素早いペット、色を再現しにくい空など、カメラを構えるだけで瞬時にAIが最適な撮影モードを選択します。

Qualcomm Snapdragon 636プロセッサーにメモリは6GBを搭載。AIブースト機能により最大約15%も性能を簡単にアップすることができます。ASUS専用のZeniMojiは、AI機能で被写体の表情を瞬時に専用キャラクターに反映させます。

Huawei Mate 20 Pro

Huawei Mate 20 Pro

何かと話題のファーウエイですが客観的に見て入れざるを得ません。カメラ性能はずば抜けていると思います。

  • CPU:Kirin980 オクタコア (2x2.5G+2x2.0G+4x1.8G)Dual NPU
  • OS:Android 9.0 / Emotion UI 9.0 ディスプレイ:約6.39インチ 2K+EDGE/3120x1440
  • メモリ:RAM 6GB / ROM 128GB
  • メインカメラ(トリプルレンズ):4000万画素 + 2400万画素(広角) + 800万画素(望遠)
  • インカメラ: 2400万画素 バッテリー容量:4200mAh/急速充電対応 10V/4A

やっぱり綺麗に写真撮れるスマホ良いな
おすすめの記事