VRゴーグルって何?その使い方とおすすめモデル・自作方法も紹介!

最近話題になっている機器の一つがVRゴーグルです。しかし、映画館の立体眼鏡みたいだけど、具体的にはどんなものなのか、使い方はどうするのかと言った疑問やどんなメーカーが作っていてどんなモデルがおすすめなのかということが分からないという方は少なくありません。

また、持っている知識もスマートフォンでも利用できるとか、自作できるとか断片的な情報を知ってはいても本当にそうなのかはっきりしないというケースも多くあります。

このように様々な疑問が出てくる電子機器ですが、これらの疑問に対し最初にVRゴーグルとは何なのかをお話しし、先ほど挙げた疑問を一つひとつ分けて説明しながら、VRゴーグルについての解説をしていきます。これを読み終える頃にはVRゴーグルが何なのかを知っていただけるはずです。

VRゴーグルの機能

これらのことを詳しくお話しする前に、まずVRゴーグルについて説明していきます。VRゴーグルとは主にPCやスマートフォンでバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)を体験するためのゴーグル形状のウェアラブル機器です。

スマートフォンなどに映る動画(二分割された左右それぞれ異なるゆがんだ画像になっている)をこのVRゴーグルで覗き込むことによってあたかも立体的な空間に身を置いているような感覚にさせてくれるというのがVRゴーグルです。

このVRゴーグルはヘッドトラッキング機能(頭の角度や動きを感知して、360°映し出す映像を変えていく機能で没入感を一気に高めることができる)、ポジショントラッキング機能(空間内の自分の位置や体制を仮想空間に反映させる。しゃがむとしゃがんだ状態で見える画像が表示される)、アイトラッキング機能(眼球の動きを仮想空間の映像に反映させる機能。よそ見の再現や見つめ合いの再現も可能になる)といった機能が搭載され、よりリアルな体験ができるようになっています。

VRゴーグルの種類

VRゴーグルの種類についてもお話しします。現在流通しているものは大きく三つあります。スマホセットタイプPC・ゲーム機連動タイプスタンドアローンタイプです。

スマホセットタイプ

スマホセットタイプは現在最も手軽に楽しめるものでスマートフォンにセットして対応のアプリを起動させることで利用できます。手軽な反面機能がほとんどなく、没入感に欠けるタイプです。

PC・ゲーム機連動タイプ

PC・ゲーム機連動タイプはPCやゲーム機に接続や連携を行って楽しむタイプです。上記の機能がふんだんに利用されており、本格的なものであれば最も没入感やリアリティを体験できるタイプです。ただし、高額なものが多い(6~8万円程度)のとゲーム機やPCで設定を行ったり、対応するゲームやコンテンツを用意する必要があるため本格的な反面、やや敷居が高いという特徴があります。

スタンドアローンタイプ

最後のスタンドアローンタイプですが、これは単独で動くタイプのVRゴーグルです。やや大ぶりですが、単独で動くため気軽に利用できるのと、リアリティや没入感が非常に高いという特徴を持っており、将来の主流となる製品に成長する可能性を秘めた種類です。

VRゴーグルの使い方って?

使い方はウェアラブル機器の一種なので装着して使います。ただし前の項目でお話しした種類によって使い方が異なります。

スマホセットタイプの使い方

まずスマホセットタイプの場合は、スマホにVRアプリやYouTubeの360°動画などをインストールしておきそれを起動させてVRゴーグルをセットすれば簡単に楽しむことができます。

PC・ゲーム機連動タイプの使い方

PC・ゲーム機連動タイプの使い方はやや手間がかかります。メーカーにもよりますが、同梱されている機器をヘッドマウントディスプレイ本体(VRゴーグル本体)に接続し、更にヘッドマウントディスプレイ本体とPCを接続させていきます。そしてゲーム配信プラットフォームのSteamの公開コンテンツやネット上にあるクリエイターが作成した様々な対応コンテンツをインストールして起動させることによって楽しむことができます。

スタンドアローンタイプの使い方

最後にスタンドアローンタイプですが、機器の操作でアプリなどを起動させることで楽しめます。高性能で簡単なのですが、規格が統一されていないので使い方がメーカーによってかなり異なってきます。このように使うのですが、あまりに没入感が高すぎてコードに引っかかってしまったり、ある程度重量があるので首に負担がかかるなどの注意点やPCと接続する場合はPCも相当の性能の高さが要求されるなどと言った点について留意して使う必要があります。

おすすめのVRゴーグルとは?

VRゴーグルは様々な種類が出ています。おすすめのVRゴーグルも様々な種類があるので、それぞれのタイプ別に紹介をしていきます。

スマホセットタイプのおすすめ

Galaxyシリーズのスマホ対応VRゴーグルであるGear VRやGoogleのスマホ用VRゴーグルのDaydream Viewがおすすめです。

Gear VRは解像度が高く、iPhoneやその他のAndroid非対応という弱点はあるものの、Galaxyとの親和性は非常に高く、つけるだけで気軽にVR体験を楽しむことができます。専用アプリ「Daydream」をインストールすれば気軽にVR体験ができます。

Daydream
Daydream
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

また、これら以外にも簡易的なモデルですがEchoAMZ 3D VRゴーグルはiPhoneに対応し、眼鏡をかけていても利用できることからおすすめです。

PC・ゲーム機連動タイプのおすすめ

PC・ゲーム機連動タイプのおすすめはHTC Vive、Oculus Riftなどです。HTC ViveはVRゴーグルの代表ともいえるモデルです。

眼鏡装着のままでも基本的には装着可能で高いトラッキング技術により、体験者の動きに対応したルームスケールでのVR体験をすることができます。

Oculus RiftはVRブームの火付け役となったゴーグルで、価格も手ごろで使いやすく、初心者向けのモデルという位置づけです。それでも性能は高く、リアルなVR体験を楽しむことができるというメリットがあります。

スタンドアローンタイプのおすすめ

スタンドアローンタイプのおすすめはOculus GO、Lenovo Mirage Soloです。Oculus GOは価格が3万円以内の低価格VRゴーグルです。

操作も非常に手軽で、VRを体験したい初心者が最初に買うべきVRゴーグルと言ってもいいくらい分かりやすい仕組みとなっています。

Lenovo Mirage Soloは専用のVRコントローラーが付属しているためゲームを楽しむこともできますし、ポジショントラッキング機能でよりリアルな体験ができる仕組みになっています。GoogleのDaydreamにも対応しているので多くのコンテンツを楽しむこともできます。

スマホでVRゴーグルを使うにはどんな方法があるの?

スマホでVRゴーグルを使うにはスマホ用のVRゴーグル(スマホセットタイプ)を用意して、アプリを入れることで使うことができます。このゴーグルはAndroid用やiPhone用など様々なタイプがあるのでそれらをしっかり選ぶことが重要です。あとは物理的にスマホとVRゴーグルをくっつけてアプリを起動すればすぐにVR体験をすることができます。

無謀な挑戦?VRゴーグルを自作する!

VRゴーグルを自作すると聞くと、無謀な気がしますがスマホセットタイプであれば自作出来ます。Google Cardboardと呼ばれるものがそれで、フリーで全世界に設計図が公開されています。

これをダウンロードして印刷し、レンズや顔に付けるバンドを用意すれば自作できるのです。ただ、レンズやバンドを用意できない場合はそれらのキットが様々なメーカーから発売されているので通販などで買えば自作することができます。このように気軽に始められる魅力もあるのです。

おすすめの記事